星 鴉   11句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
熔岩みちの風にあらがふ星鴉 斉藤やす子 春耕 200107  
這松の実こぼして翔てり星鴉 藤村美津子 春耕 200109  
霧切れて山小舎近し星鴉 伊藤いな栄 酸漿 200210  
星鴉雷鳥もゐて赤石岳 須賀敏子 あを 200210  
椴松の高枝移りに星鴉 石田章子 200311  
星鴉たつななかまど紅そめし 小林碧郎 馬醉木 200311  
星鴉飛び立ち消ゆる霧の中 青木政江 酸漿 200512  
切戸きれっとにコッヘル広ぐ星鴉 松澤秀昭 200610  
湿原やだんまりを決め星鴉 西山美枝子 酸漿 200709  
星鴉しづかに椴をとびたちぬ 佐藤恭子 あを 200712  
米栂をとびこし遥か星鴉 佐藤恭子 あを 200712  

 

2019年5月10日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。