海 鞘     45句

海鞘の出て食はず嫌ひを通しけり   東海林幸次

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
昼闌けし海鞘波の中るるるるる 岡井省二 199806  
海鞘食ひて一座の女性みな笑顔 松崎鉄之介 200008  
海鞘捌く酔ひたる耳を赤くして 白瀬露石 春耕 200010  
大籠を二人で運ぶ安値海鞘 渡辺美知子 200107  
浜祭バケツに海鞘を詰め放題 渡辺美知子 200107  
勢ひよく汁を吐かせて海鞘捌く 渡辺美知子 200107  
エプロンを染めて飛び散る海鞘の腸 渡辺美知子 200107  
海鞘食ひて市場帰りの駅遠し 松崎鉄之介 200108  
女川の海鞘と云はれて買ひにけり 松崎鉄之介 200108  
海鞘裂くに汐飛んで来る靴の先 松崎鉄之介 200108  
いただきし海鞘分けにみなよろこばれ 松崎鉄之介 200108  
海鞘を剥く温顔の師と隣りけり 中山砂光子 200109  
海鞘噛みしあとの口中すつきりと 中山砂光子 200109  
みちのくの回転鮨に海鞘ありぬ 望月ひろゆき 200210  
海鞘食ひし口中海の涼しさみつ 北原東洋男 200308  
海鞘裂きし日より三日を山の雨 北原東洋男 200308  
海鞘を裂く汐吹く音に海を恋ふ 北原東洋男 200308  
海鞘食うて馴染み海鞘食ふ別れかな 西村純一 雲の峰 200309  
給ひたる海鞘に一本所望せり 橋本梢明 200310  
土佐育ちなじめぬ陸奥の海鞘料理 西村梼子 ぐろっけ 200310  
取捨に及ばず品書の海鞘に決む 伊藤白潮 200407  
喉越しに潮の暗さ海鞘膾 高崎武義 200503  
海鞘食ふや構へてこともなかりける 水野恒彦 200508  
海鞘食べてみよと再び唆かす 齋藤厚子 200608  
海鞘むけば海峡の水溢れ出づ 中出敦子 200608  
潮の香を俎上に満たし海鞘を剥ぐ 安田とし子 ぐろっけ 200609  
海鞘指して植物かしらと若き妻 福田雅子 万象 200711  
海鞘食べて夕日の色の濃かりけり 齊藤實 200810  
海鞘の疣ひくり笑うてうられけり 池端英子 ろんど 201009  
海鞘食べてすとんと胸の痞消ゆ 松本圭司 201011  
水を吐く海鞘みちのくの息づかひ 延広禎一 201011  
鮮やかな海鞘のししむら秋彼岸 瀬川公馨 201101  
海鞘食ふて時のゆくまま過ぎゆくまま 水野恒彦 201109  
海鞘を食ふ競り合ふ妻と我の箸 荻龍雲 201410  
啄木を偲べば海鞘のほろ苦し 森岡正作 201508  
鎮魂の海甦り海鞘小鉢 板谷俊武 末黒野 201509  
海鞘食つて二百浬の波頭 高島正比古 京鹿子 201511  
女子会や海鞘食べながら死後のこと 近藤紀子 201608  
海鞘食んで仲間意識を確かむる 七田文子 201609  
明日は明日雨降る夜は海鞘を食べ 大日向幸江 あを 201609  
海鞘を割く母に手練の出刃捌き 山口誠 馬醉木 201610  
海鞘漁る陸奥の荒磯や凪久し 山口誠 馬酔木 201611  
三陸の海の重さの海鞘を裂く 宇都宮敦子 201710  
島宿の蜑の誇りの海鞘の鍋 和田照海 京鹿子 201805  
海鞘すすり鯨鍋食う蕪村旅 甲斐いちびん 船団 201906  

 

2019年8月9日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。