夏 蚕   20句

夏蚕養ふ村の男等夕いでゝたからかにうたへり桑を摘みつみ   木下利玄   紅玉

  作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
阿波に生れ阿波に嫁ぎて夏蚕飼ふ 山田弘子 春節 199503  
いま知らず夏蚕は主婦のへそくりに 保坂加津夫 いろり 200009  
物置に夏蚕の眠りヨーグルト 川村三千夫 海程 200010  
夏蚕匂ふ奥の秩父の高嶺星 皆川盤水 春耕 200207  
夏蚕飼ふ新妻おそるおそるかな 二宮桃代 雨月 200208  
夏蚕すみ胸辺にさやぐ高嶺星 渡邉友七 あを 200209  
夏蚕飼ふ母の添文握り飯 滝沢伊代次 万象 200505 回想
風穴に夏蚕飼ふ婆まぼろしめく 阿部由紀子 200610  
夏蚕飼ふ昔の家にむかしの灯 鈴木石花 風土 200610  
曲家の夏蚕上簇土間広し 岡光子 酸漿 200611  
真空の音のしてゐる夏蚕かな 戸栗末廣 火星 200710  
夏蚕飼ふに甲斐連山の尖り立つ 佐野蒼魚 200710  
謙信の地なる夏蚕の重たかり 城孝子 火星 200809  
宿題の夏蚕を飼へり一人つ子 松崎鉄之介 200810  
夏蚕てふひと塊の食思かな 山田佳乃 ホトトギス 201212  
魔女らしき夏蚕のために桑摘むは 上原重一 201408  
都会出の夫や夏蚕に触りもし 橋場美篶 末黒野 201411  
夏蚕飼ふ男がひとりオシラ堂 雨宮桂子 風土 201610  
今もなほ老いの一徹夏蚕飼ふ 栗山恵子 雨月 201810  
兜太恋し夏蚕のくにの草枕 若森京子 船団 201812  

 

2019年6月22日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。