麦 飯 (麦の飯)     33句


作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
大盛であり麦飯でありにけり 山田弘子 春節 199503  
麦飯といふ過去つなぐ未来あり 稲畑汀子 ホトトギス 199805  
麦飯のつぶつぶ噛んでゆく甘さ 稲畑汀子 ホトトギス 199905  
麦飯といはるるまでは分らずに 稲畑汀子 ホトトギス 199906  
水底にザリガニの死と麦飯と ロツキイ 六花 200107  
麦飯のその一粒をすかし見る 川端実 遠嶺 200110  
料亭に麦飯食うぶ粋ごころ 竹内喜代子 雨月 200210  
大寺の合掌造り麦の飯 中島陽華 200010  
麦飯を食ふや故郷の夕明かり 大串章 百鳥 200407  
とろろかけ旨さ十倍麦の飯 二村蘭秋 雨月 200409  
麦飯に命すくはれ卒寿なり 二村蘭秋 雨月 200409  
麦飯やつくづく瑞穂国平和 稲畑廣太郎 ホトトギス 200505  
麦飯をいただく臍の位置ととのへ 辻美奈子 200507  
麦飯の湯気の立ちゐる仏間かな 大城戸みさ子 火星 200608  
麦飯の湯気の中なる伊勢木綿 浜口高子 火星 200608  
金運の良き日殊更麦の飯 石岡祐子 200608  
麦飯に麦茶掻つ込み昭和生れ 中山純子 万象 200810  
世も変り麦飯好む暮しとは 東野鈴子 雨月 200908  
麦飯を炊いて山荘暮しかな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201005  
麦飯は飽食の世の馳走とも 稲畑廣太郎 ホトトギス 201005  
貧しきといふでもなくて麦の飯 金森教子 雨月 201010  
麦飯の麦の少なきこと気づく 稲畑汀子 ホトトギス 201105  
白米に少し加へて麦の飯 増田一代 201107  
麦飯やランプシェードにガレの蝶 間島あきら 風土 201108  
麦飯や何度も聞きしことながら 井上信子 201109  
父も師も厳しかりけり麦の飯 吉田耕人 ぐろっけ 201209  
麦飯を噛みて昭和を沸々と 嵐弥生 末黒野 201211  
麦飯や皺の数ほどえびす顔 井上静子 201311  
麦飯やいくさを知らぬ人増えて 西千代恵 雨月 201401  
麦飯の歯応へ松も過ぎにけり 小林愛子 万象 201704  
麦飯の湯気盛り形身の有田焼 禰寝瓶史 京鹿子 201710  
雲を追ふ雲のまぶしき麦の飯 深川淑枝 201811  
麦飯は胃の腑にやさし隠元忌 松尾龍之介 201812  

 

2019年5月12日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。