虚子忌(椿寿忌)      

虚しきが故に虚子忌に参ずなり    京極杞陽

作品
作者
掲載誌
掲載年月
花祭そして虚子忌の缶コーヒー 池田澄子 船団 199811
膝寄せて虚子忌の一人一人かな 稲畑汀子 ホトトギス 199904
雨降りて虚子忌の心鎮めけり 稲畑汀子 ホトトギス 199904
鎌倉に虚子忌過ぎをり忘れ霜 神蔵器 風土 199906
花篝消えて虚子の忌終りけり 河合城太 銀化 199906
花の日の但馬虚子忌の例のごと 長浜光弘 円虹 199907
風も雲も虚子忌のものと諷詠す 長浜光弘 円虹 199907
鴟尾をゆく雲の一片虚子忌かな 中谷葉留 風土 199907
誰彼に逢ひたき花の虚子忌なる 藤松遊子 ホトトギス 199909
虚子忌かな御御御汁まず掻きまぜて 池田澄子 船団 199909
虚子の忌の風たをやかな椿山 皆川盤水 春耕 200003
上京の手順ととのへ虚子忌来る 稲畑汀子 ホトトギス 200004
晴れしことたちまち冷ゆる虚子忌かな 稲畑汀子 ホトトギス 200004
四十年おろそかならず虚子忌かな 稲畑汀子 ホトトギス 200004
虚子の忌の加茂本阿弥は白椿 神蔵器 風土 200006
虚子の忌や椿子に過ぐ幾星霜 本城布沙女 雨月 200006
古びゆく歳時記古びざる虚子忌 岩岡中正 ホトトギス 200010
鎌倉に虚子忌芦屋に記念館 稲畑汀子 ホトトギス 200104
茫々として晴々と虚子忌かな 稲畑汀子 ホトトギス 200104
椿寿忌や生涯一句皆目指す 稲畑廣太郎 ホトトギス 200104
成就せし事を告げたる虚子忌かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200104
ど外れとなりし高浜虚子忌かな 小川匠太郎 200104
小諸にもその記念館虚子忌来る 大橋敦子 雨月 200106
洗へども落ちぬ手の墨虚子の忌に 中原道夫 銀化 200106
虚子の忌や翳蒼ざめて糸ざくら 安達実生子 200107
水盤に椿を浮かべ虚子忌かな 丸尾和子 雨月 200107
矜持ある守旧派われの虚子忌かな 西村数 ホトトギス 200109
虚子忌今日溶岩原遠く吟行す 西村数 ホトトギス 200109
虚子の忌の案ずるよりは靴を履く 池田澄子 船団 200110
虚子忌てふ古都の喧騒ありにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200204
寿福寺の本堂遠し椿寿の忌 稲畑廣太郎 ホトトギス 200204
二日目も虚子忌日和のつゞきけり 稲畑汀子 ホトトギス 200204
虚子忌より日和もらひて三日目に 稲畑汀子 ホトトギス 200204
虚子の忌の大仏に手を合せをり 大橋敦子 雨月 200206
三鬼の忌虚子の忌の今日癌告知 泉田秋硯 200207
虚子の忌やふきんで磨く文机 百田早苗 六花 200207
虚子の忌の岳に見えたる昼の星 田中武彦 六花 200207
おん声の耳底にある虚子忌かな 立石萌木 雨月 200207
椿寿忌を修し心の洗はるる 小島左京 ホトトギス 200209
わが立てるところが地軸虚子忌くる 岩岡中正 ホトトギス 200210
江の電に空席ありし虚子忌かな 島玲子 風土 200301
あたたかき虚子の心を知る忌日 稲畑汀子 ホトトギス 200304
虚子忌への旅の余韻を引く日かな 稲畑汀子 ホトトギス 200304
虚子の忌の試飲の銘は「成せばなる」 藤井寿江子 馬醉木 200306
虚子の忌の犬の嗅ぎゆく春の泥 水野恒彦 200307
風強き日にして虚子の忌なりけり 土屋酔月 火星 200307
