初 笑 (笑初)    154句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
苦笑ひの顔を見合はせ初笑 細井隆子 199903
臑噛る子等戻り来て初笑い 堤節子 ぐろっけ 199904
たちまちに声集まりぬ初笑 稲畑汀子 ホトトギス 200001
初笑され初泣となりしこと 稲畑汀子 ホトトギス 200001
笑初何かいたづらしさうな目 稲畑汀子 ホトトギス 200001
障子から指が出てをり初笑 山田六甲 六花 200002
初笑い丑三つ時の和飲(ワイン)ラ・ラ 尾上有紀子 わがまま 200002
初笑ひ荻野アンナの私小説 大津留いほり 200003
初笑ひエと読むべきをヘと読みて 林翔 200102
吸ふ息の継げなき程に初笑ひ 篠田純子 あを 200102
しり取りのへの字に詰まり初笑ひ 吉川智子 200103
糸電話より初笑ひ貰ひけり 橋添やよひ 風土 200104
句の主が判りてどつと初笑ひ 山田六甲 六花 200202
ねんねこの襟よりあやす初笑 伊藤セキ 酸漿 200203
巫女溜り禰宜のまじりて初笑 小林照子 春耕 200203
初笑ひにテンポ遅れて笑はるる 託正夫 200204
小包の餅に小豆に初笑ひ 孝子・フォン・ツェルセン 円虹 200205
初笑屈託もなく生きてゐし 塩川雄三 潮路 200210
初笑ひ栓をせしまま酒を注ぎ 山田六甲 六花 200301
半分は泣いてゐるよな笑初 黒川悦子 円虹 200303
母の来て初泣きすぐに笑ひ初め 田所節子 200303
ちゃぶ台を囲みて五人初笑い 林裕美子 六花 200304
初笑右向け右で右を向き 佐藤喜孝 青寫眞 200304
第一手天元に置き初笑ひ 田中武彦 六花 200305
初わらび摘むには少し寸足らず 笠間圭子 京鹿子 200306
幼子の指は手品師初笑 宮坂恒子 200307
初笑稚もつられて声上げる 長谷川鮎 ぐろっけ 200401
初笑鴉にさきを越されけり 佐藤喜孝 あを 200403
天皇はややさびしげに初笑 堀内一郎 あを 200403
泣き笑ふみどり児囲む初笑ひ 庄野房女 築港 200403
冗費とも当然とも初わらび買ふ 及川貞 ぐろっけ 200403
初笑鼻が歪んでをりにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200501
孫までも同じ癖あり初笑ひ 寺門丈明 あを 200502
羅漢より誘はれ笑ひ初笑ひ 大畑善昭 200503
ひとり居の声なきこれが初笑ひ 中田みなみ 200503
初笑ひして幸せと思ひけり 丸山敏幸 200503
初笑光次々反射せり 寺門丈明 あを 200503
羅漢より誘はれ笑ひ初笑ひ 大畑善昭 200503
初笑ひ積木崩るるまで積んで 加古みちよ 火星 200504
木偶に息合はせ大夫の初笑 史あかり ぐろっけ 200504
一族の屈託もなき笑初 本城布沙女 雨月 200504
一言に全身ゆるめ初笑 橋本くに彦 ホトトギス 200505
相槌の言葉にならず初笑 橋本くに彦 ホトトギス 200505
全員を立ち止まらせて初笑 橋本くに彦 ホトトギス 200505
安心の大き膝なり初笑 堀口希望 200603
初笑ひなみだながしてわらひけり 岡田鉄 200603
初笑ひ孫の白き歯光りをり 笹原紀世子 200603
笑初あんよがじようず一家の来 西山美枝子 酸漿 200603
三度笠舞ふも即興初笑ひ 有田蟻太 200605
初笑せる石仏とおもひ見る 中杉隆世 ホトトギス 200605
父と子の同床異夢や初笑 松本文一郎 六花 200605
母に似て頤尖り初笑 渡真利真澄 万象 200703
おほらかや電話で母の初笑 斉藤裕子 あを 200703
暦より十一日目初笑 東亜未 あを 200703
初笑ひ誘ふ子役の名演技 仁平則子 200703
初笑伝ひ歩きの手を離し 村上沙央 200704
縁側に黄粉とびちる初笑 吉田明子 200704
石と言ひ紙を出すなり初笑 竹内弘子 あを 200704
初笑ひ卓球台の女たち 松下幸恵 六花 200705
初わらび東下りに坂いくつ 百瀬七生子 海光 200705
大波の寄するが如し初笑 須藤常央 ホトトギス 200707
福少し引寄せてをり初笑 稲畑汀子 ホトトギス 200801
初笑よりはじまつて三姉妹 稲畑汀子 ホトトギス 200801
湯の中に時計落して初笑ひ 山田六甲 六花 200801
初笑ひ眦の皺に泪ぐむ 品川鈴子 ぐろっけ 200802
おもはざる出湯の幸に初笑ひ 岡野ひろ子 200803
みどりごの目つむりしまゝ初笑ひ 大川冨美子 ぐろっけ 200803
初笑こちら伊勢みち通りやんせ 雨村敏子 200804
初笑い老いて夫婦の展覧会 奥田妙子 ぐろっけ 200804
婆抜きの一喜一憂初笑ひ 齋藤朋子 やぶれ傘 200804
初笑繁昌亭に予約もし 片岡良子 雨月 200903
老いどちの恋の話や初笑 八家こひで 春燈 200903
初わらひ笑った譯を忘れけり 芝尚子 あを 200903
漢字クイズタレントに勝ち初笑 有田蟻太 200904
ところでと同時に発し初笑 田村園子 200904
片言の一つ通づる初笑ひ 門伝史会 風土 200904
