冬の       108句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
冬雷や棋盤に王の動かざる 小澤克己 遠嶺 199902
雨三粒のこして去りぬ冬の雷 長尾康子 風土 199903
不覚にも左腕骨折冬の雷 村上田鶴子 風土 199903
冬雷別れの言葉足りぬまま 大村美智子 京鹿子 200001
どろどろと一声止みぬ冬の雷 河野義海 京鹿子 200002
冬の雷聞いた聞かぬと老夫婦 貝森光大 六花 200003
叱られているもララバイ冬の雷 中原幸子 「遠くの山」 200010
天網の果てのやどり木冬の雷 華明日香 銀化 200103
ユトリロの癇癪に似し冬の雷 結木桃子 銀化 200104
友達が祖父になりたり冬の雷 鈴木みのり 船団 200111
玻璃窓に無数の宝珠冬の雷 林翔 200201
唐突に電話の切れて冬の雷 武田美雪 六花 200202
丑三つの家毀つほど冬の雷 春田淳子 雲の峰 200202
灯台のいよよ細身に冬の雷 長沼三津夫 200203
冬の雷葬より戻り手を洗ふ 赤座閑山 風土 200203
鳴龍の雲湧き立つや冬の雷 字津木友和 酸漿 200203
冬雷の落ちてきさうで眠られず 阿部子峡 200204
冬の雷豚の半身が吊されて 斉藤和江 帆船 200301
紅志野にすすりだまりや冬の雷 神蔵器 風土 200301
地震と紛ひ真夜を轟く冬の雷 久保晴子 雨月 200302
闇空を藍色に変へ冬の雷 鎌倉喜久恵 あを 200303
わが心にとどめ刺すごと冬の雷 千坂美津恵 200305
貝殻に秘密の日付冬の雷 小山徳夫 小春の山河 200401
高階に一喝さるる冬の雷 伊藤白潮 200401
冬の雷昨日と違ふ海の色 北嶋薫 築港 200402
冬の雷手に余る鮒釣り上げし 諸橋廣子 対岸 200402
密約のやうに一轟冬の雷 高橋道子 200403
冬の雷風の六波羅蜜寺かな 石脇みはる 200403
打楽器の一打と思ふ冬の雷 辻川錫子 築港 200404
かはたれの時を揺るがし冬の雷 井之口貢久 対岸 200404
トランペット奏者上向く冬の雷 木村みかん 200404
真夜中のワン切り電話冬の雷 楯野裕子 200405
冬の雷妻入院の一日終ふ 相馬計太 帆船 200502
緩みたる闇のスクラム冬の雷 近藤喜子 200503
冬の雷一気に比良峯走りけり 永井雪狼 200503
冬眠の蛇を目覚ます雷とどく 神蔵器 風土 200505
冬の雷直下に荒るる海のあり 笹倉さえみ 雨月 200603
夕餉時話途切れし冬の雷 河野政恵 酸漿 200603
冬の雷とどろく森の深さかな 三反田輝夫 河鹿 200603
脳天に炸裂冬の雷一つ 椋本一子 雨月 200603
冬の雷能登の怒濤の鎮まらず 笹倉さえみ 雨月 200603
息災と子への便りや冬の雷 石堂絹子 河鹿 200604
縄文の湖驚かす冬の雷 山本みゆき 万象 200604
つぶやきがいつしか冬の雷となり 高橋将夫 200604
流木の打ち上げられて冬の雷 市川伊團次 六花 200604
冬雷の祝砲ほどが朝まだき 伊藤白潮 200612
こぼれゆく月日や遠き冬の雷 藤井昌治 200702
舳綱投げし刹那の冬の雷 遠藤真砂明 200702
白河の関訪ふ冬の雨と雷 森高武 風土 200702
冬の雷に灯明の穂の揺れてをり 藤野智弘 200702
冬の雷それきり山の眠りつぐ 渡邉友七 あを 200703
風紋の砂丘が蒼し冬の雷 佐久間由子 200704
海人が子の像一閃の冬の雷 高久清美 200802
憲法論一蹴したる冬の雷 吉田裕志 200804
