百日草      29句


作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
水切れや百日草の百日目 山田六甲 六花 199911  
六地蔵足元はみな百日草 近藤憙治 船団 200202  
隠れキリシタンの里の百日草 朝妻力 雲の峰 200208  
百日草姉妹互ひに無沙汰にて 伊藤とら 雲の峰 200210  
百日草百日近き野の日暮 梶原玲良子 六花句集 200302  
束の間をいふ大事あり百日草 舩越美喜 京鹿子 200308  
百日草病後何かとまとまらぬ 岡本眸 200409  
百日草澄江堂の書の装幀 瀧春一 菜園 200509  
百日草声聞きに行く母の家 小山國雄 百鳥 200510  
父の忌に百日草を供花に切る 先崎きくよ 酸漿 200510  
百日草身細るほどの恋もせず 高倉恵美子 200602  
テンションの日に日にほぐれ百日草 中野英歩 八千草 200702  
百日草三日坊主は習ひ事 宮本幸子 京鹿子 200801  
大阪に頑固に住んで百日草 坪内稔典 稔典句集 200804  
百日草ハルマゲドンはいつですか 坪内稔典 稔典句集 200804  
百日草がんこで知れる父と母 坪内稔典 稔典句集 200804  
残照の苑になほ燃ゆ百日草 松元末則 酸漿 200810  
死してまだ爪の伸びをり百日草 高倉恵美子 200901  
百日草千日草も刹那かな 高橋将夫 200910  
留守の家百日草の咲きつげり 伊藤公子 酸漿 201011  
試歩の目途百日草へ百歩ほど 酒井秀郎 返り花 201211  
潮濡れの塩田みちや百日草 大坪景章 万象 201310  
供花適ふ百日草の子沢山 園田雅子 ろんど 201311  
しをらしと言はれてみたき百日草 北川英子 201408  
曲屋の庭を余さず百日草 中島和子 やぶれ傘 201512  
男女荒れ百日草の赤と赤 坪内稔典 船団 201602  
百日草まっ赤にうたい出す夜明け 林田麻裕 201603  
見くびりし残暑を癒す百日草 時澤藍 201612  
百日草筑波はいつも雲の中 石橋邦子 春燈 201810  

 

2020年7月28日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。