疣毟り      7句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
疣毟貌を回せし左右 東亜未 あを 200411  
疣毟り純粋だから殴られる 篠田純子 あを 200512  
にべもなく払うて哀れ疣むしり 鈴木清子 遠嶺 200701  
特急の光塵を受く疣むしり 甲州千草 200711  
疣毟海は音から昏れはじむ 佐藤喜孝 あを 201112  
下心読まれてをりぬ疣むしり 古沢幸次 ろんど 201211  
脚のうて首のながきや疣毟り 佐藤恭子 あを 201501  

 

2019年9月19日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。