華鬘草     18句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
持ち帰りゐしは吉野の華鬘草 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
華鬘草天宇受売命あめのうずめの飾りめく 松崎鉄之介 200007  
吹かれゐる華鬘の花やモノローグ 中野京子 200207  
馬地主の家墓に咲く華鬘草 松崎鉄之介 200308  
塗りたての厨子の匂へり華鬘草 名和政代 万象 200407  
華鬘草束ねて母の忌を修す 石橋公代 春燈 200507  
華鬘草の華鬘ととのふ十余り 大橋麻沙子 雨月 200507  
大日の前も後ろも華鬘草 高橋将夫 200606  
聖には聖の苦さ華鬘咲く 伊丹さち子 馬醉木 200704  
母子寮の昼しんかんと華鬘咲き 長沼紫紅 200706  
子らをらぬ公園やたら華鬘咲き 長沼紫紅 200706  
透明な風は沖から華鬘咲き 長沼紫紅 200706  
ふらここの近くに咲きて華鬘草 長沼紫紅 200706  
仏にも告げ口をする華鬘草 青山悠 200707  
華鬘草過去あるごとく井戸覗く 東亜未 あを 200906  
しらかしの森のむらさき華鬘草 山路紀子 風土 200907  
命日や蕾かかげて華鬘草 浜福恵 風土 201407  
純白の華鬘草とは珍らしき 大石喜美子 雨月 201607  

 

2018年5月3日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。