帆立貝    12句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
帆立貝食したる殻に左右かな 山本英津子 199911  
帆立貝抗ふ力侮れず 村瀬初実 春耕 200207  
行きずりの帆立貝焼く香に招び込まる 石田章子 200311  
帆立貝波に乗る時口ひらく 吉中愛子 万象 200505  
帆立貝の活きゐる証刃を噛めり 菅沢陽子 春燈 200509  
帆立貝触るれば閉づるはやさかな 増田幸子 万象 200709  
帆立ソテー店主一人に客一人 鈴木榮子 春燈 200710  
金星や海嶺越ゆる帆立貝 延広禎一 200711  
帆立貝丸ごとぽんと輪つぱ飯 山本耀子 火星 201011  
帆立貝七輪の火は網にまで 天野美登里 やぶれ傘 201012  
帆立貝唇汚し喰ひし日も 木村茂登子 あを 201106  
フレンチや雲丹を包める帆立貝 赤座典子 あを 201904  

 

2020年5月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。