初冠雪     72句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
谷川岳初冠雪を目のあたり 梅田秀子 酸漿 200001  
機の窓に初冠雪のひと抓み 品川鈴子 ぐろっけ 200102  
御岳の初冠雪に目覚めけり 金子里美 船団 200102  
方位盤初冠雪の山を指す 高木良多 春耕 200103  
初冠雪和子の雲が流れ行き 芝宮須磨子 あを 200111  
初冠雪りんごに蜜のつめこまれ 神蔵器 風土 200201  
至福かな車窓に初冠雪の富士 斉藤陽子 雨月 200201  
大山(だいせん)の初冠雪を機長告げ 鷹羽狩行 200202  
山晴れて初冠雪の釈迦岳なりし 服部菰舟 雨月 200203  
乾杯や初冠雪の富士に遇ひ 望月晴美 200212  
雲を脱ぐ初冠雪の芙蓉峰 武藤嘉子 200212  
上州路初冠雪の峰一つ 小浦遊月 酸漿 200401  
啄木の川や初冠雪の山 根岸善行 風土 200401  
初冠雪思はず両手合はせけり 長沼冨久子 馬醉木 200402  
初冠雪待つ富士峙てり天下茶屋 有働亨 馬醉木 200402  
日の映えて朝窓くつきり初冠雪 丸山冬鳳 京鹿子 200404  
バス快走初冠雪の富士を窓 鵜飼紫生 雨月 200602  
食欲の増しけり富士の初冠雪 宮澤さくら 遠嶺 200602  
初冠雪の富士の右肩下りかな 松崎鉄之介 200602  
穂高嶺の初冠雪や明神社 伊藤稔代 200603  
風熄んで初冠雪の桜島 徳田正樹 河鹿 200603  
初冠雪磁石は揺れて北を指す 清原彰子 河鹿 200604  
火の山の初冠雪や水脈光る 木原紀幸 河鹿 200604  
初冠雪の富士を仰げりミサの道 北村すなほ 200612  
蔵王連山初冠雪を玻璃越しに 増田八重 酸漿 200702  
身に入むや初冠雪の磐梯山 佐原正子 六花 200702  
初冠雪富士くつきりと風に立つ 小林幸子 酸漿 200702  
機の窓に初冠雪のひと抓み 品川鈴子 200708  
初冠雪瞰えて空路の定まれり 品川鈴子 200708  
暁光に初冠雪の津軽富士 北尾章郎 200802  
世が動く初冠雪の浅間山 林友次郎 遠嶺 200802  
花嫁来る初冠雪の富士を背に 幡谷哲子 200802  
山容の瞼しさ初冠雪の富士 宮津昭彦 200802  
眼前に蝦夷地の主峰初冠雪 吉岡一三 200812  
招かざるものの足音初冠雪 小梅順 炎環 200812  
曼陀羅華天にし白山初冠雪 中山純子 万象 200901  
北山の初冠雪の浄らかさ 高谷栄一 200903  
富士を背に愛鷹山の初冠雪 山口まつを 雨月 200903  
初冠雪甲斐駒聳えゐたりけり 宇佐美ゆき 酸漿 200912  
霧ヶ峰初冠雪の富士の見ゆ 印南美紀子 酸漿 201001  
残照に初冠雪の剣岳 塩見治郎 雨月 201001  
遠伊吹山の初冠雪の眩しかり 中川すみ子 201003  
初冠雪ふるさと便りメールにて 芝宮須磨子 あを 201011  
真向うに初冠雪の伊吹山 三川美代子 201102  
初冠雪村の寡黙と山の黙 竹田ひろ子 ろんど 201102  
初冠雪富士の宇宙でありしかな 木村茂登子 あを 201111  
花嫁のヴェールのごとし初冠雪 辻香秀 201203  
けさ富士の初冠雪や夫を呼ぶ 北崎展江 くりから 201209  
初冠雪母ちゃん紙からウォシュレット 森理和 あを 201212  
初冠雪富士に青空ほしいまま 谷岡尚美 201302  
あらためて山立ちあがる初冠雪 岡部玄治 201401  
シベリアのまずは一枚初冠雪 鎌田悟朗 ろんど 201402  
初冠雪もう登れざる山ばかり 宮井知英 201403  
雲間より初冠雪の嶺白し 齊部千里 ぐろっけ 201403  
初冠雪の富士一段と美(うま)しかり 森下康子 201412  
早ばやと初冠雪の穂高槍ヶ岳 増田一代 201501  
早ばやと初冠雪の穂高槍ヶ岳 増田一代 201501  
初冠雪復興の地の底ぢから 宮内とし子 201501  
一刷けで書きたし初冠雪の富士 今瀬一博 201501  
弔ひの一日晴れたり初冠雪 森なほ子 あを 201612  
遠く来て初冠雪の富士仰ぐ 大石喜美子 雨月 201702  
胸に納め初冠雪の富士に会ふ 加藤みき 201702  
天帝と初冠雪の富士対峙 甕秀麿 201702  
思はざる初冠雪や今朝の富士 森清堯 末黒野 201702  
初冠雪見えない空気を食べ尽くす 石森理和 あを 201712  
初冠雪の比良を遠見に畑仕事 駒井でる太 馬醉木 201801  
初冠雪女に湿布にほひけり 岡本敬子 万象 201801  
鳥海晴れ初冠雪の輝けり 小松敏郎 万象 201802  
即位礼富士山正装の初冠雪 松井志津子 202001  
初冠雪拝み仰ぐ月の山 沼澤石次 馬醉木 202001  
雨上がり初冠雪の今朝の富士 濱野新 やぶれ傘 202002  

 

2020年9月29日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。