金 柑     69句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
とても変わった人と言われて金柑 田中亜美 海程 199902  
金柑やおとがひ丸き像拝す 塩貝朱千 京鹿子 200005  
金柑や産湯の波がみえました 神田夏果 海程 200005  
剪定の切先金柑はきらり 葉月ひさ子 船団 200006  
金柑の受けとめてゐる夕日かな 市場基巳 200101  
金柑は独り黙して食らふべし 森山卓郎 船団 200103  
初雪の来て金柑の甘くなり 井口ふみ緒 風土 200104  
つまりそな金柑銜え鳥たちぬ 石井てう ぐろっけ 200107  
金柑の流れてゐたる村の口 山尾玉藻 火星 200211  
寡黙なる夫に金柑煮てをりぬ 吉田康子 青山椒 200303  
死ぬことを思はぬ日なり金柑湯 戸田和子 200501  
鐘の疣右手の金柑匂ひけり 横松しげる 遠嶺 200502  
名にし負う其角の墓の柚子金柑 芝尚子 200503  
寒醸す金柑の甕ゆすりけり 橋爪隆 春燈 200503  
金柑の庭をんどりの駆けまはる 大坪景章 万象 200504  
鵯の嘴の跡金柑に 須賀敏子 あを 200504  
余寒空金柑くはへ尾長飛ぶ 木村迪子 酸漿 200504  
鈴鳴らし金柑ほどの願ひごと 坂本敏子 京鹿子 200505  
こもごもに鵯金柑を啄みに 松尾緑富 ホトトギス 200506  
金柑や大往生の柩出づ 吉田島江 火星 200601  
金柑のかぞへきれざる数を祝ぐ 大串章 百鳥 200602  
金柑の金の皮食べ松の内 淵脇護 河鹿 200603  
金柑の煮ゆる匂ひよやや更けて 淵脇護 河鹿 200604  
金柑をつれない甘さだと思ふ 安居正浩 200704  
日のさして金柑の木のぐいと出る 秋千晴 200705  
寒土用残る金柑照り映える 長崎桂子 あを 200804  
金柑の蜂蜜漬や春の風邪 青木陽子 酸漿 200806  
揚羽来て金柑の新芽択びけり 高橋玲水 酸漿 200807  
金柑の多雨に乏しき結実を 松尾緑富 ホトトギス 201001  
金柑の花時に多雨如何にせん 松尾緑富 ホトトギス 201001  
雪もよひ金柑煮る香仏間まで 久保村淑子 万象 201004  
梅林に金柑の実の大樹かな 芝尚子 あを 201004  
金柑をたわわにならせ佗び住まひ 池田光子 201006  
切りつめし金柑の木に白き花 須賀敏子 あを 201009  
金柑の黄を目印の谷戸の家 高橋盛男 春燈 201101  
番犬の尾に金柑の落ちてをり 田中眞由美 ぐろっけ 201101  
金柑の花の白さや余震あり 須賀敏子 あを 201109  
金柑の花をこぼして夏の雨 椋本一子 雨月 201110  
金柑の空あをあをと星座組む 丸井巴水 京鹿子 201202  
金柑や兄は喧嘩に負けて来し 吉田葎 201205  
金柑の花に茶店の名残見つ 細野恵久 ぐろっけ 201205  
金柑に種六つあり誰に告げむ 高村俊子 万象 201206  
金柑の残る一樹や風光る 泉和美 末黒野 201208  
金柑を焦してしまふ訃報来し 大日向幸江 あを 201303  
金柑を甘く煮詰めて母還る 大西八洲雄 万象 201303  
金柑を通りすがりに誉めてをり 鈴木藤子 ろんど 201312  
跳ぶ浅田真央金柑の甘く煮え 須賀敏子 あを 201404  
金柑の甘くて青き味したり 佐久間由子 201404  
金柑のよく熟れてをり青畝の居 北村淳子 ろんど 201407  
金柑を丸丸包むお大福 森理和 あを 201501  
金柑の回青してや年越ゆる 瀬川公馨 201503  
金柑のこぼれ落つるか色尽きて 森山あつ子 六花 201504  
金柑はひよの意のまま冬麗 須賀敏子 あを 201504  
金柑がびつしり通りがかりの家 山内四郎 春燈 201507  
ほつほつと金柑の花咲いて散る 須賀敏子 あを 201509  
嘴の痕残る金柑春近し 原田達夫 箱火鉢 201511  
寒金柑そのままにして目白待つ 須賀敏子 あを 201603  
霜の夜の金柑あまく甘く煮る 林昭太郎 201702  
金柑の花の散り敷く路地住まひ 大川暉美 末黒野 201704  
朝市に蜜柑金柑金眼鯛 森なほ子 あを 201703  
日向夏蜜柑金柑虫眼鏡 石森理和 あを 201704  
到来の金柑二キロお裾分け 石森理和 あを 201705  
金柑を八つ並べてあのねのね 鷺山珀眉 京鹿子 201803  
金柑や鵯にも残す実を選び 須賀敏子 あを 201804  
たわわなる庭の金柑いと甘し 石森理和 あを 201806  
春の雷金柑ジャムを煮てをれば 窪みち子 201808  
月明や金柑の花いや白く 須賀敏子 あを 201809  
入日影庭の金柑色づきて 宮本俊子 雨月 201901  
金柑の一つ一つにぽつぽつ日 根橋宏次 やぶれ傘 201901  

 

2019年10月28日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。