沖 膾    19句


沖膾箸の雫や淡路島    言水

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
沖膾海女は濡れ髪手絞りに 皆川盤水 春耕 199809  
海風を隠し味とし沖膾 雫槍紀代 199909  
たつぷりの真水積み込み沖膾 江原正子 春耕 199910  
入れ替る海猫の羽音や沖膾 香川はじめ 春耕 199911  
沖膾寄せたる網にかもめ群る 皆川盤水 春耕 200008  
船底に藻のゆらぎをり沖膾 棚山波朗 春耕 200109  
青竹のぐい呑も出て沖膾 松井のぶ 200109  
人妻の膝にこぼして沖膾 小柴しげあき 200207  
潮の香をひと味加へ沖膾 小柴しげあき 200207  
沖膾箸袋てふ一張羅 丸山分水 200309  
船団にかもめのふゆる沖膾 堀博子 火星 200311  
沖膾昨日のことを忘じたる 加藤みき 200407  
舟を追ふ子連れの鴎沖膾 森下賢一 春燈 200409  
夕砂丘骨こりこりと沖膾 淵脇護 河鹿 200509  
暮れ待たで燈台廻る沖膾 石田厚子 馬醉木 200710  
沖膾波のほかにはもう見えず 片山由美子 200907  
沖膾戻りて修羅の人となる 吉村摂護 201009  
豪快に一升瓶と沖膾 佐々木薫 かさね 201209  
一湾に星散りばめて沖膾 石川倜子 馬醉木 201607  

 

2019年7月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。