春の氷   38句

深山にはまだ雪ふかき松の風すそ野に春の氷とくなり   後鳥羽院

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
太陽を裏返したる春氷 山田六甲 六花 200003  
春氷とてあなどれぬ厚さかな 野口年江 酸漿 200004  
水の香の障子をとほす春氷 市場基巳 200005  
うすうすと陽に濡れてゐる春氷 大泉伸 遠嶺 200005  
藁しべを引くや着ききし春氷 岡井省二 200104  
鍬浸けて春の氷をもたげたる 城孝子 火星 200205  
搦手の春の氷でありにけり 深澤鱶 火星 200205  
ビルの陰春の氷をみつけたり 小黒加支 酸漿 200205  
煤のせて春の氷となりてをり 本橋墨子 200206  
モナ・リザの微笑み春の氷かな 近藤喜子 200305  
隠沼の浅き底見ゆ春氷 木村倫三 遠嶺 200405  
春氷寝間着の父にひかりけり 城孝子 火星 200405  
声明や呂川に厚き春氷 谷村幸子 200505  
飛行機の音のかぶさる春氷 大山文子 火星 200505  
春氷枯葉からめて田圃かな 長村雄作 栴檀 200506  
垂れ下がるホースを銜へ春氷 田口たつお ぐろっけ 200602  
雉鳩の居眠りながし春氷 井上信子 200605  
坐忘とは岩に張り付く春氷 高橋将夫 200606  
あきらかに鬼の泣きたる春氷 栗栖恵通子 200704  
山の影追ひて解けゆく春氷 藤岡紫水 京鹿子 200705  
雪つぶて春の氷に投げてあり 山田六甲 六花 200802  
泡ゆらぎ春の氷となりにけり 南うみを 風土 200804  
大根穴人参の穴春氷 雨村敏子 200805  
春氷たしかに気骨あけにける 雨村敏子 200905  
張りつめしこころあやふし春氷 冨松寛子 200905  
琴の音の幽かに春の氷かな 堀江惠子 201006  
万華鏡に一瞬の永久春氷 雨村敏子 201007  
星空へ閼伽桶に張る春氷 雨村敏子 201205  
掴み出すかごよりこぼれ春氷 田中佐知子 風土 201205  
春氷踏みゆく式辞ふところに 石井耿太 火星 201405  
かささぎの影のむらさき春氷 原田しずえ 万象 201405  
春氷尾根向うより銃の音 広渡敬雄 201604  
水伯の目覚めし春の氷かな 近藤喜子 201605  
そのうちに笑ひはじめる春氷 井上菜摘子 京鹿子 201606  
かささぎの影のむらさき春氷 原田しずえ 万象 201405  
澄むといふ昏さもありて春氷 藤岡紫水 京鹿子 201704  
春氷星のまたたき幾重にも 橋本順子 201705  
足跡をかくすつもりか春氷 高橋将夫 201905  

 

2020年2月25日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。