春告鳥     30句


作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
肺深く春告鳥の声も吸ふ 泉田秋硯 200105  
今日虚子の春告鳥として聞きぬ 稲畑汀子 ホトトギス 200202  
奥宮の千木のなお奥春告鳥 藤岡紫水 京鹿子 200606  
英会話不可のジェスチュァー春告鳥 真木早苗 八千草 200608  
さりげなく刻過ごしけり春告鳥 宇都宮滴水 京鹿子 200705  
正調の春告鳥となりにけり 吉田明子 200707  
早々と春告鳥を聞く山路 稲畑汀子 ホトトギス 200803  
啼き移る軽さも風の春告鳥 藤岡紫水 京鹿子 200806  
方言を忘れ春告鳥気取る 稲畑廣太郎 ホトトギス 200904  

春告鳥風の軽さに啼きつのる

藤岡紫水 京鹿子 200905  
春告鳥火の番替る登り窯 長谷川友子 春燈 200907  
三回忌春告鳥の来てをりぬ 林いづみ 風土 201001  
みよし野の春告鳥も待ちくれし 稲畑汀子 ホトトギス 201002  
春告鳥雲湧く峰を抜けて来し 竹中一花 201005  
その後のことは春告鳥に聞く 稲畑汀子 ホトトギス 201103  
春告鳥のこゑの虚しさ津波あと 北尾章郎 201107  
みよし野の春告鳥もねむりしや 稲畑汀子 ホトトギス 201304  
去り際にひと声聞きぬ春告鳥 桂敦子 201306  
点滴終へ夫と歩けば春告鳥 斉藤裕子 あを 201404  
耳拭いて春告鳥を呼び込めり 鳥居おさむ ろんど 201503

『なみなみと』

正調で告げよ春告鳥ならば 布川直幸 201603  
季重なり一つあづける春告鳥 鈴鹿呂仁 京鹿子 201604  
山裾の春告鳥の近きこゑ 蒲田豊彦 雨月 201606  
みよし野の春告鳥を待つことも 稲畑汀子 ホトトギス 201702  
さういへば春告鳥を聞かざりし 稲畑汀子 ホトトギス 201804  
風除けの垣に春告鳥の声 鈴木礼子 末黒野 201805  
首無地蔵ふた摩りして春告鳥 和田照海 京鹿子 201806  
遠近の谷戸に春告鳥のこゑ 石田康明 春燈 201905  
業平の文待ちかねて春告鳥 村田あを衣 京鹿子 201905  
考妣の墓前に聞くや春告鳥 石澤昭代 京鹿子 201907  

 

2020年3月13日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。