夏の宿     11句

ほの見しは奈良のはづれの夏の宿うすまゆずみのなつかしかりき    与謝野晶子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
禁煙と禁酒掟の夏の宿 中田征二 ぐろっけ 199911  
ラベンダーまだ手に香る夏の宿 吉成美代子 あを 200709  
灯に浮ぶ城塞のあり夏の宿 小野タマ枝 酸漿 200711  
夏の宿舟灯淡き湖に昏る 荻野千枝 京鹿子 200711  
がんもどきかくも濃く煮て夏の宿 高橋均 やぶれ傘 200808  
湯上りに桐生織買ふ夏の宿 安藤久美子 やぶれ傘 200912  
まつさきに犬出迎へり夏の宿 細川知子 ぐろっけ 201110  
小鼓の紅緒の褪せや夏の宿 柴田久子 風土 201111  
ずくといふ方言教はる夏の宿 赤座典子 あを 201209  
挨拶を返す鸚鵡や夏の宿 高谷栄一 201311  
夏の宿ちやん付けで呼ぶ古希五人 赤松鈴江 京鹿子 201611  

 

2020年6月23日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。