隼(長元坊)       73句

雪天を翔けすぎたるは隼か    高島茂

作品
作者
掲載誌
掲載年月
はやぶさへ好奇一代現役翁 渡辺純 京鹿子 199812
隼の一直線と言ふ自由 稲畑廣太郎 「廣太郎句集」 199912
隼や大観峰を指呼にして 稲畑廣太郎 「廣太郎句集」 199912
隼の形崩れし時獲物 稲畑廣太郎 「廣太郎句集」 199912
秋晴や隼あがる妙義山 関野喜代子 風土 200001
隼の交るカイロの空のあり 瀬川公馨 200107
長元坊見て来て熱き茶を啜る 福田町子 春耕 200111
黒点の隼となり掠めたる 佐々木踏青子 200112
隼や狩座広き幕府領 田中由喜子 馬醉木 200202
隼の田にかぶさりて捕へたる 佐野まさる 百鳥 200202
隼の鴉踏まへし畑の径 村瀬初実 春耕 200203
薬師寺の鐘巣籠りの隼に 皆川美恵子 春耕 200206
隼の白樺に口こすりをる 石脇みはる 200303
隼を放つ汐留副都心 斎藤和江 帆船 200412
餌合子を叩けど隼拗ねにけり 篠田純子 あを 200501
しくじりし隼群る鴉かな 篠田純子 あを 200501
隼のスイッチ変はる急降下 篠田純子 あを 200501
隼に追はる白鳩生き延びよ 篠田純子 あを 200501
冬ぬ<し長元坊は風を知る 鈴木實 百鳥 200503
隼や赤ら柏に飯盛つて 中島陽華 200601
潮さゐを断つて隼急降下 安藤しおん 200602
巣を落ちて籠に一夜の長元坊 川上美穂子 酸漿 200604
巣を落ちし長元坊の威厳かな 川上美穂子 酸漿 200604
巣を落ちし長元坊に人の垣 川上美穂子 酸漿 200604
高階に長元坊の雛の声 川上美穂子 酸漿 200604
忠臣の死して生かせし長元坊 吉田王里 風土 200605
隼と見し間に失せし急降下 稲畑汀子 ホトトギス 200711
隼の下降一燦翅たたみ 泉田秋硯 200802
電柱に長元坊のみじろがず 吉田明子 200802
隼の一山統べて大落暉 川口襄 遠嶺 200805
隼の降下一燦餌をさらふ 泉田秋硯 二重唱 200806
隼に竹百幹の秀の揃ふ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200811
青墨の点の滲みや長元坊 中田禎子 200903
太枝しずかに長元坊の佛陀かな 岡村一郎 200908
いつ崩るる長元坊の長き黙 岡村一郎 200908
動かざる長元坊見て喫飯す 岡村一郎 200908
隼の眼の虚空を見たるきびしさに 鈴木勢津子 樹間 200911
隼の真っ逆さまの二度三度 大橋淳一 雨月 201001
天空を蹴り隼の矢となりぬ 菅谷たけし 201004
隼の翔くる高嶺や火入れ窯 佐久間由子 201010
隼の高さで岬鼻に立つ 遠藤真砂明 201102
隼の急なる降下佐田岬 井口淳子 201102
はやぶさを観て数へ日の街を行く 松平菩提子 京鹿子 201103
寺の木に来し隼の長くゐず 大畑善昭 201104
餌を下げて隼ダム湖越えゆけり 奥山テル子 万象 201202
隼の空中ハント息を呑む 井口淳子 201202
長元坊現る朱々と弁天堂 荒木甫 201203
断崖の天裂いて来し隼よ 井上浩一郎 ホトトギス 201203
旋回のはやぶさに鎮もれる山河 長山あや ホトトギス 201203
胸張つて長元坊の売られをり 花田心作 201203
隼の翔つや日の出の荒磯崎 遠藤真砂明 201203
隼の直視眦裂けるほど 稲岡長 ホトトギス 201204
隼の速さ脳裏に描きみる 宮崎正 ホトトギス 201204
隼の眼尖りて飛び立てる 久保村淑子 万象 201204
隼に乗りし一途や若緑 木内徴子 万象 201207
精悍な隼の眼のつむりても 稲畑汀子 ホトトギス 201211
急降下隼何を見つけしや 稲畑汀子 ホトトギス 201211
隼の目の輝きの先に狩 稲畑汀子 ホトトギス 201211
湖の広さに狩の隼よ 稲畑汀子 ホトトギス 201211
この辺に居る隼と聞きしより 稲畑汀子 ホトトギス 201211
鷹かとも隼かとも失せにけり 稲畑汀子 ホトトギス 201511
隼に気がついてより目放せず 稲畑汀子 ホトトギス 201511
隼の動かざる目の空を射る 竹中一花 201802
身じろがぬ隼の目の気魂かな 前田美恵子 201802
空遠く海深く隼の視線 田丸千種 ホトトギス 201903
轟音か静寂か隼の空は 田丸千種 ホトトギス 201903
隼や眼の翳り見逃さず 田丸千種 ホトトギス 201903
隼の飛翔蒼天押し上げて 稲畑廣太郎 ホトトギス 201911
隼の贄となりゆく刹那かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201911
一樹より翔ち隼の空となる 稲畑汀子 ホトトギス 201911
隼の空入れ替る夕べかな 稲畑汀子 ホトトギス 201911
隼と分りしよりの存在に 稲畑汀子 ホトトギス 201911

 

2020年12月28日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。