冬の蚊       28句

冬空へ出てはつきりと蚊のかたち    岸本尚毅

作品
作者
掲載誌
掲載年月
ここまで生きて風呂場で冬の蚊を掴む 金子兜太 海程 199906
冬の蚊のこゑの半ばはレクイエム 緒方敬 200003
冬の蚊のそよろに看取る冬の蠅 柿原からす 船団 200009
冬の蚊のしみじみ耳のうしろかな 宮原みさを 花月亭 200208
極道の血を冬の蚊に分けてやろ 伊藤白潮 200312
山国の冬蚊飛び込む湯壺かな 有島夛美 河鹿 200403
冬の蚊や呻吟狂句にも如かず 山元志津香 八千草 200406
冬の蚊のしつかり刺すを見届くる 伊藤白潮 200412
冬の蚊と争ふ車内老紳士 北圃愛子 帆船 200503
葬送のあとや冬の蚊打たずおく 次井義泰 200504
影よりも淡き冬蚊に刺されけり 伊藤白潮 200701
冬の蚊の耳朶をかすめる思ひかな 中野京子 200702
冬の蚊は錆びつく針で刺しにくる 金井充 百日紅 200711
冬蚊鳴く耳にとどまる世の憂ひ 仁平則子 200802
冬の蚊のよぎる若冲花丸図 生田恵美子 風土 200803
人の世に長居をしたる冬蚊かな 高橋将夫 200803
冬の蚊といふものありてとんでをり 早崎泰江 あを 200804
冬の蚊のとどめを刺してやりにけり 近藤倫子 ぐろっけ 200903
すがりつく冬の蚊あへて叩くまじ 市川玲子 春燈 201001
打ち損じし冬の蚊病室出でゆけり 大橋敦子 雨月 201003
病床の冬の蚊を打ち損じけり 大橋敦子 雨月 201003
冬の蚊の老人力か打たれざる 北尾章郎 201202
冬の蚊に御仏の手のぬくみかな 高橋将夫 201203
冬晴れは寂しくもあり蛇も蚊も神社 黒澤登美枝 201204
冬の蚊やショートステイの時流れ 有本惠美子 ろんど 201402
冬の蚊の埃のごとく下りてきし 三屋英俊 万象 201503
冬蚊吐く壺屋村井の古ポンプ 比嘉半升 万象 201504
冬の蚊のなかなか外へ出たがらず 秋千晴 202007

 

2021年1月12日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。