藏六の雨の庭這ふ虚子忌かな 岡井省二 省二全句集 200312
又降つて又晴れて椿寿忌らしく 稲畑廣太郎 ホトトギス 200404
虚子の忌や俳句に徹し五十年 塩川雄三 築港 200406
虚子の忌の矢倉の雫いただきぬ 落合絹代 雨月 200407
すれ違ふ虚子忌帰りの人にかな 中村洋子 風土 200407
俳諧の人びとの老い虚子忌かな 下平しづ子 雨月 200408
似し坐像似ぬ坐像ある虚子忌かな 三村純也 ホトトギス 200408
座布団の大きく厚き虚子忌かな 須佐薫子 帆船 200503
椿寿忌の近づいてゐる旅心 藤浦昭代 ホトトギス 200504
虚子の忌は父の生れ日甘茶佛 堀内一郎 あを 200505
虚子の忌の昏るる酢昆布噛みをれば 水野恒彦 200506
落椿拾ひて来たる虚子忌かな 上藤八重子 酸漿 200506
れんこんの穴のここのつ虚子忌なり 定梶じょう あを 200506
虚子の忌へ参ずさくらの伽藍かな 原田しずえ 万象 200508
相識らねども皆親し虚子忌人 喜多村萬城 ホトトギス 200509
かく晴れて虚子忌日和といふはこれ 稲畑汀子 ホトトギス 200604
祝ぎごころ携へて来し虚子忌かな 稲畑汀子 ホトトギス 200604
花御堂拝み虚子忌と一人が言ふ 服部菰舟 雨月 200607
吾が書棚ほとんど俳書虚子忌来る 博多永楽 雨月 200607
虚子忌来て庭の椿の咲き競ふ 博多永楽 雨月 200607
醍醐なる虚子忌のさくらさくらかな 大竹淑子 風土 200607
毎年の虚子忌に老いてゆく身かな 今井千鶴子 ホトトギス 200608
空ばかり見てゐる虚子の忌なりけり 坊城俊樹 ホトトギス 200608
一本の棒のやうなる虚子忌かな 坊城俊樹 ホトトギス 200608
虚子忌にて金剛石を磨きをり 中島陽華 200608
卓上に文旦のある虚子忌かな 青山丈 200608
鎌倉や椿寿忌前の喧騒に 稲畑廣太郎 ホトトギス 200704
朝早く虚子忌準備もして句座へ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200704
記念館軌道に乗りし虚子忌かな 稲畑汀子 ホトトギス 200704
虚子百句捧げて迎ふ虚子忌かな 稲畑汀子 ホトトギス 200704
耐へに耐へせめて虚子忌を待たれしと 稲畑汀子 ホトトギス 200704
虚子の忌のもろもろの芽をてんぷらに 百瀬七生子 海光 200705
忽然と虚子忌未明に逝かれけり 安原葉 ホトトギス 200708
寿福寺の甘茶賜る虚子忌かな 織田みさゑ 万象 200708
生涯に賜ひし一語椿寿の忌 原三猿子 ホトトギス 200709
虚子百句さらに読み来て忌に侍る 浅井青陽子 ホトトギス 200709
大阪にひとり修する虚子忌かな 井上浩一郎 ホトトギス 200709
十余年余計に生きて椿寿忌に 浅井青陽子 ホトトギス 200710
夕映えの沖に雲立つ虚子忌かな 森田節子 風土 200801
虚子の忌のゆるやかな水たぎつ水 安居 正浩 200801
晴れ晴れと阪神ファンも虚子忌人 稲畑廣太郎 ホトトギス 200804
虚子忌過ぎ一気に月日動き出す 稲畑汀子 ホトトギス 200804
子を肩に坂道登る虚子忌かな 坪内稔典 稔典句集U 200804
眠たげに亀鳴く虚子の忌なりけり 大崎紀夫 やぶれ傘 200806
虚子五十回忌月の子罷りまし 山田夏子 雨月 200807
満堂に遺徳たたへて虚子忌かな 味村志津子 雨月 200807
真筆の句軸を拝し虚子忌かな 味村志津子 雨月 200807
その一句引いて講義し虚子忌かな 三村純也 ホトトギス 200808
