芋 虫       83句

芋虫のころげまわって怒りけり   小島良子  花虻

作品
作者
掲載誌
掲載年月
御用御用見えぬつもりの芋虫よ 木戸渥子 京鹿子 199909
芋虫になれず芋の葉くるくると 浜口高子 火星 199910
芋虫の喰ひたるあとの匂ひをり 山本英津子 199911
芋虫は肥満児ばかり日本晴れ 小枝恵美子 ポケット 199911
芋虫をつかまへ来しは痩せ女 今井妙子 雨月 200001
煩悩に生く芋虫の楕円形 鈴鹿仁 京鹿子 200009
芋虫をもとの所へ戻したる 高橋将夫 200011
芋虫に空翔ぶ夢のあらばこそ 山田弘子 円虹 200011
芋虫が芋の葉にきて転ぶなり 竹内悦子 200012
芋虫に死に真似されて絶不調 折原あきの 船団 200105
芋虫を怖がつてをり触れたくて 稲畑汀子 ホトトギス 200109
芋虫に思考の皺のありにけり 青山茂根 銀化 200110
芋虫に空飛ぶ未来ありにけり 伊藤重美 俳句通信 200111
芋虫と知らずに触れてをりにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200209
芋虫ごろごろ大きな足がやつてくる 滝沢環 京鹿子 200210
芋虫を踏みつけ女畠打つ 中野たけみ 雨月 200211
石庭を芋虫の漕ぎ出だしけり 浜口高子 火星 200212
芋虫が胡麻の葉を食ひ胡麻虫に 駒井でる太 200301
芋虫の悠揚を愛づ鼻眼鏡 亀田憲壱 銀化 200301
とぶ時の来て芋虫の虚空かな 竹内悦子 200301
慌てたる蜂芋虫をおきざりに 関口房江 酸漿 200306
仰向きに落ちし芋虫十六夜 浜口高子 火星 200312
埒もなき芋虫のこの太りやう 田所洋子 雨月 200401
芋虫の這ふ日まみれの蔵の壁 岡和絵 火星 200401
芋虫に蝶が悲鳴をあげにけり 大串章 百鳥 200411
芋虫に召集令状来てしまふ 定梶じょう あを 200412
びろうどの黒芋虫に黄金の筋 星加克己 ぐろっけ 200412
月光のしづく芋虫太らせて 松澤秀昭 200501
芋虫に仏さがしてをりにけり 近藤公子 200501
芋虫を叩く雀の容赦無し 森理和 あを 200507
まみどりの芋虫何故にうとまるる 大橋敦子 雨月 200510
ぶよぶよの身を厭はるか芋虫は 大橋敦子 雨月 200510
芋虫のうねり歩きの高歩き 大橋敦子 雨月 200510
籠の芋虫燈下やたらに動きをり 大橋敦子 雨月 200510
芋虫や芯まで緑のベジタリアン 松村響子 四葩 200512
芋虫やころころ笑ふ子よく育つ 海老原嘉雄 四葩 200601
芋虫の蛾になるまでを昼寝かな 大島雄作 200609
芋虫の縞の伊達ぶり見よとこそ 大橋敦子 雨月 200609
芋虫の尾頭の角の威嚇かや 大橋敦子 雨月 200609
芋虫の這ひ出してをる室津かな 石脇みはる 200610
芋虫の糞染めなどをしてみたし 伊藤白潮 200611
芋虫のいのちころころころがれり 古田考鵬 雨月 200612
芋虫の肥えて一村平和なり 須田紅三郎 200709
芋虫の貧欲過ぎの運の尽き 佐藤山人 200711
芋虫をころがすだけにとどめけり 本多遊方 春燈 200711
野菜便先づ芋虫を探し出す 東亜未 あを 200809
芋虫の一心不乱の歩みなり 大橋敦子 雨月 200811
芋虫や宙いつぱいのビッグバン 常盤優 炎環 200902
ぶよぶよと芋虫昼の深眠り 布川直幸 200910
何かしらきやあ芋虫よ箒箒 稲畑廣太郎 ホトトギス 201009
芋虫と分かりし指の止まりけり 稲畑汀子 ホトトギス 201009
枝でつつきしこの芋虫はあげはてふ 山本耀子 火星 201011
芋虫のちよつと進んで世に遠し 柴田佐知子 201011
芋虫と呼ばれて美しき青磁色 上田明子 雨月 201012
太り過ぎたる芋虫の動かざる 高倉恵美子 201101
コロコロと芋虫の夢楽しげに 貝森光洋 六花 201112
芋虫を手掴みふいの大声を 林美智 ぐろっけ 201201
芋虫の国を出てすぐ踏まれたる 長節子 201206
かくれんぼ芋虫むんと膨めり 高野春子 京鹿子 201212
てんがうにやよ芋虫の完爾かな 土居通子 ろんど 201301
聖女にはあらず芋虫放りけり 武田巨子 春燈 201312
芋虫よ四柱推命汝は信じ 定梶じょう あを 201312
芋虫ののたりと寝たる石畳 井上加世子 ぐろっけ 201312
白壁の芋虫の角動きけり 丑久保勲 やぶれ傘 201401
枝でつつくこの芋虫はあげはてふ 山本耀子 絵襖 201404
必勝のはちまき芋虫がしたり 定梶じょう あを 201409
女丈夫も小さき芋虫恐れけり 西郷慶子 201410
芋虫の青き弾力糞こぼす 山本耀子 火星 201412
抛られし芋虫鶏につつかるる 柴田志津子 201501
芋虫の美人にあらむ緑濃し 八木健 八木健俳句集 201509
芋虫のいひやうのなき触れごこち 布川直幸 201509
芋虫の地べたにころり転がさる 大崎紀夫 虻の昼 201510
芋虫のだらりと鳥に銜へられ 小山陽子 やぶれ傘 201512
芋虫の円を描きて抗へり 加藤みき 201610
芋虫の逃げも隠れもせぬ太さ 本間羊山 風土 201610
極太の芋虫の色雨上がる 岩田洋子 201712
煩悩に行く芋虫の楕円形 鈴鹿仁 京鹿子 201810
芋虫の居るを気づきてをりし人 稲畑汀子 ホトトギス 201909
芋虫の通りし跡の残りけり 稲畑汀子 ホトトギス 201909
芋虫の所在に気づきをりしより 稲畑汀子 ホトトギス 201909
芋虫に触れたる指を洗ひけり 稲畑汀子 ホトトギス 202009
えいさえいさと芋虫の尾の進む 辻美奈子 202012
光まで食む芋虫のうすみどり 澤田英紀 202101

 

2021年9月6日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。