39句

杖の先洗へば泳ぐ蛭二匹     高浜虚子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
蛭田一枚晝月しかたなく映る 中原道夫 銀化 199908  
蛭のごと雨の新宿流れおり 山内崇弘 海程 199911  
一山が蛭の住みかや国ざかい 石川義倫 海程 200005  
唇を吸ふちから蛭より習ふべく 中原道夫 銀化 200007  
落ちるとはかくも負ひ目や蛭泳ぐ 和田照海 京鹿子 200107  
蛭泳ぐ田水に足を入れにけり 石脇みはる 200108  
蛭泳ぐ扁平の身をひき伸ばし 澤本三乗 200111  
水たたむごとく岸まで蛭泳ぐ 工藤ミネ子 風土 200208  
咥まれゐる蛭を手軽に取る媼 本郷桂子 円虹 200211  
蛭泳ぐ池のあるなり鑑真忌 藤田あけ烏 草の花 200406  
蛭などを飼へり悪さをするでなし 伊藤白潮 200408  
花折峠を越え山蛭に取り付かる 堀田恵美子 雨月 200409  
石をもて叩けど蛭の怯まざる 植竹美代子 雨月 200409  
鮒の血を吸ひゐて蛭の伸び縮み 園部蕗郷 春燈 200410  
蛭落つるガレ場を水のはじめかな 藤田あけ烏 草の花 200410  
新鮮な血が欲しと蛭田を泳ぐ 酒本八重 里着 200506  
山蛭のゐるてふ橋を渡りけり 大東由美子 火星 200510  
松風や蛭はもとより行者道 高橋澄子 200510  
蛭の山抜けきしうしろめたさかも 高橋澄子 200510  
農水路の溝を浚ふに蛭泳ぐ 影島智子 200608  
熱帯林頭にぱらぱらと太き蛭 吉原田鶴子 万象 200803  
挑みくる構へや三分ほどの蛭 吉原田鶴子 万象 200803  
蛭といえばははそは母の田股引 伊藤白潮 200806  
天空へ伸びて伸びてや山蛭よ 加藤みき 200809  
靴脱げばポロリと落ちし血吸蛭 須賀敏子 あを 200810  
山蛭となり降つて来る隣国ぞ 松平菩提子 京鹿子 200812  
蛭泳ぐ田水にごりしところなく 大崎紀夫 やぶれ傘 200909  
蛭殺す杖の丈押し縮めつつ 呉文宗 春燈 200910  
百姓のむかしは蛭に血を頒つ 久津見風牛 201007  
遠き日の雨季の転進蛭の跳ぶ 有田蟻太 201009 ビルマ戦線
山蛭に高脂血症移しけり 荒井和昭 201110  
蛭除けの塩をすり込み入山す 佐藤和子 万象 201110  
石積の本城跡や蛭の紐 山口キミコ 201209  
山蛭や人を餌食と思ふなよ 山崎里美 201209  
蛭泳ぐ平家の縁起ここにしも 和田照海 京鹿子 201312  
山蛭の棲むとも知らず分け入れり 須賀敏子 あを 201410  
裔の血を向後は吸はず平家蛭 和田照海 京鹿子 201707  
裔の里魚みな痩せて蛭の水 和田照海 京鹿子 201707  
憂きわれと蛭にひるすぎのゆらぎ 津波古江津 船団 201805  

 

2018年6月18日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。