記念館一人で訪うて虚子忌かな 三村純也 ホトトギス 200808
思ひあらた花鳥諷詠大虚子忌 浅井青陽子 ホトトギス 200809
句心をいよいよ深め椿寿の忌 浅井青陽子 ホトトギス 200809
年毎に虚子新たなり忌を修す 浅井青陽子 ホトトギス 200809
虚子五十回忌欠かさず来て卒寿 木村享史 ホトトギス 200810
虚子五十回忌を終へていま一人 木村享史 ホトトギス 200810
同人の千人超えし虚子忌かな 大久保白村 ホトトギス 200810
阪神の首位で迎へし虚子忌かな 大久保白村 ホトトギス 200810
俳諧の絆しみじみ椿寿の忌 藤浦昭代 ホトトギス 200810
虚子五十回忌へ急ぐ嵐衝き 木村享史 ホトトギス 200810
虚子五十回忌のゆゑに逢へし人 木村享史 ホトトギス 200810
古刹より披講もれくる虚子忌かな 中沢三省 風土 200810
この雨も虚子忌日和といふべかり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200904
虚子忌とはここまで人を熱くする 稲畑廣太郎 ホトトギス 200904
虚子忌たり雲の中なる鳶の笛 大島翠木 200906
虚子の忌や八十路で俳句はじめしが 佐々木力 炎環 200907
鎌倉はいつ訪ふも虚子忌かな 竪山道助 風土 200907
春の汗拭ひて虚子の忌なりけり 根岸善行 風土 200907
虚子の忌のつば広帽の漢かな 浅田光代 風土 200907
虚子忌かな巻き上げて食ぶスパゲッティ 柴田久子 風土 200907
汝等の虚子忌我等の啄木忌 竪山道助 風土 200907
虚子の句の対幅かかげ虚子忌かな 手島伸子 雨月 200907
由比ヶ浜の波に目覚めて虚子忌なる 手島伸子 雨月 200907
椿寿忌や香煙あふる寿福寺に 手島伸子 雨月 200907
鎌倉の花の万朶の虚子忌かな 高木典子 雨月 200907
虚子の忌や逝きて早くも半世紀 高木典子 雨月 200907
寿福寺に句友の溢れ虚子忌かな 高木典子 雨月 200907
鎌倉の燕の来たる虚子忌かな 山田春生 万象 200907
虚子忌へと繋いでゆける八分咲 稲畑廣太郎 ホトトギス 201004
虚子の忌の退院句作励まばや 大橋敦子 雨月 201005
大甕をひと廻りして虚子忌かな 本多俊子 201006
全集に恋の句見つけたる虚子忌 涼野海音 火星 201006
三々五々虚子忌日和の句会かな 鎌倉喜久恵 あを 201006
ダムの吐く水太かりき虚子忌かな 大島翠木 201008
虚子の忌は母の忌我の誕生日 和智秀子 酸奬 201008
愛蔵の渡仏日口記や椿寿の忌 竹下陶子 ホトトギス 201009
襟正せとの花冷の虚子忌かな 安原葉 ホトトギス 201009
虚子よりも吾は長く生き忌を修す 嶋田一歩 ホトトギス 201009
アインシュタインと同時代なる高虚子忌 嶋田一歩 ホトトギス 201009
君在さば君在さばとて今日虚子忌 稲畑汀子 ホトトギス 201104
限りある命と知つてゐる虚子忌 稲畑汀子 ホトトギス 201104
詩人の古城の句吟虚子忌日 紀川和子 201105
大いなる花の虚子忌となりにけり 安立公彦 春燈 201106
虚子の忌や日うら日おもて櫻濃き 安達実生子 201107
椿寿忌や携帯に着くフォト俳句 藤原若菜 春燈 201107
古語辞典書棚に眠る虚子忌かな 戸谷たみ子 酸漿 201107
ひとりしずか貰うて飾る虚子忌かな 谷村幸子 201108
虚子の軸かけ流したる子規忌かな 今井千鶴子 ホトトギス 201202
椿寿忌を驚かしたる花嵐 小川玉泉 末黒野句集 201203
椿寿忌や椿を支ふ竹の棒 原久栄 末黒野句集 201203
