春の空(春空 春天)      170句

いつくしむごと覆ほへり春の空    高浜虚子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
春の空仕事に倦めば庭に出る 稲畑汀子 ホトトギス 199903  
春の空見上げ心に通ふもの 稲畑汀子 ホトトギス 199903  
浮雲を抜けてゆく雲春の空 稲畑汀子 ホトトギス 199903  
又踏んでみたき大地に春の空 稲畑汀子 ホトトギス 199903  
飛行雲いつしか紛れ春の空 黒川南無観 円虹 199906  
鉛筆のかな文字淡し春の空 穴澤光江 花菜風 199907  
わが立ちて壺のごとしや春の空 鷹羽狩行 200004  
記念館型整ひて春の空 稲畑廣太郎 ホトトギス 200004  
春の空引き寄せ稲城駅に佇つ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200004  
ルート又見付けし稲城春の空 稲畑廣太郎 ホトトギス 200004  
広く濃く春の空稲城野大地 稲畑廣太郎 ホトトギス 200004  
寝返って啄木のそら春の空 塩見恵介 虹の種 200005  
春の空暗くこの世を祝いおり 岩田ひろあき 船団 200009  
遠き世の塔あそばせて春の空 鷹羽狩行 200105  
春の空縦に使へり観覧車 佐藤真次 200105  
宮参り柏手韻く春の空 塩野きみ 遠嶺 200105  
あたらしく貫く道や春の空 杉浦富士子 遠嶺 200106  
大塔の木の間隠れに春の空 中島陽華 200106  
うわのそら試されている春の空 葉月ひさ子 船団 200106  
十ほどの春の空なる三面鏡 伊藤翠 船団 200109  
呼気吸気おのづから息春の空 岡井省二 200201  
春の空下町の音弾きをり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200204  
大岩の今に落ちさう春の空 板倉勉 六花 200204  
暮れなづむ夕べの色や春の空 夏目満子 酸漿 200205  
菓子店のバニラの香り春の空 清水晃子 遠嶺 200206  
トランポリン春の空へと子を抛る 隅田享子 200207  
スキップを踏んでもみむか春の空 鳴海清美 六花 200207  
再建の大佛仰ぐ春の空 長谷川としゑ ぐろっけ 200207  
草鞋屋のわらぢ釣りをり春の空 井上菜摘子 京鹿子 200208  
春の空下町変りゆく早さ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200304  
長城の見ゆるかぎりを春の空 田中重子 雲の峰 200304  
春の空よろこんでゐる赤ン坊 佐藤喜孝 青寫眞 200304  
春の空丘あり海あり軍隊あり 佐藤喜孝 青寫眞 200304  
夢でいい君と住みたい春の空 松田克行 帆船 200305  
星が出揃ひて濁りし春の空 鷹羽狩行 200305  
落慶の散華の舞へる春の空 杉本美智江 雨月 200306  
竹とんぼ消えてしまつた春の空 木内美保子 六花 200307  
パタパタとヘリコプターや春の空 浜崎壬午 円虹 200307
ふりかぶる春の空あり榧大樹 高橋邦夫 風土 200307  
ふじつぼや吾に凹みて春の天 岡井省二 省二全句集 200312  
