195句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
いましがた腓と歸る颪かな 中原道夫 銀化 199903
颪にも隣付き会ひ比良比叡 渡辺純 京鹿子 199905
比良颪魞挿せる舟揉みつづけ 柴田良二 雨月 199905
幕切れは赤城颪と男泣き 渡辺純 京鹿子 199905
比叡颪情なし落葉吹き上ぐる 奥村鷹尾 京鹿子 200002
筑波颪に百態尽す枯蓮田 皆川盤水 春耕 200003
をがたまの実の降る高間山颪かな 奥田節子 火星 200004
標高三千アルプスに立つ雪颪 樺山翠 雨月 200008
トドワラは木々の墓場か北颪 田村すゝむ 風土 200011
六本木颪に磨かれゆく聖樹 小嶋洋子 200101
さき織の絹裂く悲鳴北颪 島貫アキ子 銀化 200101
晴れわたる赤城颪を戻りけり 宇佐美祐喜子 酸漿 200104
寒牡丹屋島颪に崩るるか 小西石蕗 円虹 200105
短日や伊吹颪の身に沁むる 間瀬淑子 春耕 200201
吹き寄する蔵王颪の猛りかな 岸はじめ ぐろっけ 200202
白鳥の水尾の崩るる五頭颪 岡村優子 春耕 200202
白鳥翔つ安違太颪凄じき 平田良子 春耕 200202
町角の占ひの燈や北颪 伯井茂 春耕 200203
縞馬に縞のたてがみ北颪 杉浦典子 火星 200203
晴れ渡る冬田に日高颪かな 藤村美津子 春耕 200203
富士颪鴨の波乗ひもすがら 手島靖一 馬醉木 200204
下腹に力を干物北颪 瀧新珠 京鹿子 200204
鉾杉の颪す吹雪も真別処 桑田青虎 ホトトギス 200208
秋晴の赤城颪と聞くばかり 稲畑汀子 ホトトギス 200210
生れて三日の仔牛とまどふ富士颪 金子篤子 200302
八ヶ岳颪銀杏の黄葉巻き上ぐる 芦澤一醒 200302
岩木山颪雪吊うたひだす 小林輝子 風土 200303
刃物屋の伊吹颪に戸を閉つる 大橋敦子 雨月 200303
ずつしりと赤城颪を背負ひたる 渡辺みどり 200303
比叡颪北山颪冬来る 安原葉 ホトトギス 200303
八ツ颪きざす遠嶺のちぎれ雲 吉沢かねよ 帆船 200304
二上山の颪ときどき牡丹焚 木田千女 200304
鈴鹿颪神戸寝釈迦の荒れじまひ 植村よし子 雨月 200308
颪し来て火の山裾の神渡 稲畑汀子 ホトトギス 200311
鮭颪重く寄せたる日本海 田中由喜子 馬醉木 200401
まゆ玉や筑波颪も千住まで 秋葉雅治 200401
箱根颪温泉卵を買ふ列に 坂本たま子 200402
大根稲架日がな霧島颪かな 山内須磨子 草の花 200403
鈴鹿峰あらは圓墳北颪 長崎桂子 あを 200403
麦踏に普賢颪は矢の如し 上柿照代 馬醉木 200404
富士颪す風に凍みつぐふもと村 羽田岳水 馬醉木 200404
颪棲む畑に種蒔く卒寿かな 鈴木伸一 200406
北上に逆波の立つ鮭颪 杉江茂義 雲の峰 200411
雪國の旅あたたかしビル颪 佐藤喜孝 あを 200502
終点は筑波颪の中にあり 平田倫子 百鳥 200502
筧より水のよぢれて北颪 安藤ヒサ子 河鹿 200502
ビル颪谷間の墓地に人うごく 早崎泰江 あを 200503
ビル颪紅ビードロの位置を変ふ 佐藤恭子 あを 200503
ビル颪一行増える処方箋 篠田純子 あを 200503
南座を比叡颪と素通りす 浜口高子 火星 200503
嘱託の身分更新ビル颪 篠田純子 あを 200503
角を出て背にうけとめるビル颪 鎌倉喜久恵 あを 200503
老幹の瘤ひびわれて北颪 西川久美子 遠嶺 200503
開発に取り残されてビル颪 斉藤裕子 あを 200503
山颪銀杏黄葉の華やぎて 中山純子 万象 200503
道ならぬ恋は捨てよとビル颪 須賀敏子 あを 200503
鉄棒の輝く筑波颪かな 今瀬剛一 対岸 200503
タクシーを降りていきなりビル颪 田中藤穂 あを 200503
ビル颪くもり硝子に帽子当つ 佐藤恭子 あを 200503
ビル颪すぐ遠ざかる焼芋屋 芝尚子 あを 200503
ビル颪やがて風花ひとひら来 定梶じょう あを 200503
ビル颪勤務に身なりおびやかす 長崎桂子 あを 200503
ビル颪捲れるものを捲らしむ 竹内弘子 あを 200503
ビル颪吹き溜る葉のうづたかし 鎌倉喜久恵 あを 200503
ビル颪追はれし如く坂下る 赤座典子 あを 200503
ビル颪迫間の家の戸は硬し 森理和 あを 200503
ビル颪鳩をとばして逃げにけり 渡邉友七 あを 200503
ビル颪宝石覗く時に吹く 定梶じょう あを 200503
