納 涼     44句

納涼映画に頭うつして席を立つ   田川飛旅子
作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
納涼映画風来て主役ゆがみけり 大橋俊彦 199810  
納涼船海王星へと発進す 小澤克己 遠嶺 200010  
納涼舟予約満席なりしかな 稲畑汀子 ホトトギス 200207  
席に着くことが納涼となりにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200207  
山寺や納涼台めく五大堂 松崎鉄之介 200208  
納涼の出船は旅の心地せり 関洋子 200210  
お福髷結うて妓の舞ふ川床納涼 中島知恵子 雨月 200210  
納涼舟水尾に押されしごとく出づ 中原道夫 銀化 200210  
納涼映画児は乳母車にて眠る 坂口三保子 ぐろっけ 200210  
納涼や暮れて船上落語会 山口順子 馬醉木 200211  
手をついて畳のありし納涼船 鷹羽狩行 200308  
鉄棒に凭れ納涼映画会 石本百合子 馬醉木 200310  
納涼船漂へるごと出でゆけり 中西美保 雨月 200310  
納涼船浮かぶ川面の明るかり 石川敬子 対岸 200310  
納涼船女装集団妖怪編 篠田純子 あを 200310  
客千人納涼船の動きだす 川島澄子 酸漿 200512  
納涼船去つてか黒く運河あり 淵脇護 河鹿 200608  
潮の香にデイナー華やぐ納涼船 後條さと子 200610  
功徳日の大川上る納涼舟 生田高子 春燈 200709  
灯の入りてより風立ちぬ納涼床 木下ふみ子 馬醉木 200711  
納涼の昼のちやうちん風亙る 真保喜代子 200712  
納涼狂言肩衣に負ふ大碇 須田紅三郎 200807  
小鼓の紅緒際だち納涼能 加地芳女 雨月 200809  
爆音の止み納涼の会始まる 新宅待春 炎環 200810  
納涼のクルーズ東京湾めぐり 中村悦子 200810  
悠久のナイルの水音納涼船 北川英子 200909  
三尺の帯に鈴あり納涼祭 石川元子 酸漿 200909  
納涼といへどぞろぞろ湖畔族 竹内悦子 200910  
納涼や楊貴妃絵図の絹団扇 ことり 六花 201008  
納涼船湾を大きく右まはり あさなが捷 201009  
書の友と納涼宴の手品かな 佐藤健伍 201010  
夜更けなほ納涼の声聞こえをり 桂敦子 201011  
納涼のはとバスに乗る講釈師 瀬島洒望 やぶれ傘 201011  
お捻りの飛び交ふ納涼村芝居 志方章子 六花 201210  
後ろ向きに岸を離るる納涼船 丑久保勲 やぶれ傘 201212  
水の面橋に映して納涼船 山田佳子 201310  
見上げつゝ見下ろされつつ納涼船 吉田光子 ぐろっけ 201311  
納涼の知恵の限りを出し尽し 三木千代 201311  
灯の入りて給仕せはしき納涼船 高久正 201410  
東京湾納涼船浴衣ダンサーズの腰つき 篠田純子 あを 201508  
碁敵と句敵集ひ納涼かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201607  
碁敵と句敵集ひ納涼かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201607  
夕納涼ひとり杖ひき卒寿我 細川コマヱ 雨月 201608  
やきとりを買ふ列にをり納涼祭 戸田澄子 末黒野 201611  

 

2019年7月24日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。