55句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
上ばかり見ていて飽かぬ寒鮃 柿原金米 船団 199811  
ひらめ飼ふ月の水声村ねむる 矢三かつよ 馬醉木 199902  
口に運ぶ秋の平目と秋の空気 東莎逍 船団 199912  
頭蓋骨を上から見たら鮃かな 岡井省二 200001  
昆布じめや中の鮃と白山と 岡井省二 200003  
息白く手釣打ち込む大鮃 塙三千男 馬醉木 200004  
平たくて割に重たく鮃かな 仲村菜花 200004  
わたつうみ鮃の縁側まで暮れし 高橋将夫 200004  
目を病んで鮃屋敷でねていたり 徳才子青良 海程 200005  
初夢のたひやひらめのなかに覚め 鷹羽狩行 200102  
空襲の伏せのかたちに鮃ゐる 田中芳夫 200104  
春寒し生簀の鮃動かざり 岸恒雄 春耕 200104  
大鮃寄り眼かなしく糶られけり 益本三知子 馬醉木 200105  
夕映に男に還る鮃かな 岡井省二 200111  
絶景という平目の重さであります 森あみ子 船団 200112  
天の縁側春立ちし鮃かな 岡井省二 200201  
水槽に沈む鮃や烏帰る 谷村幸子 200205  
寒鮃三和土に跳ねて耀糶られけり 田崎ひろこ 春耕 200205  
ハンチング鮃とならん海へ翔び 坂井法 200303  
水槽の鮃は春の海を見ず 早崎泰江 あを 200304  
意味なく嗤ふ鮃一枚上ワ手 中原道夫 銀化 200305  
夏料理なりし平目のえんがはも 粟津松彩子 ホトトギス 200309  
誰彼に鮃ひらひら釣自慢 石橋萬里 ぐろっけ 200401  
八の字の翁眉なり寒鱒鮃 近藤きくえ 200402  
どこまでが白き顔なる鮃かな 中野京子 200404  
跳ねあがる鮃一ツ目小僧かな 延広禎一 200502  
引く波を叩く波あり鮃釣 永田二三子 酸漿 200503  
立春大吉鮃のえんがわなりしかな 石脇みはる 200504  
糶桶をはみ出してをり鮃の尾 石川敬子 対岸 200505  
水槽に春の風ありひらめの子 寺門丈明 あをかき 200506  
わたつうみ鮃の縁側まで暮れし 高橋将夫 星の渦 200507  
暁光の海が散らすは鮃舟 阿部ひろし 酸漿 200601  
暁闇の底に早くも鮃舟 阿部ひろし 酸漿 200601  
旭日のまへを過れり鮃舟 阿部ひろし 酸漿 200601  
雪霏々と鮃は砂にもぐりけり 定梶じょう あを 200603  
寒鮃の縁側夫と真半分 新倉舒子 200702  
白抜きのひらめとありぬ釣りニュース 松崎鉄之介 200702  
順番にうごく縁側大鮃 加藤みき 200703  
難しき貌の鮃は裏返す 山元志津香 八千草 200703  
夏料理鮃の骨の美しく 山下青坡 200707  
天井にたひやひらめや走馬灯 鷹羽狩行 200709  
秋曇鮃鰈の裏表 赤座典子 あを 200712  
昼網の鮃のはねる魚棚 牧悦子 200803  
鮃にこにことことはのわたつうみ 高橋将夫 200803  
ムニエルの鮃とワイン夜の更くる 和田崎増美 雨月 200804  
ずつしりと座布団めけり大鮃 鈴木ひろ子 200805  
沈みゐる孕み鮃を見てをりぬ 久津見風牛 200912  
留守たのむ夫に煮凝鱏ひらめ 佐藤美紀 ろんど 201004  
白南風やひらめのやうに行く女 大坪景章 万象 201010  
鮃糶るこぼれ魚は海へ掃き 松井志津子 201302  
店先の鮃に観らるわが鮮度 石田きよし 201303  
糶売りの腹を見せたる寒鮃 鎌田光恵 201604  
白南風やひらめのやうに行く女 大坪景章 椿垣 201612  
大寒の五枚おろしの平目かな 田尻勝子 六花 201702  
練り切りの鯛に平目や雛祭 栗山みどり 201705  

 

2018年11月27日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。