仰ぎゐる面面や春の空 中野京子 200405  
病棟の玻璃戸は開かず春の空 二村蘭秋 雨月 200405  
看護婦に送られ仰ぐ春の空 二村蘭秋 雨月 200405  
目に見えぬものを懼るる春の空 田中藤穂 あを 200405  
屋根越ゆる乳歯の行方春の空 森下康子 200406  
家族ありて夕餉のしたく春の空 林裕美子 六花 200407  
ペンギンの並びて仰ぐ春の空 片山由美子 200503  
しゆわしゆわと春の空ゆく大鴉 植松美根子 200505  
ガレ展を出て大江戸の春の空 青木久子 遠嶺 200506  
曼荼羅をめくればそこに春の空 高橋将夫 200506  
春の空鳥に時間を盗まれし 林裕美子 六花 200506  
岐路に立つ背の大きくて春の空 林裕美子 六花 200506  
春天やいつも誰かが何かして 高橋将夫 星の渦 200507  
ペガソスの泉の色よ春の空 近藤喜子 200507  
春の空草に寝転び眺めおり わかやぎすずめ 六花 200606  
それぞれに月も陽もあり春の空 田尻勝子 六花 200606  
黄のべール失せたる春の空青し 大橋晄 雨月 200707  
ガウディの作りかけなる春の空 中野京子 翁草 200710  
女講釈甲高き声春の空 羽賀恭子 200805  
春の空剥ぎ取るやうに象の鼻 齊藤實 200805  
春の空キャンバスとして飛行雲 山崎泰世 200806  
大の字にゐて春の空歩みけり 近藤公子 200806  
良きことに国境は無し春の空 伊吹之博 京鹿子 200807  
雲ふたつ来てひとつ去る春の空 布川直幸 200905  
寄生木の数へて七つ春の空 山路紀子 風土 200905  
飛行機雲の先端確と春の空 奈佐幸子 200906  
のんちやんはどの雲に乗る春の空 竹内慶子 春燈 200906  
少年のシュートそれたる春の空 黒澤登美枝 200906  
凭れたる突堤温し春の空 吉沢陽子 200906  
竹揺れて弧を描きをり春の空 山崎里美 200907  
変遷の世を見て春の空仰ぐ 佐藤健伍 200907  
春の空に見事英知のドツキング 北村香朗 京鹿子 200907  
限りなき人智の果ての春の空 北村香朗 京鹿子 200907  
仰臥せる窓いつぱいに春の空 山田をがたま 京鹿子 200907  
春の空うすべに色を溶かしたる 稲岡長 ホトトギス 200909  
決断の時は春天仰ぐなり 高橋将夫 201004  
沼杉の気根によきによき春の空 岩下芳子 201005  
春の空光りのなかの飛行船 吉弘恭子 あを 201005  
春空に吸はるる若き海女の笛 前川美智子 末黒野 201006  
産声に調べありけり春の天 谷岡尚美 201006  
春の空より霹靂の訃報かな 稲岡長 ホトトギス 201007  
山鳩の声いづこより春の空 高野幸次 201007  
病衣着て暫し仰ぐや春の空 渡邉紅華 酸奬 201008  
馬の眼に沈んでゐたる春の空 十川たかし 201105  
突然に春の空白地震止まず 能村研三 201105  
鈴鴨の鈴の音聴かん春の空 松岡水学 ぐろっけ 201105  
思案して傘持って出る春の空 鎌倉喜久恵 あを 201105  
春の空痛し大津波の襲ふ 田中藤穂 あを 201105  
うす雲を呼ぶこと好きな春の空 橋本くに彦 ホトトギス 201106  
省二師の句座にぎはへる春の天 延広禎一 201106

