櫨の実       28句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
実の枯れて飯桐なりや櫨なりや 大橋敦子 雨月 200002  
乾拭きの机に櫨の実を置いて 竹内悦子 200002  
別鴉南京櫨の実を啄む 松崎鉄之介 200003  
櫨の実の枯れて足垂る受難像 水原春郎 馬醉木 200104  
切支丹転びの寺に槙櫨の実 牧悦子 200201  
道たがへし我に櫨の実鳴りにけり 谷村幸子 200212  
櫨の実のからから空を鳴らしけり 木村公子 200302  
櫨の実を見せて商ふ和蝋燭 立脇操 春耕 200412  
櫨の実やからくり時計の回転す 植木戴子 200502  
櫨の実や谿ふところの水のこゑ 淵脇護 河鹿 200602  
かく冷えて南京黄櫨の実が白し 市場基巳 200604  
ぷちぷちと櫨の実踏みて往診す 岡有志 ぐろっけ 200801  
櫨の実を灯明として古刹かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200810  
他のこと考へてゐる槙櫨の実 緒方佳子 火星 201002  
冬枯の夏黄櫨黒き実を残す 田中喜久子 酸漿 201002  
櫨の実に触れたるかぶれかも知れぬ 稲畑汀子 ホトトギス 201010  
櫨木の実貸めがねにはビラ付いて 松本桂子 201012  
櫨の実や夕月細く光りそむ 村上絢子 馬醉木 201202  
本殿の斜めうしろの模櫨の実 野上杳 201212  
櫨の実や霧動きそめ湖の面 村上絢子 馬醉木 201302  
蒼天に櫨の実の艶病より 大空純子 ぐろっけ 201403  
図書館へ南京櫨の実を踏んで 松井季湖 201403  
櫨の実や仰げば淡き昼の月 中村ふく子 201502  
櫨の実のいよよ重たささうに揺れ 園部早智子 ろんど 201502  
櫨は実に色づくための風貯めて 能村研三 201511  
富士颪櫨の実あをく空に鳴る 島田万紀子 馬醉木 201801  
櫨の実の銀色を待ちてゐし 瀬川公馨 202001  
佳き日きょう南京櫨の実を踏んで 松井季湖 202003  

 

2020年10月22日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。