小糠雨   92句

小糠雨なり猿山は冬に入る    大山夏子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
アカシヤの香や降りよどむ小糠雨 井田実代子 雨月 199807  
糠雨に煙の花のもしゃもしゃと 大橋敦子 雨月 199808  
取りとめもない雨終の小糠雨 林田紀音夫 海程 199810  
小糠雨立つ気配なき孕鹿 星佳子 199907  
草餅に草の香つよし小糠雨 林翔 200005  
海棠の花には触れぬ小糠雨 村井久美子 200006  
大川に糠雨の降る梅若忌 堀田知永 俳句通信 200006  
糠雨や尻艶やかに祭馬 西田もとつぐ 俳句通信 200008  
糠雨の浮島合歓の花明り 大和田鏡子 俳句通信 200008  
山荘の糠雨に出て芹を摘む 品川鈴子 船出 200104  
小糠雨草木にもよし朝寝にも 村越化石 200106  
馬鈴薯の花や夕ベの小糠雨 岡本明美 俳句通信 200108  
糠雨の日暮さそへり沈丁花 丹羽敦子 酸漿 200205  
沈丁の庭へ真昼の小糠雨 小田悦子 雲の峰 200205  
糠雨の降るや陸稲の苗代に 春田淳子 雲の峯 200207  
糠雨の子午線を越え蛸買ひに 大柳篤子 雲の峰 200208  
子燕の力尽きたる小糠雨 鈴木勢津子 200209  
みせばやや糠雨かかる遊女の碑 谷野由紀子 雲の峰 200210  
糠雨や団地に隣る葱畑 山口マサエ 雲の峰 200302  
紅梅の上向きで受く小糠雨 赤座典子 あを 200303  
糠雨の降る杉山の花通草 松下八重美 200304  
頬白のこづたふ庭や小糠雨 竪ヤエ子 雲の峰 200305  
春耕の前も後ろも小糠雨 小澤克己 春の庵 200305  
小糠雨割箸に挿す種袋 原茂美 雲の峯 200306  
小糠雨蛍袋を包み降る 村越化石 200308  
糠雨の阿武隈山地著莪の花 山下美絵子 遠嶺 200309  
倒木へ小糠雨降り薮茗荷 田中藤穂 築地吟行 200310  
小糠雨とまと畑につづれさせ 佐藤喜孝 あを 200310  
小糠雨穂に出てゆらぐ草の花 芝尚子 あを 200311  
糠雨の重さにしなう蜘蛛の糸 西島みね子 八千草 200401  
初蝶の翅に重たき小糠雨 城下明美 ぐろっけ 200405  
丹波路や花アカシヤに小糠雨 岡田滋夫 雲の峰 200408  
若楓糠雨を遊ばせてをり 辻本斐山 ホトトギス 200409  
糠雨にけむる居久根や鶫来る 小柴健一 春耕 200412  
糠雨に藤たちのぼる巴塚 田野力 万象 200508  
糠雨に濡れてあやめの濃紫 小松渓水 酸漿 200508  
小糠雨きのふの茅の輪そのままに 高尾豊子 火星 200510  
小糠雨うるしびかりに芭蕉 佐藤喜孝 あを 200510  
笛の音や櫻もみぢに小糠雨 内藤紀子 遠嶺 200601  
糠雨に啓蟄の土ほとびたる 佐藤淑子 雨月 200606  
小糠雨手すさびに煮る苺ジャム 池田光 200608  
小糠雨夜鷹の声の咽ぶがごと 小林昌子 200609  
御鹿みかの湯の小糠雨なり緑さす 宇田喜美栄 200705  
いつのまに冬田にひかる小糠雨 佐藤喜孝 あを 200711  
小糠雨さくら餅はや売り切れて 田中藤穂 あを 200805  
糠雨の柳生の郷の苗圃かな 飯塚ゑ子 火星 200806  
菖蒲田をめぐりし後の小糠雨 黒須洋子 遠嶺 200808  
