藻 刈    35句

藻の上を流る藻屑や藻刈舟   朴魯植   ホトトギス

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
刈りすぎて舟足重き藻刈舟 藤井昌治 199907  
日の出前湖に漕ぎ出す藻刈舟 大川泉舟 199911  
思はざる深きまで刈る藻刈鎌 能村登四郎 芒種 199911  
藻刈舟吃水深く戻りけり 荻原芳堂 春耕 200008  
暮近く雨となりけり藻刈舟 能村登四郎 羽化 200110  
藻刈神事梅雨の晴間の花渕浜 桜井菜緒 200202  
藻刈神事済みたる浦の大夕焼 桜井菜緒 200202  
白藻刈る百才愛の讃歌かな 雨村敏子 200204  
藻刈竿舟に横たへ余りけり 稲畑汀子 ホトトギス 200406  
藻刈舟遊覧船とすれ違ふ 松山直美 火星 200409  
竹竿の先の刈藻に動くもの 松山直美 火星 200409  
刈りし藻を日暮れて集む媼かな 蒲生静江 春燈 200509  
蝉涼し絶えず刈藻のながれくる 瀧春一 菜園 200509  
勾玉池藻を刈る舟を押しながら 武藤美代 築港 200509  
雨打てる藻刈の舟や潮匂ふ 高木美波 万象 200610  
夕映えの空対岸の藻刈舟 大久保寛子 遠嶺 200610  
きらめきて遙かの舟の刈藻かな 瀧春一 200706  
藻刈屑流れて来たる暑さかな 山尾玉藻 火星 200708  
人古りて安房の浦戸に藻を刈るも 八田木枯 晩紅 200710  
八つ橋の片方に繋ぐ藻刈舟 谷添睦子 200711  
赤銅色の腕を伸ばして藻を刈れり 谷添睦子 200711  
藻刈終え日すべり易き水面かな 芦川まり 八千草 200801  
藻刈舟一棹ごとに傾ぎつつ 東良子 首座星 200804  
藻を刈るや川面はひかり撥ねかへす 佐山文子 200908  
鉢巻の男の指揮や藻刈舟 大木茂 万象 200909  
こんもりと積みあげ藻刈まだ途中 服部早苗 200909  
伊吹嶺の裾に刈藻のしづくせり 奥田順子 火星 201008  
刈り残る藻のあをあをと漂へり 笹村政子 六花 201012  
藻刈鎌下げし男の遠目せる 西村節子 火星 201208  
庭に揚げ大きな藻刈舟となる 岩田公次 ホトトギス 201501  
藻刈人流れに立ちしまま休む 田中とし江 201603  
役僧の来てはかどれる藻刈かな 服部早苗 201611  
万葉の海に揺蕩ふ藻刈舟 今村千年 末黒野 201709  
藻刈舟ゆたかに水の流れ去る 田中とし江 201811  
腥き水引きずつて藻刈舟 深川淑枝 201912  

 

2020年5月22日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。