墓前には赤いらふそくてふ虚子忌 稲畑廣太郎 ホトトギス 201204
くつろぎの旅は虚子忌を終へてより 稲畑廣太郎 ホトトギス 201204
椿寿忌や空青あをと風もなく 小渕二美江 春燈 201207
虚子花洛忌月の雲が嶺にあり 丸井巴水 京鹿子 201207
大いなる空が息してゐる虚子忌 岩岡中正 ホトトギス 201209
きらきらと海きらきらと虚子忌なり 北崎展江 くりから 201209
虚子庵を車窓より見て虚子忌なり 田中貞雄 自註句集 201301
没後半世紀存問虚子忌かな 稲畑汀子 ホトトギス 201304
虚子忌とは巡る月日も一瞬に 稲畑汀子 ホトトギス 201304
誰彼に会ひし虚子忌となりしこと 稲畑汀子 ホトトギス 201304
椿寿忌と言はるる虚子先生偲ぶ 大橋敦子 雨月 201305
虚子の忌やひたすら父の偲ばるる 大橋敦子 雨月 201305
虚子の忌は即ち父恋父の声 大橋敦子 雨月 201305
虚子の忌や面晤叶ひし日のことを 大橋敦子 雨月 201305
椿寿忌と言はるる虚子先生偲ぶ 大橋敦子 雨月 201305
虚子の忌の椿求めて花屋まで 大橋敦子 雨月 201305
散椿盆に山盛り虚子忌かな 萩原すみ 春燈 201307
虚子ありてこそ我らあり虚子忌くる 水谷文謝子 雨月 201401
みよし野の旅近づけてゐし虚子忌 稲畑汀子 ホトトギス 201404
をさまりし風雨のなごり無き虚子忌 稲畑汀子 ホトトギス 201404
修し来し虚子忌も過ぎてゆけるもの 稲畑汀子 ホトトギス 201404
快晴の虚子忌日和をたまはりし 稲畑汀子 ホトトギス 201404
離陸せし空に道あり虚子忌晴 稲畑汀子 ホトトギス 201404
鎌倉の風に触れたるより虚子忌 稲畑廣太郎 ホトトギス 201404
虚子忌よりつづく外出よ今日も又 稲畑汀子 ホトトギス 201404
椿寿忌の駄賃の一句らちもなし 井上石動 あを 201405
虚子の忌の山ありて川光るなり 水野恒彦 201407
漱石忌虚子への手紙てふ展示 稲畑廣太郎句帳 ホトトギス 201412
虚子と居て我若かりし子規忌かな 今井千鶴子 ホトトギス 201501
とつとつと語れる虚子や子規忌来る 今井千鶴子 ホトトギス 201501
上木を告ぐる虚子忌となりにけり 稲畑汀子 ホトトギス 201504
温厚に生きむ心や虚子忌来る 細川コマヱ 雨月 201506
ささやかな句会のありし虚子忌かな 中林晴雄 201507
鎌倉に大粒の雹虚子忌なり 竪山道助 風土 201507
鼻唄を口ずさみゆく虚子忌かな 山田春生 万象 201507
かく荒るる虚子忌の雨と記憶せん 稲畑汀子 ホトトギス 201604
録音のこゑよみがへる虚子忌かな 落合絹代 雨月 201607
歳時記の手擦れ繕ふ虚子忌かな 小木曽文明 雨月 201607
忌日寺小鳥は虚子の化身とも 稲畑廣太郎 ホトトギス 201610
一茶忌や信濃に虚子の暮せし日 稲畑廣太郎 ホトトギス 201611
虚子作の歌舞伎に偲ぶ一茶の忌 稲畑廣太郎 ホトトギス 201611
一茶忌や虚子を恐れぬ雀どち 稲畑廣太郎 ホトトギス 201611
今日散るか明日の虚子忌まで持つか 稲畑廣太郎 ホトトギス 201704
虚子忌終れば満開の旅路かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201704
縁とは昨日虚子忌で会へし人 稲畑廣太郎 ホトトギス 201704
虚子の忌の森に彩あるもの探す 宮内とし子 201706
虚子の忌の日当る山と翳る山 水野恒彦 201707
椿寿忌や参加確認伊予ことば 数長藤代 201707
