冬珊瑚 (玉珊瑚)      34句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
町中にちひさき古跡冬珊瑚 酒井多加子 俳句通信 200002  
冬珊瑚媼の灯す辻祠 斉藤輝子 春耕 200004  
恋ごころ少し残して冬珊瑚 環順子 遠嶺 200103  
佛顔の眩しさきりり冬珊瑚 鈴鹿仁 京鹿子 200201  
冬珊瑚運の素通ることもかな 北川孝子 京鹿子 200202  
冬珊瑚宇治にひとりの尼僧の名 沼田巴字 京鹿子 200202  
寺裏に瓦積まるる冬珊瑚 門田陽子 200204  
荒鍬の泥拭ひをり玉珊瑚 近藤きくえ 200302  
木の樽に鉄の箍嵌め冬珊瑚 橋本榮治 馬醉木 200302  
冬珊瑚添へて狭庭の収まれり 山荘慶子 あを 200403  
風過ぐる度に色濃き冬珊瑚 青木陽子 酸漿 200403  
冬珊瑚妻明るさが取柄なり 赤羽正行 遠嶺 200404  
纏ひたる雨滴かがやく冬珊瑚 和智秀子 酸漿 200406  
日だまりの中の師の句碑冬珊瑚 矢作裕子 200502  
文断てば終はる恋なり冬珊瑚 柴田佐知子 200602  
一塊の雲見失ふ冬珊瑚 峯桜子 遠嶺 200605  
廃坑址訪ふ道嶮し冬珊瑚 松元末則 酸漿 200702  
再会の夢かなへたり冬珊瑚 飯田明己 遠嶺 200702  
アルバムの中のひとりや冬珊瑚 津田礼乃 遠嶺 200702  
君の手の温もり今も冬珊瑚 橋本良子 遠嶺 200703  
趣味に生きらるる幸せ冬珊瑚 赤羽正行 遠嶺 200705  
艶やかに色なき庭の玉珊瑚 船橋とし 201002  
夢いまも燠ほど灯り冬珊瑚 白澤よし子 馬醉木 201102  
冬もまた満更ならず冬珊瑚 後藤比奈夫 ホトトギス 201304  
御手洗をあふるる光玉珊瑚 熊切光子 末黒野 201305  
界隈のにぎはひ鉢の冬珊瑚 大島英昭 やぶれ傘 201403  
柔かな陽に真赤なり冬珊瑚 宮田香 201502  
うしろから車来る音冬珊瑚 藤井美晴 やぶれ傘 201503  
冬珊瑚母性といふは果てしなく 荒井千佐代 201603  
十指組めばまた父想ふ冬珊瑚 コ田千鶴子 馬醉木 201701  
登山家の友の訃届く冬珊瑚 野畑さゆり 201704  
結局は母に及ばぬ冬珊瑚 コ田千鶴子 馬醉木 201801  
赦すべく決めしやすらぎ冬珊瑚 白井友梨 馬醉木 201802  
振り向いてふつと一人や冬珊瑚 柴崎英子 201803  

 

2020年12月5日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。