毒舌に返す毒舌初笑 湯川雅 ホトトギス 200906
歯の生えぬ口開け無垢の初笑ひ 三浦澄江 はらから 200911
歯なき口奥まで見せる初笑 足利徹 はらから 200911
仲裁の綾子に師弟初笑 大坪景章 万象 201001
赤ん坊あやしながらの笑ひ初め 滝沢伊代次 万象 201002
福袋を提げて腕白初笑顔 笠井清佑 201003
幼児の手旗信号初笑 篠田純子 あを 201003
老いくらべ泣き顔に似て初笑ひ 堀内一郎 あを 201003
生命のあふれ出したる初笑 こうのこうき ろんど 201004
笑む猫のテレビ画面に初笑 塩出眞一 ぐろっけ 201004
ひいばあちやんの顔がたがたと初笑 八幡操 ぐろっけ 201004
初笑歩み初めたる曾孫の来て 小川玉泉 末黒野 201004
糟漬に酔ふ義弟をり初笑ひ 半沢一枝 末黒野 201004
手品師の種のまる見え笑ひ初め 倉橋あつ子 京鹿子 201005
初笑ひ演技愉快に海馬たち 増田一代 201103
嬰児の声無き笑みも初笑 大塚民枝 酸漿 201103
万病の薬と言ひて初笑 村上絢子 馬醉木 201104
餅背負ふ子の潰るるや初笑 横路尚子 末黒野 201105
他愛なきことも一族初笑ひ 田代貞枝 201203
寄席通ひ名人芸に初笑 青木英林 かさね 201203
をさな児の愛想わらひに初笑 篠田純子 あを 201203
難聴の笑ひ初めでありにけり 小山田子鬼 201203
初泣の主役をつつむ初笑 石田きよし 201204
他愛なきことも一族初笑ひ 田代貞枝 201204
サザエさんの世界でせうと初笑ひ 鈴木藤子 ろんど 201204
鳩のやうな女の笑ひ初みくじ 吉田葎 201205
じじばばをゲームに誘ひ初笑 橋本修平 かさね 201303
初笑ひ初泣きもあり大家族 篠田純子 あを 201303
赤ん坊の泣いて家族の初笑 市村健夫 馬醉木 201304
背丈なほ縮むと妻の初笑ひ 山口誠 馬醉木 201304
初笑いへのへのもへじの泣き笑い 池田久恵 ぐろっけ 201304
0歳とばばばの会話初笑ひ 丸田信宏 京鹿子 201304
初笑笑つてをれぬことばかり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201401
初笑笑つてをれぬことばかり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201401
嬰の歯の四五粒見ゆる初笑 細川洋子 201403
ワンテンポ遅れてをりぬ初笑ひ 寺田すず江 201404
いい人で無くともいいと初笑 中山皓雪 201404
ぬつと来て主に移す初笑 田部井幸枝 201404
二人羽織の隠芸初笑 山田六甲 六花 201501
母の居るうちは故郷で初笑 高橋将夫 201501
神棚に両手合す子初笑顔 和田政子 201503
妻見舞ふ子とその子らと初笑 室井津与志 春燈 201503
やあやあとうはばみの来し初笑 中島芳郎 201504
抱き寄せし初泣きの子に初笑 天谷翔子 201506
厨ふと嫁と二人で初笑ひ 槇野あさ子 風土 201603
初笑ヘチマたはしの種の出て 辻響子 201603
真打ちの酒くむしぐさ初笑 菊池洋子 やぶれ傘 201604
初笑ひ卓上醤油一巡す 齋藤厚子 201604
寝過ごせし言ひわけめきし初笑 稲畑汀子 ホトトギス 201701
思ひ違ひより初笑なりしこと 稲畑汀子 ホトトギス 201701
色町の昔話で笑初 高橋将夫 201703
三河尾張万歳巡り初笑ひ 手島伸子 雨月 201704
笑ひ初む山に向ひて一礼す 山本漾子 雨月 201705
初笑にぎにぎしきは出の囃子 芝田幸恵 末黒野 201804
初笑ひ赤子泣かせてしまひけり 戸栗末廣 201806
回し抱く嬰のけり足初笑 笹村政子 六花 201904
初笑どつと我が家の膨らみぬ 永尾春己 201904
卒寿とて皺もめでたき初笑 渡辺若菜 春燈 201904
孫の積木摘んでは崩れ初笑ひ 大橋晄 雨月 201905
ままごとの子役となりて初笑ひ 押田裕見子 201907
虚仮の世も報恩謝徳の初笑 平野多聞 201908
免許証返納と決め初笑 稲畑廣太郎 ホトトギス 202001
マシュマロのチャミーパミーで初笑 山田六甲 六花 202002
何取りに二階へ来しや初笑 山田六甲 六花 202002
あの世にも知人は多し初笑 延川笙子 六花 202003
初笑ひ口にスイスのチョコレート 松村光典 やぶれ傘 202003
口下手と聞き上手ゐる初笑 コ田千鶴子 馬醉木 202003
猫のゐて子と孫の来て初笑 今村千年 末黒野 202004
神主の飛ばすジョークや初笑ひ 時澤藍 202004
虚仮の世も報恩謝徳の笑初 平野多聞 201904
健康を取り戻されし笑初 大久保白村 ホトトギス 201905
二日はや先づは泣初め笑初 佐藤玲子 春燈 202004
百二歳翁真中に初笑 和田華凛 ホトトギス 202005
リハビリの儘ならぬ脚初笑 河野昭彦 ホトトギス 202006
電話口より初孫の初笑 稲畑廣太郎 ホトトギス 202101

 

2021年1月20日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。