繩 跳       60句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
縄跳びに入る調子を首でとり 石井則明 199901  
玄関に縄跳びの縄春近し 皆川盤水 高幡 199905  
縄跳やいずれは還る土なれば 村山和子 海程 199905  
縄跳の夕日引つかけてしまふ 飯島士朗 銀化 200002  
縄跳びに山の入つて来たりけり 岡崎るり子 銀化 200002  
啓蟄や縄跳びの地を打ちやまず 庄中健吉 200006  
縄跳びのずしんずしんと偏頭痛 荒木治代 ぐろっけ 200104  
縄跳びの掬い上げては空が揺れ 三宅やよい 船団 200112  
大縄跳びよもつひらさか行きもどり 柴田奈美 銀化 200203  
縄跳びの日暮れなるまで兄妹 小橋安子 いろり 200203  
先生は縄跳びが下手チューリップ 藏本博美 ぐろっけ 200206  
小春日や縄跳ぶ少女影躍る 斉藤静枝 あを 200301  
縄跳びの途中代案浮かびけり 平野周子 銀化 200303  
縄跳びの子が陽炎を出入して 山田弘子 草の蝉 200305  
縄跳びに漢裸で興じをり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200308  
縄跳の縄の内てふ世界かな 山守拓治 対岸 200502  
少女また一つ大人に縄跳んで 瀬下るか 200503  
縄跳びの縄が巻き込む冬銀河 中川美代子 ぐろっけ 200505  
縄跳びに男の子加はる日暮かな 松山正江 河鹿 200506  
縄跳びと一緒にまはる遠い嶺 島元文 遠嶺 200508  
少女また一つ大人に縄跳んで 瀬下るか 200601  
縄跳の大波小波路地小春 八田マサ子 馬醉木 200703  
縄跳に十三人の息合はす 岩崎可代子 ぐろっけ 200703  
縄跳びの大波のなか冬落暉 桑原レイ 200704  
啓蟄や縄跳びの縄見付かつて 土井ゆう子 風土 200706  
春風の中に縄跳競ふ子等 牧原佳代子 酸漿 200707  
縄跳びを数へる母の声張れり 高橋喜代 200802  
縄跳の輪の中童女みな似たる 小野恵美子 馬醉木 200803  
小さき東風吹き起さむと縄跳びす 椿和枝 200805  
縄跳びの風切る音や春盛ん 松嶋一洋 200806  
縄跳びの縄に叩かれ地虫出づ 木村享史 ホトトギス 200809  
縄跳びの縄が少女を叱咤せり 小山徳夫 遠嶺 200903  
縄跳びの上手も下手も霞みをり 山田美恵子 火星 200905  
じやんけんぽん石蹴り縄跳び若葉風 松葉よし江 200906  
縄跳びの子の手に余る縄の丈 久永つう 六花 200911  
北風や縄跳びの子ら散り散りに 八木久江 馬醉木 201001  
縄跳の手首ゆつたり朝日影 佐渡谷秀一 春燈 201003  
スカートを押へ縄跳び桜草 伊勢ただし ぐろっけ 201003  
縄跳や波のはたての富士も入れ 小野恵美子 馬醉木 201004  
縄跳びや臘梅に風華やぐも 宮崎紗伎 春燈 201004  
縄跳びの大波小波名草の芽 根本公子 末黒野 201005  
縄跳びの少女太股あどけなし 鈴木てるみ ぐろっけ 201005  
縄跳びの東京タワー入れて跳ぶ 相良牧人 201102  
日溜りに母と娘の縄跳び唄 福島松子 ぐろっけ 201105  
屋上に子等の縄跳び見え隠れ 渡邉孝彦 やぶれ傘 201106  
縄跳びの園児四五人小春かな 五十嵐勉 201201  
息潜め縄跳びの輪に跳び込みぬ 石川かおり 201203  
縄跳びの円にすつぽり秋の山 甘田正翠 末黒野合同句集 201203  
時に人は縄跳びの輪を出入りす 川南隆 ろんど 201204  
縄跳びの輪に遠き日の空がある 佐野ときは 201301  
縄跳びの数へる声が合唱に すずき巴里 ろんど 201306  
白息と声を揃へて大縄跳 田中貞雄 ろんど 201402  
雪のひま縄跳びの縄地をたたく 笠井敦子 201405  
縄跳のびゆんびゆんびゆんと梅紅し 志方章子 六花 201406  
大縄跳び世界中から入り来よ 山本孝子 ろんど 201502  
繩解いて繩跳びにせし炭俵 鳳蛮華 201503  
つつしみて受く縄跳の子の御慶 高橋道子 201504  
縄跳びの空もいつしよにくぐりけり 七種年男 輪中の空 201612  
ピンクピンクと繩跳びねだる男の子 黒澤佳子 あを 201805  

 

2019年11月15日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。