椿寿忌や忘るる勿れこの一句 唐澤春城 ホトトギス 201708
虚子の忌のほどなく雨の落 山田閨子 ホトトギス 201708
ユネスコに日本の俳句推す虚子忌 大久保白村 ホトトギス 201709
東京の子を訪ふ母の虚子忌旅 大久保白村 ホトトギス 201709
山会を世に問ふ虚子忌なりしかな 稲畑汀子 ホトトギス 201804
西方に二重虹立つ椿寿の忌 工藤義夫 馬醉木 201805
重ね来し虚子忌絵巻を繰る至福 藤浦昭代 ホトトギス 201806
花つむじぶつかつて来る虚子忌かな 南うみを 風土 201807
嬬恋にひとり虚子忌を修しをり 中杉隆世 ホトトギス 201808
伝統は磨き繋いでけふ虚子忌 熊埜御堂義昭 ホトトギス 201809
西虚子忌過ぎしばかりに集ふ会 稲畑汀子 ホトトギス 201810
椿寿忌や仕草戯けし亡き友の 中川のぼる 201902
西ノ下の旅告げもして西虚子忌 千原叡子 ホトトギス 201903
鳶の笛楽となりゆく虚子忌かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201904
大切な人の姿の無き虚子忌 稲畑廣太郎 ホトトギス 201904
虚子忌過ぎとしあつ忌過ぎ美奇忌過ぐ 大久保白村 ホトトギス 201909
止みさうに止みさうに雨降る虚子忌 稲畑汀子 ホトトギス 202004
はるばると雨をいとはぬ虚子忌かな 稲畑汀子 ホトトギス 202004
今年又虚子忌に欠けし人のこと 稲畑汀子 ホトトギス 202004
虚子忌より戻りし話題加はりぬ 稲畑汀子 ホトトギス 202004
虚子を知る人又一人逝く虚子忌 稲畑廣太郎 ホトトギス 202004
花びらの洞に吸はるる虚子忌かな 南うみを 風土 202006
鳥鳴きて虚子の忌日と教えらる 谷口一献 六花 202007
俳句史を読みつつ思ふけふ虚子忌 西村やすし ホトトギス 202009
ともかくも西の虚子忌の予定組む 稲畑汀子 ホトトギス 202010
東京に居て心には西虚子忌 稲畑廣太郎 ホトトギス 202010
体力の続く限りの西虚子忌 稲畑汀子 ホトトギス 202010
長生きも元気なればと西虚子忌 稲畑廣太郎 ホトトギス 202010
心してひとりの虚子忌修すのも 木村享史 ホトトギス 202010
虚子忌六十回を回顧しひとり酌む 木村享史 ホトトギス 202010
句座親し西の虚子忌を終へて尚 稲畑廣太郎 ホトトギス 202010
虚子知らぬことが露けくする忌日 海輪久子 ホトトギス 202102
僧もまた若きに継がれ西虚子忌 安原葉 ホトトギス 202103
立子忌も虚子忌も無くて会へぬまま 星野椿 ホトトギス 202107
虚子を知る一人となりし虚子忌かな 中杉隆世 ホトトギス 202108
虚子の忌を修す米寿の翁となり 木村享史 ホトトギス 202110
富士を仰ぎひとりの虚子忌暮れにけり 木村享史 ホトトギス 202110
花は散りにけり虚子忌を前にして 相川健 202110
両名誉主宰は悲西虚子忌 安原葉 ホトトギス 202203
小斎を守り虚子忌を近づける 稲畑廣太郎 ホトトギス 202204
鳶の笛半音上がり虚子忌かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 202204
鳶が輪を描けぱ椿寿忌日和かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 202204

2022年4月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。