畑 焼     26句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
法起寺の塔のそびらの畑焼けり 朝妻力 俳句通信 200103  
畦の上に畑焼きし炎をしをり 桑田眞佐子 火星 200205  
畑焼いて田原の険をけぶらせり 宮川杵名男 春耕 200205 田原坂
一反歩の焼き畑守り芋植うる 朝原きよじ 200205  
畑焼きて道前の野を煙らせる 小西瑞穂 ぐろっけ 200209  
焼畑の炎のちろちろと時雨くる 浜口高子 火星 200502  
猛る火に水をかけては畑焼けり 海野みち子 万象 200509  
畑焼や野良着に風をはらませて 窪田粧子 馬醉木 200605  
焼畑の土塊尖る大暑かな 高橋スミ子 万象 200611  
焼畑に娘盛りを鹿火屋守 海野勲 万象合同句集 200703  
霊山の下の畑を焼きゐたり 戸栗末廣 火星 200705  
寝て食うて五柳先生畑を焼く 小形さとる 200806  
山頂の畑焼く煙のろしめく 出来由子 200806  
まだ煙る焼畑に蕪蒔きにけり 阿部月山子 万象 200811  
畑を焼く漢の赤い縞のシャツ 山口ひろよ 200905  
畑焼や炎ときをり立ち上がり 笹村政子 初鼓 201105  
畑焼の烟まとへり道祖神 藤原若菜 春燈 201105  
畑焼きの煙に追はれ脚長蜂 山崎郁子 万象 201107  
畑焼くも対の家鴨の逃げ出しぬ 大日向幸江 あを 201204  
畑焼や背にまだ硬き川の音 堀田順子 馬醉木 201205  
畑焼きの匂ひを残す野良着かな 白石正躬 やぶれ傘 201306  
焼畑の煙車内に梅雨の明 赤座典子 あを 201308  
天界に続く段畑焼きにけり 前田美恵子 201507  
畑焼を遠見の個室病衣着る 井原美鳥 201604  
畑焼く人流れに鍬を浸しおき 松本三千夫 末黒野 201706  
畑焼の草木いつたん立ち上がる 細川洋子 201805  

 

2020年3月7日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。