初 茸      17句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
初茸やドイツ料理に現はるる 中谷まもる 火星 200001  
初茸の一つを父の畑帰り 福田町子 春耕 200111  
初茸の数が話題でありしこと 豊田淳応 ホトトギス 200202  
初茸の色に形に生れし数 豊田淳応 ホトトギス 200202  
思春期のやうな初茸てのひらに 千代田景石 ホトトギス 200202  
加へしは初茸といふ鍋覗く 豊田淳応 ホトトギス 200202  
初茸を見つけてよりの山気かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200209  
初茸や小笹の中の風の音 関口ゆき あを 200209  
初茸に犬の鼻先近づきぬ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200209  
初茸や禁断の地と言はれても 高橋澄子 200301  
漆櫃の初茸飯と濁り酒 竹内弘子 あを 200312  
初茸を小萩にさして提げきたる 滝沢伊代次 万象 200509  
玻璃越しに初茸匂ふ山の宿 中川すみ子 200812  
くちびるを舐め初茸の不作いふ 布川直幸 200912  
明るみてかさと紅茸こそと初茸 火箱ひろ 船団 201304  
初茸の木の葉隠れを見逃さず 岡真紗子 201501  
初茸や山の木霊の音すなり 本多俊子 201712  

 

2019年9月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。