鮠     42句

なまぐさし小水葱が上の鮠の腸    芭蕉

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
水に指浸せば散りぬ柳鮠 和田敏子 雨月 199905  
真新な空気の渓の柳鮠 小山徳夫 遠嶺 199907  
鮠の網打ちをり千曲川の風を背に 山崎羅春 春耕 200007  
水が飛沫になる瞬閉の柳鮠 森茉明 京鹿子 200207  
鮠寄せの巣棚作りよ朝ざくら 関正夫 酸漿 200208  
この村に鮠の川ある念佛かな 岡井省二 岡井省二句集 200312  
行きずりに鮠の匂ひの男かな 岡井省二 岡井省二句集 200312  
水の面に胸見せに来し柳鮠 長田秋男 酸漿 200405  
鮠釣るや瀬音の荒ぶ熊襲の地 淵脇護 河鹿 200406  
水草のさみどり切つて柳鮠 大坪景章 万象 200407  
雌追うて鮠の濁らすほとけ川 淵脇護 河鹿 200410  
鮠釣りの浮子に綿虫飛び交へり 松田富夫 万象 200503  
皿の鮠山葵の花をあしらへる 瀧春一 菜園 200509  
採氷池さざなみはしり鮠あそぶ 瀧春一 菜園 200509  
鮓旨し輪中生れの鮠をもて 味村志津子 雨月 200511  
春の雲鮠の流れのありにけり 竹内悦子 200606  
柳鮠蛇籠になづみはじめけり 水原秋櫻子 馬醉木 200702 『葛飾』
磨崖佛見るに鮠の瀬辿りけり 倉永弘子 200704  
淵に鮠土手にムスカリ志染川 勝野薫 ぐろっけ 200807  
水槽を真横に鮠の朱き腹 赤座典子 あをかき 200906  
野遊のはじめや鮠の水渡り 蘭定かず子 火星 201007  
鮠釣師寒さ厭はず竿を振る 難波篤直 201104  
反したる鱗光れり柳鮠 藤生昇三 六花 201105  
三歩とはあらぬせせらぎ柳鮠 小川玉泉 末黒野 201107  
足音に光の走り柳鮠 白石正躬 やぶれ傘 201108  
夢二疎水小石はふりし鮠棲まず 禰寝瓶史 京鹿子 201202  
鮠瀬づくこゝに典廐討たれける 水原秋櫻子 馬醉木 201204 『殉教』
川草の影揺らめきて柳鮠 清水量子 201206  
柳鮠己が透けゐる影をひき 村上留美子 火星 201207  
菜の花の影に集まる小鮠かな 佐藤喜仙 かさね 201306  
鮠釣師寒さ厭はず竿を振る 難波篤直 201404  
燕飛ぶ川へ釣竿鮠を追ふ 難波篤直 201404  
鮠の水の西へ流るる当麻みち 西田孝 ろんど 201406  
せせらぎに列をなしをり柳鮠 波多野孝枝 末黒野 201407  
流されてまた遡る鮠の稚魚 岡野里子 末黒野 201409  
水門の淀みにひかる柳鮠 白石正躬 やぶれ傘 201605  
婚姻色まだ残る鮠梅雨晴間 森清信子 末黒野 201610  
雪彦山の沢にさ走る柳鮠 升田ヤス子 六花 201708  
柳鮠川の流れに抗ひて 森幸 雨月 201806  
上流に向ひて群るる柳鮠 森幸 雨月 201806  
ふる里の橋は古り果て柳鮠 秋山信行 やぶれ傘 201807  
瀬の色に紛れ紛れず柳鮠 大橋敦子 雨月 201903 『勾玉』

 

2020年3月11日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。