枯露柿      12句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
枯露柿の粉ふいてゐる裏おもて 皆川盤水 春耕 200102  
枯露柿や秩父に兜太伊昔紅 水原春郎 馬醉木 200202  
枯露柿の軒ひくくして日本海 柴崎英子 200402  
老人に両手を振らすコロ柿村 丸山佳子 京鹿子 200802  
あてもなき旅ころ柿の里歩く 山田暢子 風土 200901  
日を重ね育つ枯露柿粉を吹く 仙石君子 雨月 200903  
藤蔓の箕にてころ柿裏返す 仙石君子 雨月 200903  
枯露柿をデザートとする日向ぼこ 上原重一 201002  
枯露柿の重みの中の甘さかな 印南美紀子 酸漿 201104  
茶の里はころ柿の里鈴成りに 池田加寿子 201302  
ころ柿や祖母の口上ありぬべし 松木ひろ ろんど 201401  
枯露柿の婆の乳めく冬日向 布施由岐子 末黒野 201603  

 

2017年10月22日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。