めはじき      39句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
はるけくも流るる雲や益母草 熊岡俊子 雨月 200211  
呼びに来てめはじきの子を叱られず 山田弘子 ホトトギス 200212  
めはじきに舗装路尽きし散歩道 千原叡子 ホトトギス 200212  
めはじきの子に大げさに驚いて 鈴木しどみ ホトトギス 200212  
めはじきの人知れず咲く山路かな 蔭山一舟 ホトトギス 200212  
めはじきをとばして家路遠くなる 寺畠とし博 ホトトギス 200212  
めはじきに遊び上手の友想ふ 河田和代 ホトトギス 200212  
めはじきを老のたはむれ皺深め 谷口和子 ホトトギス 200212  
めはじきや遊んでくれし祖母のこと 池田昭雄 ホトトギス 200212  
めはじきの目でせんせいにこんにちは 山田弘子 ホトトギス 200212  
めはじきや初恋談義かまびすし 千原叡子 ホトトギス 200212  
めはじきに遊べばすぐに真似る子も 池田昭雄 ホトトギス 200212  
めはじきの子らの中なる坊やかな 木暮勉 ホトトギス 200212  
めはじきやおちよぼ口して紅さして 児島倫子 ホトトギス 200212  
めはじきの野に影落し空の雲 高橋静女 ホトトギス 200212  
めはじきを付けるをかしさ上手下手 鈴木しどみ ホトトギス 200212  
めはじきをはんなり濡らし昨夜の雨 児島倫子 ホトトギス 200212  
墳丘の風を纏ひて益母草 児島倫子 ホトトギス 200212  
めはじきや吾も少女の頃ありき 谷口和子 ホトトギス 200212  
膝ついてめはじきをして見せる母 千原叡子 ホトトギス 200212  
振り向いて見せしめはじきしてゐる子 鈴木しどみ ホトトギス 200212  
めはじきにちりちりちりと夕日影 鈴木石水 ホトトギス 200212  
めはじきに風の和むや日は亭午 鈴木石水 ホトトギス 200212  
めはじきに触れて川原へ近き道 河田和代 ホトトギス 200212  
めはじきの花にも遊び心あり 蔭山一舟 ホトトギス 200212  
めはじきの廻り出しさうなる構へ 河田和代 ホトトギス 200212  
めはじきの朝日はじける力持ち 鈴木石水 ホトトギス 200212  
めはじきをとばして未来疑はず 寺畠とし博 ホトトギス 200212  
めはじきをゆらして黒い猫走る 高橋静女 ホトトギス 200212  
めはじきをして妹を泣かせけり 山田弘子 ホトトギス 200212  
めはじきやおすまし顔のおもてなし 池田昭雄 ホトトギス 200212  
めはじきや渡舟場へ草かき分けて 大木さつき ホトトギス 200212  
めはじきや本門寺坂昏れんとす 高橋静女 ホトトギス 200212  
めはじきを手折れば少女めく瞳 稲畑廣太郎 ホトトギス 200307  
めはじきや高見盛の気合入れ 細野恵久 ぐろっけ 200410  
めはじきの遊び心をひそませて 稲畑汀子 ホトトギス 200608  
めはじきのはじけて二重瞼なり 秋千晴 200801  
めはじきの小啄木鳥の梢の淑気かな 田中貞雄 ろんど 201001  
めはじきや花壇の端にレンガ積む 天野美登里 やぶれ傘 201612  

 

2017年10月27日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。