春満月      190句

春満月水子も夢を見る頃ぞ   保坂敏子  芽山椒

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
春満月猫の小鈴の近づきぬ 花島陽子 遠嶺 199905  
春暁の今満月の沈みゆく 笹本達夫 199905  
春満月役に立たぬと吃りをり 日下敬 船団 199909  
春の満月を鬼婆につくる 星野一郎 海程 199910  
一人の餉春満月の出でてもや 根岸善行 風土 200005  
春満月町に溢るる人は見ず 桑久保奈美子 酸漿 200007  
ひとり漕ぐ春満月の湖芯へと 川口襄 遠嶺 200106  
春満月乳の匂ひの嬰と 松崎鉄之介 200106  
ろんろんと春満月のあたりかな 谷口佳世子 200107  
春満月発破の匂ふ男かな 高橋とも子 200107  
俎上へと春満月を載せむかな 朱間繭生 銀化 200204  
春満月少し憂ひをおび昇る 稲辺美津 遠嶺 200205  
春満月賞味期限は夜明けまで 結木桃子 銀化 200205  
歩く木も笑ふ木もあり春満月 祐森彌香 遠嶺 200206  
御大師の道を照らせり春満月 池田加代子 風土 200206  
春満月もうひとつの橋見えてくる 柴田朱美 京鹿子 200207  
春満月沖に白波育ちつつ 土井三乙 風土 200207  
春満月ゆつくりみなとみらいかな 三崎由紀子 遠嶺 200208  
朝明の春満月の瑞々し 海上俊臣 酸漿 200305  
立春満月口上なんてなくてよい 滝沢環 京鹿子 200305  
春満月いくさに遠く街眠り 千手和子 馬醉木 200306  
春満月魔女が寝返り打つてをり 祐森彌香 遠嶺 200306  
春満月白き光と思ひ立つ 小林優子 酸漿 200306  
外に出づや春満月に誘はれて 池部久子 酸漿 200306  
人丸忌春満月でありにけり 久保田喜代 雲の峯 200306  
春満月青磁の壷に骨細る 荒井千佐代 200307  
波の秀の春満月を捉へけり 加藤富美子 200307  
家路いま春満月に向ひをり 田中のりえ 200307  
春満月神戯るる蹴鞠かも 岡野俊治 遠嶺 200309  
修道女春満月を背負ひをり 金澤明子 200312  
音消して春満月の出るところ 城尾れい子 200312  
春満月砂漠の仮寝いかならむ 秋葉稚治 200404  
春満月夫を起こして見てゐたり 高倉恵美子 200404  
丹砂刷く春満月のオブラート 中野京子 200405  
春満月うすらおぼえの嵯峨野みち 湯浅康右 草の花 200405  
敦煌の春満月に降り立てり 松崎鉄之介 200406  
すこしづつ忘れていいよ春満月 直江裕子 京鹿子 200407  
吉野より春満月の野を帰る 三由規童 雨月 200407  
春満月魚群のうごく気配して 中尾公彦 200505  
春満月うすもも色に猫走る 尾堂Y 河鹿 200506  
人形の一重瞼や春満月 星井千恵子 遠嶺 200506  
春満月けふ除幕せし三師句碑 小松誠一 200506  
春満月魞の影濃き淡海かな 西川青女 築港 200506  
ビルに触れ春満月の歪みさう 若林杜紀子 百鳥 200506  
今年また春の満月拝みけり 北村香朗 京鹿子 200506  
釈迦像の指の先なる春満月 いしだゆか 遠嶺 200507  
阿弥陀寺へ春満月の日に嫁ぎ 高橋将夫 星の渦 200507 長女結婚
真夜中の春満月に星一つ 二瓶洋子 六花 200508  
春満月仰げば逝きし誰や彼 佐藤佐代子 200508  
稚児ややこ来る春満月の遥かより 曽根久順 200604  
春満月ノアの方舟近づけり 神蔵器 風土 200604  
一月の満月春をふつと見せ いば智也 六花 200604  
落ちんとする春満月の金澄めり 松崎鉄之介 200605  
混沌とけふも終れり春満月 荒井千佐代 200605  
春満月呱々のこゑより始めむか 小形さとる 200606  
呪ひの効かぬ子どもに春満月 井上信子 200606  
春満月黒猫歩く塀長き 宮川みね子 風土 200606  
人影も春満月も平らなり 中野京子 200606  
嫁ぐ子のピアノ弾きをり春満月 苑実耶 200607  
春満月海面あがる如きかな 久保栞 200607  
ぎたての春満月を賞味する 柴田朱美 京鹿子 200608  
抱瓶だちびんのほほと口あく春満月 山元志津香 八千草 200608  
