比良八講       11句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
襟立つる比良八講の荒れ仕舞ひ 北村香朗 京鹿子 200307  
比良八講終ふれば春の来る近江 大堀鶴侶 雨月 200405  
講釈をいっぱい聞いて比良八講 小田元 六花 200505  
比良八講御練の座主の杖確と 宮崎正 ホトトギス 200508  
比良八講吹き戻さるる紙塔婆 浅田光代 風土 200711  
比良八講護摩火ねぢれて湖へ 浅田光代 風土 200711  
比良八講阿闍梨つむりを撫でくるる 浅田光代 風土 200711  
比良八講まづ法水が乗船す 浅田光代 風土 200711  
比良八講修す法螺の音波を這ふ 小澤菜美 201306  
比良八講荒るるほど無き荒れ終ひ 小澤菜美 201406  
鳰の海比良八講が荒れ終ひ 竹村淳ー 201707  

 

2020年3月25日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。