芋煮会     67句


作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
山寺の空つつぬけの芋煮会 三原清暁 春耕 199902  
芋煮会火の看護婦を仰せつかる 櫂未知子 銀化 199912  
猛る火に竈の割るる芋煮会 渡辺美知子 200001  
芋煮会鍋洗ふ役残りけり 上原若子 200012  
菩提寺の大鍋借りし芋煮会 鈴木大林子 春耕 200110  
芋煮会声の大きくなつて来し 鈴木多枝子 あを 200110  
芋煮会少し冷えきし夕翳り 相蘇こいと 春耕 200201  
芋煮会遊び下手なる膝ばかり 山尾玉藻 火星 200201  
芋煮会年一回のための鍋 泉田秋硯 200201  
大椀のゆきわたりたる芋煮会 米澤光子 火星 200202  
退官の署長の酔や芋煮会 白岩三郎 馬醉木 200212  
長男はいつもしんがり芋煮会 南洋子 対岸 200212  
芋煮会百姓が手を遊ばせて 立石萌木 雨月 200303  
屋上の看板変えて芋煮会 井上綾 ぐろっけ 200312  
新顔も古参もなくて芋煮会 池田冨美 帆船 200401  
一村をからつぽにして芋煮会 佐々木よし子 200402  
鍋につく土も焦げたる芋煮会 高倉和子 200412  
立て膝をときどきしたる芋煮会 飯塚ゑ子 火星 200501  
欲得の去りて旨しや芋煮会 長志げを 遠嶺 200501  
大釜を据ゑ村人の芋煮会 西教文江 築港 200501  
芋煮会音頭取りたる出羽の衆 武井哲 八千草 200505  
芋煮会肉にこだわり米沢藩 芦川まり 八千草 200604  
天界も芋煮会などしてゐるや 伊藤白潮 200611  
駅遠き暮しにもなれ芋煮会 渡邉紅華 酸漿 200701  
芋煮会ならずも若き声ま近 山崎靖子 200702  
芋煮会マイク音量割れてをり 能村研三 200710  
芋煮会白き流木置かれあり 能村研三 200711  
大鍋の湯気高々と芋煮会 小滝奈津江 酸漿 200712  
会津奥道あちこちに芋煮会 高田令子 200801  
奥多摩に月山を召し芋煮会 松村義男 遠嶺 200801  
惟好日茣蓙を地べたに芋煮会 有働亨 馬醉木 200801  
芋煮会漢が勇み火を熾す 安部和子 雨月 200802  
夕星に別れを告げて芋煮会 上原重一 200901  
みちのくの訛楽しき芋煮会 大泉美千代 雨月 200901  
衝立に戸板一枚芋煮会 山田六甲 六花 200910  
煮える迄尻取り合戦芋煮会 久染康子 200911  
芋煮会の大鍋五万食といふ 彦根伊波穂 200912  
初顔の訛の温し芋煮会 三橋玲子 末黒野 201004  
芋煮会川原に燠火のこしゆく 大西八洲雄 万象 201007  
芋煮会ひと口コンロ持ちよりて 鈴木てるみ ぐろっけ 201012  
川上に雨雲垂るる芋煮会 根橋宏次 やぶれ傘 201101  
農作の労をねぎらひ芋煮会 池田加寿子 201101  
芋煮会箸は自前の若狭塗 中島知恵子 雨月 201102  
蓑虫の貌に日の射す芋煮会 城孝子 火星 201201  
大鍋を寺より運ぶ芋煮会 北崎展江 くりから 201209  
火の舌にかまど舐めさせ芋煮会 布川直幸 201210  
地ことばに通訳付きの芋煮会 久染康子 201312  
胸当を当てて坐りぬ芋煮会 だいじみどり 201401  
毒味する女町長芋煮会 藤沢秀永 201401  
年寄りに前期と後期芋煮会 荒木甫 201403  
「流浪の民」に盛り上がりたる芋煮会 能勢栄子 201404  
招かれて釜のまん前芋煮会 久染康子 201411  
綿菓子を持たされてゐる芋煮会 楠原幹子 201501  
芋煮会偲ぶ人増ゆアルバムに 石川賢吾 201504  
フランスパン截りて始まる芋煮会 飯田ひでを 201512  
川音をちょっと足す昼芋煮会 のざきまみこ 201512  
しあはせの数珠を繰りをる芋煮会 前田美恵子 201601  
田舎味噌どんと落とせり芋煮会 成宮紀代子 201612  
乱切りに恋の噂も芋煮会 大矢恒彦 201612  
芋煮会焦げたる石をまた使ふ 柴田佐知子 201701  
手づかみで塩を足しゐる芋煮会 高倉和子 201803  
手掴みの葱やきのこや芋煮会 岸洋子 201803  
老いの顔美事にならぶ芋煮会 波戸辺のばら 船団 201806  
誘はれて酒一升と芋煮会 秋川泉 あを 201901  
砂をかけ火をなだめたる芋煮会 松田明子 201902  
耳痛き話が一つ芋煮会 伊藤隆 201908  
芋煮会会計係すぐ決まる 森岡正作 201911  

 

2019年11月16日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。