巴旦杏      10句

巴旦杏落ちゐる道へ山下る    木村蕪城

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書・その他
巴旦杏の村に麻疹のはやりをり
城孝子
火星
200009
籠居のゆふべたのみし巴旦杏
岡井省二
200108
一休と笑ひたりけり巴旦杏
岡井省二
200110
吠猿のこゑ哀しきや巴旦杏
加藤みき
200207
巴旦杏眼の合ひさうで合はぬまま
黒田咲子
200209
巴旦杏花の白さに雨上る
田家展子
酸漿
200307
むにやむにやと動く赤子や巴旦杏
柴田佐知子
200311
比翼碑に打身の裂けし巴旦杏
品川鈴子
ぐろっけ
200508
睡さうなフジタの猫よ巴旦杏
野口香葉
遠嶺
200609
唇に遠き日もどる巴旦杏 師岡洋子 ぐろっけ 201311  

 

2019年7月22日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。