児は母を頼り切ってる春満月 真木早苗 八千草 200609  
火柱に春満月のゆがみたる 浅田光代 風土 200611  
ゆさゆさと森を出でたる春満月 曷川克 遠嶺 200705  
照り過ぎる春満月に近づきぬ 天野きく江 200706  
閂をさす春満月の御輿庫 神蔵器 風土 200706  
春満月ことさら赤く自己主張 松嶋一洋 200707  
春満月彫刻刀をやすませて 柴崎則子 遠嶺 200707  
母情とは春満月のごときもの 伊東恵美子 馬醉木 200710  
春満月千六本に刻みましょう 火箱游歩 船団 200710  
春満月黒鯛ちぬの白子も太るころ 吉村摂護 200803  
ひとり出て春満月につき当る 神蔵器 風土 200804  
春満月足裏つめたく眠りけり 大川ゆかり 炎帝 200804  
春満月笊に豆腐と厚揚と 竹内悦子 200805  
玲瓏と春満月や持仏堂 林友次郎 遠嶺 200806  
母許へ春満月を追ひかけて 宮川秀穂 200807  
気になりし春満月の居場所かな 濱上こういち 200807  
寝返りは春満月に背を向けて 濱上こういち 200807  
あけたての戸車哭くや春満月 吉村はづき 炎環 200904  
寄席を出て春満月に笑返す 楯野正雄 200905  
句座果てて春満月と時の鐘 遠藤和彦 遠嶺 200905  
少年は春満月と配達す 岡垣佳子 遠嶺 200905  
春満月駱駝の瘤のたぽたぽと 栗栖恵通子 200905  
春満月懺悔室にも小さき窓 荒井千佐代 200906  
春満月心にもある吃水線 柿本麗子 200906  
春ざれや満月あげし法隆寺 小宮淳子 春燈 200906  
春満月煌々として雲白し 古川さかえ 酸漿 200906  
洗々と春満月の夜明前 阿部文子 酸漿 200906  
春満月槻の梢の蒼みつつ 高瀬史 馬醉木 200907  
春満月不況の街を照らしをり 池田光子 200907  
春満月影の散らばる遊具かな 中山皓雪 200907  
春満月鍵かけてあるガラス窓 中野京子 200907  
たをやかに胎児はぐくむ春満月 冨松寛子 200907  
上汐の春満月の大河かな 三橋泥太 遠嶺 200907  
神の手を零るるしづく春満月 川上久美 ろんど 200907  
春満月用事ないけどポストまで 陽山道子 船団 200909  
満月を弾き上げたる春怒涛 鈴木勢津子 樹間 200911  
ひとり寝を春満月に覗かるる 駒井のぶ 201005  
ひと月に二度の満月春隣 小川玉泉 末黒野 201005  
重きもの曳き出づるかに春満月 池田達二 風土 201005  
春満月床下に味噌眠らせて 苑実耶 201006  
羊水の記憶はしかと春満月 水野恒彦 201006  
春満月頬ずりされてゐるやうな 大山里 201006  
春満月影絵の梟三羽ゐて 西山美枝子 酸漿 201007  
古陶館春満月のやうな皿 谷岡尚美 201009  
水に手を洗ひてをれば春満月 神蔵器 風土 201104  
引込線たどれば海や春満月 荒井千佐代 201104  
春満月ほほゑみながら上りけり 篠原幸子 春燈 201105  
春満月遠近法を疑へり 森岡正作 201105  
春満月峡の棚田の万華鏡 久染康子 201105  
引入線たどれば海や春満月 荒井千佐代 201105  
笑いつつ上り来たるは春満月 あかさか鷹乃 ろんど 201105  
春満月傾ぐ辺りの山明り 中川悦子 酸漿 201105  
沈まんと春満月の冴えにけり 阿部文子 酸漿 201105  
春満月玄界灘は流れ急 吉村摂護 201106  
春満月地震禍あまねく抱擁す 和田孝村 春燈 201106
神楽坂春満月を上げにけり 神蔵器 風土 201106  
暁の春満月や夫癒えよ 野中啓子 201108  
忘れ物届いています春満月 今井春生 201108  
遠潮鳴り春満月の濡れてをり 田所節子 201205  
忌を重ね夫近くなる春満月 山村幸苑 馬醉木 201206  
春満月都明日香の海鼠壁 浅野吉弘 201206  
春満月いろはにほへとちりぬるを 神蔵器 風土 201205  
まつすぐな参道消して春満月 神蔵器 風土 201206  
艦艇の舳先が発たす春満月 田中貞雄 ろんど 201206  
惚けるも天の配剤春満月 山本孝子 ろんど 201206  
何事もなくて昇りぬ春満月 北村香朗 京鹿子 201207  