眠り猫の目覚め促がす冬の雷 金山藤之助 200805
真筆の南無阿弥陀仏冬の雷 門伝史会 風土 200902
子猫にもたてがみのあり冬の雷 浅田光代 風土 200902
冬の雷空の厩舎を叩きたる 杉浦典子 火星 200903
冬雷や解きては長き男帯 小澤克己 遠嶺 200903
大いなる誤謬のやうに冬の雷 高橋道子 200904
運命(さだめ)とはかくのごときか冬の雷 山田富朗 遠嶺 200904
ひと息に大扉を開く冬の雷 狭川青史 馬醉木 201001
電波時計狂ふ一瞬冬の雷 塩路五郎 201001
いく度か恋いく度か冬の雷 高橋将夫 201003
知恵の輪の抜けし一瞬冬の雷 片山博介 春燈 201004
団欒のリビング揺する冬の雷 田中敬 201004
冬の雷正しき言葉剣となり 陶山泰子 ぐろっけ 201005
汝の笑顔冬の雷にぞ奪はれし 大橋敦子 雨月 201101
家中の機器点滅す冬の雷 吉田政江 201102
冬の雷玄武の神の背後より 丸井巴水 京鹿子 201103
転がりて空を余して冬の雷 根岸善行 風土 201103
出しぬけに芦ノ湖打つて冬の雷 鈴木とおる 風土 201104
黒雲の覆ふ稜線冬の雷 増田一代 201201
父母の耄見詰めおり冬の雷 あかさか鷹乃 ろんど 201202
軍事基地市街只中冬の雷 伊舎堂根自子 万象 201203
冬の雷古事記の夜もかく鳴るや 上辻蒼人 風土 201204
俳句帖埋らぬ儘に冬の雷 足利ロ子 ぐろっけ 201302
まどろみの中に落ちたる冬の雷 柳橋繁子 201402
冬の雷豪雨伴ひ一暴れ 久保晴子 雨月 201403
年金の通知デジタル冬の雷 鎌田悟朗 ろんど 201403
冬の雷いかつき顔の伎楽面 倉谷紫龍 万象 201404
ジェット機音この冬いまだ雷聞かず 小川玉泉 末黒野 201404
冬の雷壁画の山に罅入る 佐瀬晶子 ろんど 201503
棺に寝るごとき養生冬の雷 柴田佐知子 201503
鈍り勝ちの五感呼びさます冬の雷 陳妹蓉 春燈 201503
二年ぶりのともだち綺麗冬の雷 はしもと風里 船団 201505
冬の雷又も腰痛呼び起し 藤波松山 京鹿子 201506
人待ちの伏見船宿冬の雷 南北佳昭 船団 201508
遠島の日暮(ひくろ)うなつて冬の雷 山田六甲 六花 201512
見下ろせる冬田へ雷神こけ落ちぬ 山田六甲 六花 201512
ミステリーの謎解き佳境冬の雷 川崎真樹子 春燈 201602
パトカーのサイレン近し冬の雷 庄司久美子 201703
うたかたの夢を切り裂き冬の雷 宮本俊子 雨月 201703
難民の声かもしれぬ冬の雷 高橋将夫 201804
冬の雷心斎橋の広東語 平井奇散人 船団 201805
一瞬の小面の笑み冬の雷 中村房子 馬醉木 201805
紛争の種となる神冬の雷 藤田美耶子 201805
あやかしの付きし流木冬の雷 深川淑枝 201806
副葬の馬具めざめさす冬の雷 深川淑枝 201806
竜の絵の映る井水や冬の雷 井上和子 201806
冬の雷ホワイトソースなめらかに はしもと風里 201901
冬の雷分別顔のひとくさり 鈴鹿呂仁 京鹿子 201902
十二月八日の記憶冬の雷 中川源北 201905
冬の雷シースルーのエレベーター 井上菜摘子 京鹿子 202001
冬の雷かわいい婆さんなんていや たかはしすなお 202003
冬の雷体が意志を先走る 中西厚子 202104
顔を見て言葉を選ぶ冬の雷 高倉和子 202104
深淵の闇に身を研ぐ冬の雷 澤田英紀 202201

 

2022年1月31日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。