初 蝶 3       100句

荒鋤の土の角かど初蝶に    高島茂    鯨座

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
初蝶の翅釘付けに雨の庭 城下明美 ぐろっけ 200405  
手を貸せど濡れし初蝶すぐ倒る 城下明美 ぐろっけ 200405  
初蝶の触ればかすかに黄の指紋 城下明美 ぐろっけ 200405  
初蝶の翅に重たき小糠雨 城下明美 ぐろっけ 200405  
初蝶の日の斑となれり奥薩摩 淵脇護 河鹿 200406  
初蝶に肩を借したるゴリラかな 吉田明子 200406  
初蝶の風の斜面にしばし沿ふ 小山尚子 雨月 200406  
初蝶の目の前をただ過ぎゆけり 福井久生 200406  
屋敷畑の端を初蝶よぎりけり 藤田千代江 200406  
初蝶に会へり遺跡を訪ねゐて 辻田忠俊 築港 200406  
初蝶の戻りて来るをうたがはず 小山ナオ子 酸漿 200406  
初蝶と見ればたちまち消えにけり 村田さだ子 酸漿 200406  
初蝶の狭庭横切りて夕空へ 長谷川登美 ぐろっけ 200406  
初蝶に野はやはらかき日を返し 長沼冨久子 馬醉木 200407  
初蝶の猫の頭をすれすれに 池崎るり子 六花 200407  
初蝶や動体視力とみに落ち 中島知恵子 雨月 200407  
初蝶に元氣おくれと呼びてみる 山村桂子 遠嶺 200407  
初蝶の生れたる園をまだ出でず 芝生南天 河鹿 200407  
初蝶を川のひかりに見失ふ 前迫寛子 河鹿 200407  
初蝶の地を這ふほどに飛びにけり 堀口睦子 草の花 200407  
初蝶の先に来てゐし父母の墓 木野裕美 ぐろっけ 200407  
遠木立初蝶光こぼし行く 栢森定男 風よ 200407  
初蝶の湖の光に返し来る 安達風越 雨月 200408  
今日はしも初蝶に逢日誕生日 桑田青虎 ホトトギス 200408  
初蝶の吹きもどされし力石 山元志津香 八千草 200409  
初蝶の翅のうらがは見せて飛ぶ 木村みかん 200410  
日のかけらより生れしとも初蝶黄 熊岡俊子 雨月 200504  
初蝶のかならず遠きところ飛ぶ 鷹羽狩行 200504  
初蝶を追ひてまなこをよろこばす 鷹羽狩行 200504  
つれあひの忌の初蝶が門に来る 伊藤白潮 200504  
初蝶来明日制服を終へる娘に 北川英子 200505  
初蝶来石屋の石に影をどり 横山淑子 200505  
百観音初蝶低く見え隠れ 田中清子 遠嶺 200505  
初蝶や漢字ばかりの国に来て 植松美根子 200505  
初蝶をゆつくりと追ふ目の動き 荻野みゆき 対岸 200505  
初蝶の先に水音滑川 神蔵器 風土 200505  
初蝶や木鋏研ぎ上がるを待つ 田村園子 200505  
新しき切株ひとつ初蝶来 藤井智恵子 百鳥 200505  
初蝶の西方浄土より来たる 河合大拙 百鳥 200505  
禅林を初蝶低く低く飛ぶ 村梛子 築港 200505  
まろびつつ初蝶天へ挑みける 富永晃一 築港 200505  
初蝶や長靴干して花舗の裏 岡本眸 200505  
初蝶や直ぐに見つかるかくれんぼ 一民江 馬醉木 200506  
看板の文字ひとつ欠け初蝶来 星井千恵子 遠嶺 200506  
初蝶を勁しと思ふ弱しとも 荒木甫 200506  
初蝶や広場の遊具一巡り 村上留美子 火星 200506  
初蝶や光と風に揉まれつつ 内山照久 200506  
初蝶を見送り打者の構へたる 石川笙児 200506  
初蝶の土手の光に見え隠れ 小林榮子 築港 200506  
初蝶の象をかすめて消えゆけり 広瀬敏子 酸漿 200506  