悼 

冨松寛子さん

生涯にこんな大事故春の空 佐藤健伍 201107  
手を合わす無事の朝夕春の空 谷村幸子 201107  
重たげな麒麟の瞼春の空 恒成久美子 ぐろっけ 201108  
地を割つて春の空へと地震走る 布川直幸 201203  
春空に輪をなしゐたる煙かな 松下八重美 夢見の鐘 201203  
榧の木の斜めに春の空分かつ 篠田純子 あを 201204  
ひと声を鴨春空になげかける 吉弘恭子 あを 201204  
ロケットの様にアンテナ春の空 坂根宏子 201205  
立春の空へと機種を上げにけり 平居澪子 六花 201205  
早春の空へさし入る野の煙 白石正躬 やぶれ傘 201206  
銀嶺の果てなく走る春の空 梶浦玲良子 六花 201207  
飛行機雲の直線延びる小春空 石川寿夫 ろんど 201302  
シャガールの山羊浮くやうな春の空に 近藤喜子 ミネルヴァの梟 201303  
真下から梯子伸びをり春の天 山田六甲 六花 201304  
立春の空へ弁慶飛び立てり 渡部法子 201304  
春空へ紙の飛行機病室から 長瀬節子 ぐろっけ 201304  
韋駄天の走り出すかに春の空 谷岡尚美 201306  
春空へ帆を張る声や日本丸 持田信子 春燈 201307  
春の空廃材燃やす湯屋煙 四葉允子 ぐろっけ 201307  
立春の空がわくわく浜広し 羽賀恭子 201404  
春空に在るけもの道ヘリコプター 篠田純子 あを 201404  
鵯にひもじき春の空ばかり 山田六甲 六花 201404  
春空や投網のごとき雲流る 吉弘恭子 あを 201405  
ハングライダーと鴉一羽の春の空 有賀昌子 やぶれ傘 201407  
画用紙を線路はみだし春天へ 有松洋子 緑光 201411  
春天や影濃くなれば人旅へ 堀内一郎 堀内一郎集 201412  
春の空都庁圧されてをりにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201504  
春の空そんな泣かへんでもええやん 稲畑廣太郎 ホトトギス 201504  
咲くものの色皆春の空に溶け 稲畑廣太郎 ホトトギス 201504  
日日痩する白き月浮く春の空 伴秋草 末黒野 201505  
春の空刷毛に払ひしほどの雲 宮本俊子 雨月 201506  
新記録達成の日や春の空 伊吹之博 京鹿子 201506  
早春の空のなかなる鳶かな 白石正躬 やぶれ傘 201506  
海鳥の翼のびやか春の空 飛田典子 末黒野 201506  
春の空鳥影だんだん小さくなる 大山夏子 201508  
春空の片頬に触れ観覧車 安居正浩 201604  
浅春の空テニスボールの音軽く 佐藤まさ子 春燈 201605  
悠悠とパイプをくはふ春の空 中堀倫子 201606  
春の空ビルの真上に昼の月 濱野新 やぶれ傘 201606  
春の空ゆらし緋鯉の浮きあがる 田中道江 万象 201606  
春天を越えむと銀翼高度上ぐ 有松洋子 201607  
これも春空じんめりとどんよりと 松村光典 やぶれ傘 201608  
釈超空歌碑に鹿笛響く春の空 安永圭子 風土 201608  
はんなりとやっぱりはんなり春の空 伊藤ふみ 船団 201612  
早春の空に声あり大欅 松本鷹根 京鹿子 201704  
幾たびも立春の空仰ぎ見る 岡田正義 雨月 201705  
春天の洞にけぶれる潮仏 布施政子 馬醉木 201707  
宇宙までとろけさうけふの春空 有松洋子 201707  
晴れ晴れと水神祭の春の空 大内佐奈枝 万象 201707  
空振りの釣竿突く春の空 橋本くに彦 ホトトギス 201708  
春の空映す水面に魚の口 青木朋子 201707  
逆上がり春野の空の裏返る 鈴木一広 201804  
雲影のひとつ無き空春立てり 鈴鹿呂仁 京鹿子 201804  
春の空仰ぎ大地を踏みしむる 稲畑汀子 ホトトギス 201804  
雲いつも東へ流れ春の空 稲畑汀子 ホトトギス 201804  
春の空日帰りの旅一とまたぎ 稲畑汀子 ホトトギス 201804  
白雲を食べてしまひし春の空 岩下芳子 201805  
雲一つ無き空に浮く春の月 出口誠 六花 201805  
窓からの青空清し春近し 水谷直子 京鹿子 201805  
窓一杯の青空よ春となり 水谷直子 京鹿子 201805  
春めきて日向の空の明るさよ 礒貝尚孝 201805  
街春めくパステル調の空の下 浅井青二 雨月 201806  
春の空竜の形に雲動く 須賀敏子 あを 201805  
悲しみが片づいてゆく春の空 火箱ひろ 201806  
春禽は光のつぶて空真青 森清信子 末黒野 201806  
透きとほる真青なる空春立てり 太田チヱ子 末黒野 201806  
弧は孤なりレインボーブリッジ春空に 森なほ子 あを 201806  
抱かれて仔犬の仰ぐ春の空 中根美保 風土 201807  
春の空廻航終へし明治丸 木村瑞枝 やぶれ傘 201808  
「いいね」なら親指たてる春の空 柴崎和男 やぶれ傘 201808  
愁いなき泰山木や春の空 江口九星 201902  
それぞれに課題乗り切り春の空 吉宇田麻衣 201902  
春天に待ち人ありて行きにけり 加藤みき 201903  
水の春空より雀こぼれ来る 岩木茂 風土 201905  
病窓に見ゆ浅春の空と雲 片岡良子 雨月 201905  
待春の空いつぱいに枝ひろげ 和田華凛 ホトトギス 201906  
万巻の書があるあるぞ春の空 瀬川公馨 201906  
雲流るビルの揺れをり春の空 中西厚子 201906  
春の空人影濃くなり薄くなり つじあきこ 201906  
春の空カラス雀も番かな 佐藤恭子 あを 201906  
水掻きはオレンジ色や春の空 辻水音 201907  
韃靼の砂や飛び来る春の空 小田嶋野笛 末黒野 201908  

 

 

2020年4月5日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。