日覆・日除    86句

田の人の日除になるや雲のみね   小林一茶

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
日覆を下ろし深海魚のやうに 山田弘子 春節 199503  
日除して神の礎石の一鍬を 板谷純子 ホトトギス 199810  
一雨後のひろびろと張る秋日除 野路斉子 199901  
日除して隣の音を聞くばかり 稲畑汀子 ホトトギス 199907  
日除巻き上げて一日終りけり 稲畑汀子 ホトトギス 199907  
傾きし日に巻き上げし日除かな 稲畑汀子 ホトトギス 199907  
惣菜屋横丁日除もつれ合ひ 野路斉子 199909  
夕風を孕みて日除巻き取られ 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
船宿の日除はづさぬまま冬へ 高橋さえ子 200002  
傘をもて魚籠の日除としたりける 桑田真佐子 200008  
日覆を流れてをりぬ昼の雨 真保喜代子 200012  
日除帽取れば突然若かりし 後藤立夫 ホトトギス 200012  
雲現れて日除となりぬ砂漠往く 嶋田摩耶子 ホトトギス 200103  
ジュネといふ渚通りの日覆店 能村登四郎 200108  
鉢棚の日除けを風が巻きあぐる 木野本加寿江 火星 200110  
森へ向くみどりの日除け珈琲館 萩谷幸子 雨月 200110  
日覆をはみ出す数の花の鉢 津田経子 火星 200111  
日覆の下のらくろの微笑めり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200207  
結局は日除の下にばかり居て 稲畑廣太郎 ホトトギス 200207  
日除取り払はれて下町広し 稲畑廣太郎 ホトトギス 200208  
日覆を巻き戻しあり駐在所 今村恵子 200210  
日除して手焼せんべい江戸育ち 吉田久子 200210 本郷団子坂
縞日除ここの茶房の水旨き 岡本眸 200211  
池の面へ扇日覆の接写かな 能村研三 200309  
紅茶濃し日覆朱きカフェテラス 佐々木幸 200309  
日除けして骨董市の始まれり 高倉和子 200310  
日除張る女宮司の水天宮 山崎桂 帆船 200310  
尾道の日除巧みや坂住まひ 伊藤稔代 200311  
するすると日除け広げて葛粉売る 関根洋子 風土 200407  
日除け深くししむら紅き精肉店 淵脇護 河鹿 200408  
日除けして乳母車の子指しゃぶる 津田霧笛 ぐろっけ 200409  
新聞紙二枚で日除け操縦席 角谷美恵子 ぐろっけ 200409  
草刈女背に日除けの柴挿せり 海野勲 万象 200411  
日覆捲く坂段市場人気なし 能村研三 200508  
大日除腰骨高き人ら群れ 山本浪子 風土 200509  
ワゴンセール同じ柄なる縞日除 山部淑子 200509  
三房ほど生りし日除の葡萄棚 竹内弘子 あを 200511  
大日除下りてロビーの午後となる 稲畑汀子 ホトトギス 200605  
日覆のなかにわたしの子を置きぬ 辻美奈子 200609  
庇てふ日除の幅をさびしがる 齊藤實 200609  
申しわけほどの日覆海に向き 高橋道子 200611  
鍔の広さをもてあまし日除帽 足立幸信 200611  
にとべ葛日除となりし診療所 伊舎堂根自子 万象 200611  
紗の日除風景夢のよに溶かす 宮津昭彦 200611  
林間に物売るための春日除 野路斉子 200705  
鉢に鉢沈め目高の日除けとす KOKIA 六花 200709  
日除深くし荒物屋残りけり 高木嘉久 200710  
子規の忌来日除の棚の深みより 横田初美 春燈 200711  
美容室日除の下の茄子の花 田中藤穂 あを 200809  
日覆やお客一人の青果店 木暮剛平 万象 200810  
日除けして潜むが如くソファー上 唐鎌光太郎 ぐろっけ 200810  
日覆のうしろもつとも暗きかな 川口崇子 万象 200812  
日覆を深く銀座の時計商 鷹羽狩行 200907  
託児所の日除ふうせんかづらかな 平照子 酸漿 200909  
日覆ひを張る釣り船の碇綱 渡邊孝彦 やぶれ傘 200912  
日除にと植ゑしゴーヤー実りけり 立川タカ子 酸奬 201012  
庭椅子に日除一枚ととのへり 稲畑汀子 ホトトギス 201107  
来る夏の日除けの苗を選びをり 本島むつみ ろんど 201107  
省エネの日除けのゴーヤ花盛り 藤見佳楠子 201109  
節電のゴーヤの日除黄花つけ 木村茂登子 あを 201109  
煙草屋の色の褪せたる日除けかな 瀬島洒望 やぶれ傘 201201  
日覆のきしみて出で来霜日和 垣岡暎子 火星 201203  
日除上げ俯瞰の景を楽しみぬ 稻畑汀子 ホトトギス 201207  
巻き上げし日除に夕べ来てをりぬ 稻畑汀子 ホトトギス 201207  
バスに乗り少年すぐに日除とる 細野恵久 ぐろっけ 201207  
天窓に印度更紗の日除かな 平居澪子 六花 201209  
日々伸びる日除けのゴーヤー窓隠す 池田光子 201210  
仏蘭西語日覆の前をすぎてきゝぬ 水原秋櫻子 馬醉木 201307 『秋苑』
日覆に地野菜並べ峡の駅 伊東和子 201311  
よろづ屋の日覆深く峡の町 松田明子 201311  
丸ビルといふ日覆の下を行く 稲畑廣太郎 ホトトギス 201405  
日除して江戸の四百年の店 稲畑廣太郎 ホトトギス 201405  
川沿ひの縞の日除けのカフェオレ 青谷小枝 やぶれ傘 201507  
絡まりし網を日除に診療所 吉田葎 201607  
句座に着く日除片陰使ひ切り 稲畑廣太郎 ホトトギス 201608  
店主出て伸ばす日除けや青物屋 青谷小枝 やぶれ傘 201608  
一本のヒマラヤ杉を日覆に 山本久江 201609  
花舗に立つ背へするすると日覆伸ぶ 田中臥石 末黒野 201609  
復興の道のり遠し墓に日除 東秋茄子 京鹿子 201610  
山の寺日除けにゴーヤ這はせたる 福島せいぎ 万象 201611  
崖下の蕎麦屋日除を深くせり 高田令子 201708  
駄菓子屋の日除に鉄の骨見えて 大崎紀夫 やぶれ傘 201708  
古書市の日除けの傘に入りにけり 瀬島酒望 やぶれ傘 201708  
日除けして元祖豚饅頭の皮 辻水音 201809  

 

2019年7月28日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。