富士登山     30句 (富士詣・富士行者・富士講)

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
杖ついて見上げるばかり富士詣 吉岡世志子 船団 199906  
富士消して闇に登山の灯を置きし 稲畑汀子 ホトトギス 200107  
天空に指紋を残す富士登山 鶴濱節子 船団 200202  
富士山を汚なしといふ登山帽 小田元 六花 200207  
暗やみの灯をめざしゆく富士登山 原田千寿子 雲の峰 200309  
富士登山して富士山を見ざりけり 小池星児 ホトトギス 200311  
二十世紀納めの登山富士讃ふ 橘澄男 「山景」 200408  
山開明日てふ富士に灯の点る 稲畑汀子 ホトトギス 200507  
山開せし富士惜みつつ帰路に 稲畑汀子 ホトトギス 200507  
青空をひろげし富士の山開き 吉澤利治 遠嶺 200510  
富士登山足の重たき夫婦づれ 八木紀子 ぐろっけ 200512  
射的屋のをとりの子かな富士詣 鈴木榮子 春燈 200609  
土砂降りを大股で来る富士行者 山崎祐子 万象 200610  
空青く富士赤く山開かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200707  
山開き富士も正座を解きにけり 千田百里 200709  
富士登山手のひらほどに湖見ゆる 大西八洲雄 万象 200711  
富士講の火伏祭の白装束 芦澤一醒 200712  
霧籠めの富士を祓ひて山開 神田美穂子 万象 200807  
初詣富士にどんどん近づけり 神田美穂子 万象 200807  
山開きかつて攀じりし富士八合 岡野ひろ子 200809  
富士の山開と俯瞰空の旅 稲畑汀子 ホトトギス 200907  
富士山頂雪七尺の山開 山口まつを 雨月 200910  
生涯で一度の登山富士の山 藤見佳楠子 201209  
仰ぎ見て続く急峻富士登山 吉田博行 かさね 201210  
富士登山湧き立つ雲の下にみゆ 吉田博行 かさね 201210  
石鎚山も世界の富士も山開き 伊藤マサ子 ぐろっけ 201310  
富士講とともに高きに登りけり 広渡敬雄 201310  
見るだけで心足る富士山開 米澤江都子 ホトトギス 201311  
噴火する噂ちらほら富士詣 稲畑廣太郎 ホトトギス 201407  
チンドン屋ピアノ初戀富士登山 佐藤喜孝 あを 201506 為残せしこと

 

2020年7月22日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。