旱 星        56句

団交のあとを残業旱星   亀井糸游   読本・歳時記

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
蛇・蝎・サザンクロスも旱星 鷹羽狩行 199908  
旱星睡眠薬をふやしけり 山田暢子 風土 199909  
バーボンは荒くれの酒旱星 牛田修嗣 200010  
仙人掌に声かけてをる旱星 岡井省二 200101  
あなぐまの諍ふ声や旱星 長田秋男 酸漿 200109  
赤々とまたたき出づる旱星 八木岡博江 酸漿 200109  
旱星赤し地震くる予感せり 三浦晴子 200110  
旱星雪花菜きらず妙りをるさ中なり 近藤きくえ 200110  
天心の旱星見て眠られず 植村よし子 雨月 200110  
旱星煌煌けもの臭き夜 能城檀 船団 200202  
旱星手術前夜の夫黙す 相沢有理子 風土 200210  
木を伐りし甘き匂や旱星 荒井千佐代 200210  
御陣乗の終の一打や旱星 山口順子 馬醉木 200211  
旱星水は暗渠を流れけり 石田阿畏子 馬醉木 200308  
旱星祈りの数は怒りし数 荒井千佐代 200312  
ぽろぽろと母を語りて旱星 鈴木とし子 遠嶺 200408  
山容に凹凸のなき旱星 中村恭子 200410  
開きし眼の次第に黒く旱星 今瀬剛一 対岸 200410  
椅子を得てしばらくきしむ旱星 岩上とし子 200411  
跳ね橋の上りたる先旱星 三枝邦光 ぐろっけ 200010  
地の果は立ちてゐる場所旱星 大高芭瑠子 炎夏 200507  
旱星聖水盤は海の石 荒井千佐代 200510  
パイプオルガンの残響や旱星 荒井千佐代 200610  
旱星緋の装束の王の舞 高村俊子 万象合同句集 200703  
旱星父の正座のひくかりし 城孝子 火星 200709  
塩漬けの豚の頭や旱星 荒井千佐代 200709 出島
土手に立つ句碑をあやせる旱星 小野寺節子 風土 200712  
縛りある屋台に増ゆる旱星 山尾玉藻 火星 200808  
旱星仰ぎ高鳴るフラメンコ 太田昌子 馬醉木 200809  
旱星トランペットを高く掲げ 浦川聡子 炎環 200809  
口ずさむ軍歌一節旱星 小川匠太郎 200908  
ガス燈の灯る馬車道旱星 天野明 200909  
まみどりの帚木に増ゆ旱星 山尾玉藻 火星 200909  
旱星唐三彩の駱駝こぶ 鳥居秀雄 200909  
眠られぬ真夜のパソコン旱星 高橋泰子 200910  
オートバイ吹かせ発進旱星 小林のり人 春燈 200911  
大仏の近くに寝ぬる旱星 山尾玉藻 火星 201008  
旱星流沙ながるる音聞こゆ 雨村敏子 201010  
旱星被爆遺壁のほとぼりに 木場田秀俊 201012  
胴太き被爆灯台旱星 荒井千佐代 201108  
谿間の電線たわむ旱星 坂口夫佐子 火星 201210  
祭壇の一気に成りし旱星 山尾玉藻 火星 201209  
よろめいて掴む虚空や旱星 山尾玉藻 火星 201209  
旱星水を盗みしみづの音 和田照海 京鹿子 201212  
内戦の地の幼らよ旱星 竹内弘子 あを 201302  
旱星創世記より争ふ地 吉田政江 201410  
鼻歌とすれ違ひたる旱星 藤田素子 火星 201410  
世継なき天守に立ちし旱星 前田美恵子 201809  
井戸水に砂まじりくる旱星 深川淑枝 201811  

 

2019年8月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。