春満月湖面に膨らみありにける 前田恵美子 青鷹 201210  
天窓全開春満月を招きけり 久染康子 201303  
春満月雲間に富士の見え隠れ 木下ふみ子 馬醉木 201305  
春満月風に揺るがず統べるもの 犬塚李里子 201305  
春満月はすごいぞと夫帰宅 青山正生 201306  
尾を丸め眠るものらに春満月 蘭定かず子 火星 201306  
遠吠えに春満月の沈みけり 田中文治 火星 201306  
水脈はるか春満月に居場所問う 桑名さつき ろんど 201306  
歩のゆるぶ春満月や西行忌 山本雅子 馬醉木 201307  
春満月たれかれに死をそそのかす 荒井千佐代 201405  
芝居跳ねふと見上げれば春満月 須賀敏子 あを 201405  
津波のこと多く語らず春満月 笠井清佑 201406  
春満月入江に人魚ゐるらしき おーたえつこ 201406  
春満月出しと電話のかかりくる 田中藤穂 あを 201406  
春満月遠き二胡の音聴き澄ます 川村亘子 末黒野 201406  
春満月たれかれに死をそそのかす 荒井千佐代 201406  
春満月いよいよ森をふくらます 高橋道子 201406  
門を出て春満月の真正面 川村文英 ろんど 201406  
買物帰り春満月と歩きけり 國保八江 やぶれ傘 201406  
行き行きてひときは大き春満月 成田美代 201406  
ビル街の幻と化す春満月 赤座典子 あを 201406  
飼猫の病も癒ゆる春満月 岡山敦子 京鹿子 201407  
純金の春満月の水平線 村高卯 201408  
春満月湯をなみなみと仕舞風呂 北村淳子 ろんど 201408  
来し方を御破算にして春満月 岡山敦子 京鹿子 201408  
春満月メール開けば「やるべし!」と 波戸辺のばら 201506  
春満月仁王の背より出で来たる 山田春生 万象 201506  
春満月牛若丸に出会ひけり 宮ア高根 201507  
海の面にいつぽんの道春満月 江澤弘子 201507  
春満月十四行の半生記 間島あきら 風土 201507  
春満月川風少し出でにけり 白石正躬 やぶれ傘 201508  
春満月呼べば来さうな亡き親族 西川みほ 末黒野 201508  
春満月くろぐろ育つ木々の影 間島あきら 風土 201605  
春満月貨物列車の過ぐ時刻 高田令子 201605  
カーテンを引き戻したり春満月 柴崎富子 春燈 201605  
満月のまだ春月と言ひがたく 飛高隆夫 万象 201606  
鎮魂の春満月や十日の夜 山本喜朗 雨月 201705  
出遅れし亀には遠く春満月 岩月優美子 201705  
春満月きっと良いこと有りさうな 須賀敏子 あを 201704  
春満月見よと誘はれ男下駄 柴田志津子 201705  
光年を隔てひよつこり春満月 犬塚李里子 201706  
春満月足なみ合はせ付ゐて来し 今井充子 201706  
現れし春満月の瑞々し 堀井英子 雨月 201707  
病棟や春満月に消燈す 堀井英子 雨月 201707  
居間にある猫のねぐらや春満月 荒井千佐代 201707  
春満月黙して顎を上げでをり 永田万年青 六花 201707  
春満月まだ濡れてゐる湯揉み板 永淵惠子 201707  
春満月部屋の舟の絵傾ぎけり 青木朋子 201707  
春満月へ首伸ばしたるキリンかな 今井康子 201708  
名刹や春満月の置き所 本多遊方 春燈 201805  
船霊の夜は出て遊ぶ春満月 柴田佐知子 201809  
春満月闇をゆっくり押しひろげ 大山夏子 201902  
春満月の大きさ胸に仕舞ひける 中貞子 201904  
春満月見よとの電話二人より 田中藤穂 あを 201904  
ひとりじめ春満月の金色を 秋川泉 あを 201904  
春満月告ぐるひとなく寝まりけり 西川保子 春燈 201905  
雷神も照覧金の春満月 定梶じょう あを 201906  
春満月に魑魅のごとき樹々の影 北元多加 馬醉木 201907  
産声の次々響く春満月 粟津さくら 201907  
久方の春満月の淡きかな 加瀬伸子 末黒野 201907  
春満月観よと庭下駄ちぐはぐに 加瀬伸子 末黒野 201907  
春満月母と揃ひのへちま衿 田中とし江 201911  

 

2020年2月19日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。