鉄道草・明治草・ひめむかしよもぎ      17句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
鉄道草味の記憶も消え果てし 藏本博美 ぐろっけ 200012  
父母なくば他郷よひめむかしよもぎ 蔵持柚 銀化 200210  
おぢいさん列車まかるや明治草 陳錫恭 春燈 200701  
ひとすぢの軌跡は遠し鉄道草 豊田都峰 京鹿子 200712  
車窓より鉄道草の枯るるを見 松尾緑富 ホトトギス 200804  
古の石炭倉庫明治草 三井公子 酸漿 200901  
行幸の輿据ゑし辺に明治草 品川鈴子 ぐろっけ 201010  
ヒメムカシヨモギ末枯れ転轍機 大島英昭 やぶれ傘 201203  
ヒメムカシヨモギの先に猫のこゑ 大崎紀夫 やぶれ傘 201212  
こんなにも近道し鉄道草 和田照海 京鹿子 201301  
明治草霞む鉄路の果まで 久布白文子 馬醉木 201407  
ヒメムカシヨモギの先に猫のこゑ 大崎紀夫 虻の昼 201510  
裁判所跡ひめむかしよもぎ咲く 藤井美晴 やぶれ傘 201609  
鉄道草穂絮びつしり風を待つ 亀田やす子 万象 201611  
ヒメムカシヨモギの影を道に踏み 大島英昭 やぶれ傘 201611  
ヒメムカシヨモギを先づは抜きにけり きくちきみえ やぶれ傘 201708  
鉄道草遅延を告ぐるアナウンス 服部早苗 201904  

 

2020年8月26日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。