小糠雨大山蓮華咲きそめし 伊藤いな栄 酸漿 200808  
馬鈴薯の花も盛りの小糠雨 山崎澄子 酸漿 200808  
糠雨に明けて竹酔日しづか 朝妻力 雲の峰 200808  
糠雨に足の向く先七変化 渡邊孝彦 やぶれ傘 200808  
底紅に糠雨太る坂の町 朝妻力 雲の峰 200810 風の盆
湯豆腐や小糠雨降る夜となる 國保八江 やぶれ傘 200903  
糠雨に梢つつまれ春近し 布川直幸 200905  
立夏過ぎ一枚羽織る小糠雨 渡辺暁 酸漿 200907  
糠雨にまなこをあらふ秋の蝉 布川直幸 200911  
糠雨の遊行柳の刈田かな 松本三千夫 末黒野 200912  
小糠雨音なく萩のこぼれけり 大橋伊佐子 末黒野 200912  
サルビアの盛りや小糠雨の降る 齋藤朋子 やぶれ傘 201001  
糠雨に夕日差しくる初燕 大崎紀夫 やぶれ傘 201007  
郭公の棲む森からの小糠雨 和賀俊子 ぐろっけ 201009  
糠雨におにはしばみの花濡るる 阿部ひろし 酸漿 201104  
梅苑の奥処けぶらひ小糠雨 森脇貞子 雨月 201106  
蜘蛛の囲をあぶり出したる小糠雨 内藤呈念 ホトトギス 201111  
糠雨の雫となれり花木五倍子 辻井ミナミ 末黒野合同句集 201203  
常磐木の傷あと芽吹き粉糠雨 渕上千津 201204  
早春の樹々少し濡れ小糠雨 長島清山 かさね 201205  
すぐ上がる八十八夜の小糠雨 松本三千夫 末黒野 201207  
沼けぶり蒲の穂に凝る小糠雨 岡野里子 末黒野 201211  
糠雨の水玉となり花あやめ 時田義勝 やぶれ傘 201301  
糠雨にねずみもちの実ぬれにけり 藤井美晴 やぶれ傘 201302  
肩濡らす糠雨しきり川床用意 あかさか鷹乃 ろんど 201309  
町筋にわたる糠雨傘雨の忌 川崎真樹子 春燈 201407  
葉桜に糠雨降らす隅田川 中島玉五郎 201408  
みんみんの声切れ切れに小糠雨 松村光典 やぶれ傘 201412  
秋祭終へて蔵町小糠雨 菅野日出子 末黒野 201502  
障子洗ふこぬか雨降る裏通り 西田たかこ 万象 201502  
小糠雨鶯声を惜しまざる 小川玉泉 末黒野 201509  
烏瓜の縞の在る時小糠雨 篠田純子 あを 201512  
小糠雨ビエンナーレの案山子かな 七郎衛門吉保 あを 201512  
小糠雨話しかけたき藁塚ならぶ 工藤義夫 馬醉木 201601  
春潮に荒縄からむ小糠雨 加藤峰子 201606  
花合歓に小糠雨降る船木崎 駒井でる太 馬醉木 201610  
子規庵の藤房つたふ小糠雨 宮崎高根 201707  
海棠のほてり鎮める小糠雨 加藤峰子 201707  
小糠雨薔薇に水玉残しけり 稲田延子 やぶれ傘 201709  
糠雨の森の深さや水引草 岡野里子 末黒野 201712  
数珠玉の艶のさみどり小糠雨 岡野里子 末黒野 201712  
小糠雨音なく萩のこぼれけり 稲垣佳子 末黒野 201712  
落鮎や錦帯橋に小糠雨 笹村政子 六花 201801  
糠雨にときをり揺るる野紺菊 山下良江 万象 201802  
築山に萌ゆる皐月や小糠雨 黒木東吾 六花 201810  
青饅や終日小糠雨降れり 石橋邦子 春燈 201905  

 

2019年6月1日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。