二学期      17句

二学期の少年の声たくましく   木村福枝

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
二学期の移動教室花野中 高橋笛美 円虹 200011  
二学期に小鳥籠下げ登校す 村松笑美子 帆船 200311  
二学期の終る記憶に松立てり 岡本眸 200401  
髪切りし子に小さき傷二学期へ 能村研三 能村研三句集 200512  
子等の声二学期始めとて響く 印南美紀子 酸漿 200612  
二学期のまぶしき中を入院す 坂本緑 幸せのかたち 200808  
二学期の下駄箱砂の音すなる 城孝子 飛火野 200808  
サルビアの燃えて二学期始まりぬ 永田あき 酸漿 200811  
二学期の顔が前向き登校路 達山丁字 200812  
二学期やはにかみの児の永久歯 平野みち代 201012  
丸刈りにして二学期の始まりぬ 鈴木照子 201311  
キャンパスにカレーの匂ひ二学期来る 谷岡尚美 201512  
兄弟を正すバリカン二学期へ 甲州千草 201611  
二学期のひとつ机に供華の瓶 田中佐知子 風土 201611  
二学期やあらかた消えし幼がほ 森なほ子 あを 201701  
タータンチェック二学期の始まりぬ 高田令子 201712  

 

2019年11月26日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。