初蝶や妻に合はせる童歌 石原光徳 酸漿 200506  
遠来の客につき来し初蝶か 村越化石 200506  
初蝶や心細げに風うける 早崎泰江 あを 200506  
初蝶に逢ひ得てよりの午後のはや 長沼三津夫 200506  
青空を来て初蝶となりにけり 塙告冬 ホトトギス 200507  
初蝶の過ぐる迅さを眩しめり 井上春子 春燈 200507  
初蝶や忘れし物の在り所 飛山ますみ 遠嶺 200507  
初蝶やコルクの栓を濡らしをり 栗栖恵通子 200507  
初蝶のもつれ合ひつつ野川越ゆ 木暮剛平 万象 200507  
初蝶来野川急かれてゐたりけり 奥澤和子 200507  
初蝶のこれより越ゆるものいくつ 奥澤和子 200507  
初蝶のとどまれば日に溺るるよ 奥澤和子 200507  
初蝶やひかりの中の遠山河 奥澤和子 200507  
夫呼べば初蝶消えてしまひけり 奥澤和子 200507  
初蝶や忘れな草を淡くして 醍醐季世女 200508  
初蝶を呼ぶ休日の食卓に 佐山苑子 遠嶺 200508  
トーテンポール初蝶来るも待ち惚け 岩崎靖子 200508  
初蝶を追ふランドセル赤と黒 中村星児 八千草 200509  
初蝶は麥生のいろを離れざる 瀧春一 菜園 200509  
おつと声出て初蝶に歩を止むる 遠藤真砂明 波太渡し 200510  
初蝶来湖の向うの野の平ら 高橋あゆみ 200510  
高く舞ひ初蝶風にもどさるる 野沢しの武 風土 200512  
初蝶に絹の裏うち施さむ 吉田明子 200601  
抜参り初蝶にあひ蟇にあひ 安住敦 春潮 200602 『柿の木坂雑唱以後』
初蝶の汝をたちまち神隠し 鷹羽狩行 200604 龍神悠紀子さんを悼み
初蝶の天上天下無一物 小澤克己 遠嶺 200604  
初蝶にりつぱな空のありにけり 山尾玉藻 火星 200604  
初蝶と見しがたちまち消えにけり 鈴木幾子 酸漿 200604  
初蝶や干す扇骨の影千すぢ 荒井書子 馬醉木 200605  
初蝶を見し夜のペンの走りけり 石田厚子 馬醉木 200605  
初蝶の黄なるをもつて幸とせり 鹿野佳子 200605  
初蝶の転がるやうに来ては消え 人見靖子 対岸 200605  
初蝶やかKく過ぐる汽車の前 瀧春一 常念 200606  
初蝶や物干竿をハイジャンプ 泉田秋硯 200606  
初蝶の口づけ未だぎごちなし 太田慶子 春燈 200606  
初蝶やアンテナショップの国訛 菊地光子 200606  
カルストの岩に溶け入る初蝶よ 岩月優美子 200606  
風の輪をくぐり初蝶あれにけり 市川英一 遠嶺 200606  
さきがけて園に初蝶来てゐたり 高梨美佐子 遠嶺 200606  
初蝶の大き門より現れしかな 高尾幸子 遠嶺 200606  
初蝶やいのち溢れて落ちつかず 瀧春一 瓦礫 200606  
何もなき路初蝶の翔けり過ぐ 瀧春一 瓦礫 200606  
初蝶の影をはなれて消えにけり 真角多賀子 対岸 200606  
初蝶の黄は菜の花の匂ひかな 宮川みね子 風土 200606  
初蝶を誘ふ野のものみな低し 佐藤よしい 風土 200606  
初蝶のミモザの中に消えゆけり 広瀬敏子 酸漿 200606  
初蝶のふと来て飛べり慰霊の碑 村田さだ子 酸漿 200606  
初蝶のふはとメリケン波止場かな 高橋さえ子 200606  
歩道橋より下校児と初蝶と 小阪喜美子 二輪草 200606  
初蝶に詩片ひらりと賜ひける 塩路隆子 200607 初蝶 →4

2014年4月4日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。