ビル颪鈴鹿颪のなほ勝る 長崎桂子 あを 200503
ビル颪和ぎめきし昼休み 赤座典子 あを 200503
街道を御嶽颪走り蕎麦 渡辺淳子 八千草 200504
里坊の庭木のさわぐ比良颪 橋添やよひ 風土 200504
お大師の爪彫版木富士颪 柴田由乃 風土 200504
栗駒颪ふかひれの天日干 斎藤和江 帆船 200505
靄の中赤城颪もなき彼岸 広瀬敏子 酸漿 200506
上野には故郷の匂ひ北颪 吉田かずや 春燈 200601
北颪荒鋤の田を尖りくる 西村しげ子 雨月 200604
富士颪すさび二月の漁師町 田所節子 200605
伊吹颪湖の沈黙破りけり 井上富詩子 200605
富士颪ここに吹かざり蜜柑山 瀧春一 常念 200606
富士颪鳴りどよもせり峽の梅 瀧春一 常念 200606
風花や六甲颪に導かれ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200701
書写颪苔むす句碑に年尾の忌 浅井青陽子 ホトトギス 200703
八ヶ岳颪寒天乾く音高く 大森三保子 馬醉木 200704
書写颪落葉片寄せ先師句碑 浅井青陽子 ホトトギス 200704
ダンプカーの下に寝転ぶ比良颪 堀志皋 火星 200704
大花野榛名颪に育まれ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200709
寒明けてよりの六甲颪かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200808
二輪草高嶺颪に蕾上ぐ 岡田貞峰 馬醉木 200808
鳰潜る比叡颪の加勢して 稲畑廣太郎 ホトトギス 200812
枯れ急ぐものの囁き山颪 遠藤実 あを 200901
石狩の海に湧き立ち鮭颪 石山雅之 遠嶺 200901
鮭颪艀化場の屋根鳴つてゐる 森山暁湖 万象 200901
刈り蕎麦を干す日の手稲颪かな 松原智津子 万象 200902
寒の入りなすすべのなし那須颪 仁平則子 200903
落日の沖を見る背に北颪 落合裕子 万象 200903
すぐ海へ出づる六甲颪かな 長谷川閑乙 馬醉木 200903
果し得ぬ水郷めぐり北颪 塩路隆子 200904
伊吹颪と聞く風荒し名古屋駅 落合晃 200904
六甲颪鳴る帆柱の船溜り 木原今女 ぐろっけ 200905
八鬼颪つのるばかりや鰤供養 八田木枯 晩紅 200908
ひとふりの坂青く立つ鮭颪 鳥居おさむ ろんど 200909
雪解川六甲颪従へて 稲畑廣太郎 ホトトギス 200909
隙間風六甲颪招き入れ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200912
山颪す風になびける吾亦紅 羽田岳水 馬醉木 201001
いつせいに絵馬のいななく北颪 都丸美陽子 春燈 201002
直球の鈴鹿颪に晝雨戸 長崎桂子 あを 201003
容赦なき六甲颪頭上より 西面和子 201004
面接官の声穏やかやビル颪 斉藤裕子 あを 201004
味噌醸す比叡颪に桶抱き 博多永楽 雨月 201005
牡丹鍋立山颪が戸を鳴らす 小坂優美子 馬醉木 201005
無患子の弥山颪に吹きさわぐ 阿波野青畝 ぐろっけ 201006
師の碑から先づは我が家へ摩耶颪 品川鈴子 ぐろっけ 201010
琵琶塚も鳴るか句碑より摩耶颪 品川鈴子 ぐろっけ 201010
切干や赤城颪といふ味に 稲畑廣太郎 ホトトギス 201011
大江山颪の風をあつめて蕎麦の花 吉田裕志 201101
北颪走り去る子のはづむ息 中尾廣美 ぐろっけ 201102
煙突の蒸気真横に六甲颪 植田雅代 ぐろっけ 201102
落葉松の裸木泣かす富士颪 清水美子 春燈 201103
大橋を歩けば強き摩耶颪 高橋大三 ぐろっけ 201103
岳颪波なだめつつ魞を挿す 高瀬史 馬醉木 201105
六本木ヒルズ颪に腰引けり 篠田純子 あをかき 201105
老虚子に浅間颪の隙間風 木村享史 ホトトギス 201106
朝湯して伊吹颪の春寒き 川崎利子 201107
蕎麦掻や蔵王颪のつのる夜の コ田千鶴子 花の翼 201111
冬耕の背ナに六甲颪かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201111
六十年かかり石鎚颪の碑 品川鈴子 ぐろっけ 201112
北颪指先ずきんと静電気 遠藤実 あを 201201
碑の除幕別子颪に捲られて 品川鈴子 ぐろっけ 201201
春一番六甲颪押し返す 稲畑廣太郎 ホトトギス 201202
