名殘の茶 (名残の風炉)   26句
作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
黒柿の棗の風炉の名残りかな 堀江かつみ 199901  
止め椀の冬瓜のすまし風炉名残 佐野美智 200011  
聚遠の庵に遊び風炉名残 藤田誉子 雨月 200101  
おもたせの小布施栗菓子風炉名残 佐野美智 200201  
名残の茶玩具や自作表舞台 松村美智子 あを 200211  
付け干しの香儚かり名残の茶 松村美智子 あを 200211  
風炉名残伽羅の香残る一間かな 竹内喜代子 雨月 200212  
菓子の名は紅葉と決めし風炉名残 石丸恭子 馬醉木 200402  
つくばひに添へある一花風炉名残 加藤京子 遠嶺 200402  
箍を締め水張る手押し風炉名残 東亜美 あを 200412  
待庵の隅の水差風炉名残 南奉栄蓮 風土 200512  
山の端を遠く置きたる風炉名残 師岡洋子 ぐろっけ 200601  
襟あしをやさしき日差し風炉名残 村田菊子 遠嶺 200602  
風炉名残利休好みの茶入れもて 木下ふみ子 馬醉木 200711  
月光や風炉の名残の畳の目 西川織子 馬醉木 200810  
金米糖ころげる畳風炉名残 坂本依誌子 春燈 200812  
あらためて割り稽古する風炉名残 鈴木阿久 200812  
旅の途の一会たまはる風炉名残 コ田千鶴子 馬醉木 201110  
百客にとどく目礼風炉名残 品川鈴子 ぐろっけ 201209  
風炉名残せむ菊炭の高き香に 密門令子 雨月 201401  
日の入りて名残の風炉や京干菓子 杉本綾 201402  
背負籠のくさぐさの花風炉名残 坂本依誌子 春燈 201501  
てのひらに高台寺蒔絵風炉名残 中道愛子 201501  
風炉名残り亭主好みの布袋竹 神戸京子 ろんど 201501  
竹林のひかり斑に風炉名残 吉田順子 201812  
床の間に杜鵑草活け風炉名残 瀬島洒望 やぶれ傘 201901  

 

2019年10月16日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。