火消壺  26句 〔含他季〕

日輪の舞ひたはむるゝ黄落樹    西島麦南

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
火消壺で甘藷焼きしこと一葉忌 金升富美子 199902  
寒紅や消壺の灰まみれなる 竹内悦子 199904  
大根干し消壺いまもあるくらし 武政礼子 雨月 200101  
火消壺詠まれしことの昔知る 宮津昭彦 200204  
六月の豪商の家の火消壺 野澤あき 火星 200209  
豊作や花器となりたる火消壺 神蔵器 風土 200411  
歳月の重み黒々火消壺 大串章 百鳥 200503  
木枯や母の月日の火消壺 中野あぐり 春燈 200505  
炉火焚いて母が離さぬ火消壺 淵脇護 河鹿 200605  
霜月や講の果てたる火消壺 中條睦子 万象 200702  
猫の寄る密教寺の火消壺 中田みなみ 200703  
やはらかき赤子の欠伸火消壺 林友次郎 遠嶺 200803  
陣痛が続く寒夜の火消壷 松田都青 京鹿子 200901  
叱られて消壺の炭のごと黙す 秋千晴 200902  
落葉舞ふ母のぬくみの火消壷 柴田朱美 京鹿子 200902  
消壷に消炭満てる神の留守 城孝子 火星 200902  
残りたる燠消壺へ囲炉裏端 横川泰子 酸漿 201001  
本陣の厨に眠る火消壺 清水美子 春燈 201102  
喉飴や明治の家に火消壷 西面和子 201103  
消壺と羽釜とメロンジュースかな 有本惠美子 ろんど 201111  
水仙や母の残せし火消壷 柴田朱美 京鹿子 201303  
老公寓(マンション)ペチカの陰に火消壺 品川鈴子 ぐろっけ 201312  
火消壺質素でありし若きころ 吉武千束 太古のこゑ 201411  
熾真つ赤五衛門風呂の火消壺 松岡和子 201502  
冬ざるる芭蕉生家の火消壺 伊藤ふみ 船団 201612  
焚初や蓋の重たき火消壺 内海良太 青嶺 201612  

 

2019年11月28日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。