冬柏・枯柏     28句

顔寄せて馬が暮れをり枯柏   臼田亜浪

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
冬柏空を傷めてをりにけり 大和田鏡子 俳句通信 200001  
三門の影のかぶさる枯柏 三代川次郎 俳句通信 200102  
一枚となり鳴りにける枯柏 伊藤多恵子 火星 200102  
軒深し時折落つる冬柏 鳴海清美 遊び蔓 200105  
考ふる容誰も似て冬柏 木内憲子 200202  
冬柏散る構へして鳴りゐたり 鈴木夢亭 春耕 200202  
入道崎轟轟と鳴る枯柏 松崎鉄之介 200402  
磨かれしガラスの歪み冬柏 高田令子 200403  
燭揺れて禊場に鳴る冬柏 渡辺周子 雲の峰 200403  
冬柏巡礼古道風鳴つて 前田陶代子 200404  
師の一語胸に谺す冬柏 環順子 遠嶺 200505  
枯柏の曲屋飾るおしら様 雑賀淑江 200702  
冬柏風に応ふる葉音あり 菊池由惠 酸漿 200703  
冬柏雨音ときに昴りぬ 山田禮子 遠嶺 201002  
諦念のこれぞ風格枯柏 川上久美 ろんど 201005  
冬柏大名茶室の裏手かな 高村俊子 万象 201106  
雨を呼ぶ岬の地蔵冬柏 岸川素粒子 万象 201204  
いにしへは姫が神々冬柏 鳳蛮華 201305  
はなやぎて二月の雨の枯柏 瀧春一 花石榴 201312  
枯柏だまされやすきは父ゆづり 佐藤喜孝 あを 201502  
枯柏どこまでも空青かりき 加藤みき 201503  
つぎつぎに風育てゐし冬柏 森田尚宏 201504  
残り月瓦の紋と枯柏 眞田忠雄 やぶれ傘 201504  
移ろへる世に遠くをり枯柏 萩庭一幹 馬醉木 201505  
冬柏老い諾へば生き易し コ田千鶴子 馬醉木 201602  
すっぽりと黄金の鎧冬柏 赤座典子 あを 201701  
学寮とおぼしぎ構へ冬柏 高橋道子 201703  
ハンカチもティッシュもないの枯柏 佐藤喜孝 あを 201902  

 

2020年11月19日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。