平 茸     2句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
平茸といひ座蒲団にしたきほど 伊藤白潮 200301  
平茸のこも開けしとき眼の踊る 安永圭子 風土 200302  

 

2019年10月16日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。