負けん気に育つ総領北颪 中原敏雄 雨月 201202
筑波嶺の女体颪や野梅散る 半沢一枝 末黒野句集 201203
魚つかむ愛宕颪の池の底 河崎尚子 火星 201203
蔵王より雪の颪や震災忌 田中臥石 末黒野 201206
須川岳颪ともちりがてに山法師 森屋慶基 風土 201210
肌寒し蒟蒻畑の颪の日 酒井秀郎 返り花 201211
牛を愛で畦に起つ日々那須颪 須賀敏子 あを 201301
北颪そろそろ湖は不機嫌に 竹内悦子 201302
「佛」の字に写経はじまる北颪 栗栖恵通子 201302
蹴轆轤へ北山颪いたりけり 大竹淑子 風土 201302
かけ大根伊吹颪に身を縮め 古川千鶴 かさね 201302
一の蔵二の倉つくば颪かな 秋葉雅治 201302
窓越しに赤城颪を聞きにけり 廣瀬雅男 やぶれ傘 201303
日の昏れの手稲颪に鳥急ぐ 園部早智子 ろんど 201303
干大根伊吹颪に倒れ落つ 水野範子 ぐろっけ 201304
白鳥帰る赤城颪の吹く日かな 門伝史会 風土 201305
マスクして六甲颪遠く聞く 稲畑廣太郎 ホトトギス 201312
風花や六甲颪奏でつつ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201401
冬近く愛宕山颪と言ひつべし 大橋晄 雨月 201401
公魚や榛名颪に翻り 稲畑廣太郎 ホトトギス 201402
北颪隣家の大樹芽を醒ます 水野弘 ぐろっけ 201402
割烹着干しある蔵王颪かな 小林成子 火星 201403
滾るごと泡立つ湖面富士颪 山口ひろよ 201403
茎漬ける比叡颪の昨日今日 豊田高子 万象 201404
耳朶の悴むひと日那須颪 仁平則子 201404
高嶺颪透ける冬木のバーコード 伊藤紀子 ろんど 201405
寒晴の全容の富士颪とも 安原葉 ホトトギス 201407
植木市天守颪に旗靡く 田岡千章 201407
山眠る六甲颪放ちつつ 廣太郎句帳 ホトトギス 201412
風紋の縁の堅さや鮭颪 久染康子 201501
北颪止んで檜の匂ひかな 生田作 風土 201502
八ヶ岳颪の町や酒家の旗 井上石動 あを 201502
春颪かつかかつかと家嬲る 布川直幸 201503
生駒颪にラグビーのアドバルン 大石よし子 雨月 201504
生垣のわさわさ揺るる北颪 森理和 あを 201504
常陸野や筑波颪を淑気とす 布川直幸 201601
帰郷して六甲颪てふ余寒 稲畑廣太郎 ホトトギス 201602
妹よ柚子の実落とす那須颪 須賀敏子 あを 201602
那須颪家敷一面杉落葉 須賀敏子 あを 201602
夜もすがら格子戸佇ちぬ比叡颪 今村千年 末黒野 201604
空青く浅間颪の雪けむり 保田ひろ 万象 201605
筑波颪夜はひと眠る川流る 荒木甫 201605
初凪や六甲颪宥めつつ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201610
ひと颪ありし城影冬はじめ 浅井青二 雨月 201702
筑波颪針一本のスカイツリー 荒木甫 201704
くれなゐの夕日追ひ込む比叡颪 久保久子 春燈 201704
空稲架に八海颪哭きにけり 森山暁湖 万象 201704
獅子独活の枯るる音して鮭颪 大森三保子 馬醉木 201712
富士颪櫨の実あをく空に鳴る 島田万紀子 馬醉木 201801
大根引く愛宕颪に腰据ゑて 今井吉子 馬醉木 201802
勧進の阿闍梨や街に比叡颪 竹中一花 201802
大鍋に踊る鶏ガラ北颪 松井季湖 201803
比叡颪青鷺凍る鴨河原 竹村淳 201805
山颪といふ喝采に銀杏舞ふ 南奉栄蓮 風土 201902
伊吹颪にひねもす堪へて蓮根掘る 大橋淳一 雨月 201902
水鳥や比叡颪へ並び向き 岡村彩里 雨月 201902
北颪けもの気高き尾を持ちぬ 辻美奈子 201903
はや三日月鈴鹿颪に向かふ帰路 長崎桂子 あを 201903
残雪を六甲颪烟らせて 稲畑廣太郎 ホトトギス 201912
初音聞く六甲颪遠ざけて 稲畑廣太郎 ホトトギス 202002
城颪北風屯風の街 出利葉孝 202004
野を奔る伊吹颪や古戦場 鍋島武彦 末黒野 202005
日翳りに瀬鳴り颪の簗番に 和田照海 京鹿子 202008
下野は父の故郷那須颪 須賀敏子 あを 202102
神渡六甲颪対峙して 稲畑廣太郎 ホトトギス 202111

 

2021年12月1日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。