春北斗      38句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
ためらひの消えて仰ぎし春北斗 宮倉浅子 遠嶺 199907  
心にも楔の欲しや春北斗 大谷茂 遠嶺 199908  
春北斗洗ひこぼしの米ふくれ 小島とよ子 遠嶺 200006  
やうやくに子の離れ行く春北斗 森岡正作 200101  
封印の未来ボックス春北斗 環順子 遠嶺 200106  
つくりたる巾着ひとつ春北斗 谷村幸子 200205  
春北斗洗礼を受け留学す 関薫子 百鳥 200206  
春北斗より飛び出して電子音 橋本良子 遠嶺 200206  
春北斗大樹にやどる風の精 田中聡子 遠嶺 200207  
掌に受けし詩の雫や春北斗 邑橋節夫 遠嶺 200307  
ほつそりと彫られし仏春北斗 小澤克己 遠嶺 200404  
溶けさうに消えさうに春北斗かな 木下節子 雲の峰 200405  
噴煙のさらひてゆけり春北斗 有島夛美 河鹿 200506  
春北斗自論に軸の確とあり 小澤克己 遠嶺 200506  
大護摩の煙霧くすぶり春北斗 能村研三 200604  
宵のほど屋根にほのぼの春北斗 倭文ヒサ子 酸漿 200606  
思ふことみなはろかなり春北斗 山口天木 雨月 200704  
原石に宿る力や春北斗 津田礼乃 遠嶺 200707  
動かぬと決めしわが座や春北斗 小澤克己 遠嶺 200805  
手に受けし詩の雫や春北斗 邑橋節夫 菊揃へ 200806  
春北斗湖に映れるもののなし 杉浦典子 火星 200905  
春北斗友の平癒の十字切る 卜部黎子 春燈 200906  
失踪の木馬の脚か春北斗 千田百里 200906  
無冠なる人にも光れ春北斗 石倉千賀子 ろんど 200907  
涙眼に杓の傾く春北斗 柴田久子 風土 201007  
折鶴を部屋いつぱいに春北斗 中田禎子 201106  
瞬きは母のまなざし春北斗 笹村政子 六花 201206  
潮騒を掬はむばかり春北斗 北尾章郎 201207  
この星に生きるあやしさ春北斗 本多俊子 201305  
天鵞絨の空の潤ひ春北斗 大湾宗弘 万象 201305  
秘密から始まるいくさ春北斗 平井奇散人 船団 201403  
春北斗どこか目減りをしてゐぬか 上谷昌憲 201405  
ゴンドワナ大陸動き春北斗 のざきまみこ 201506  
小児科医町に生るる春北斗 藤丸誠旨 春燈 201604  
あの日から五年数へし春北斗 山本喜朗 雨月 201604  
斎王の引き摺り下ろす春北斗 柳川晋 201607  
春北斗うべなひがたき訃の灯 亀井福恵 京鹿子 201701  
引退へかたぶく秤春北斗 井上菜摘子 京鹿子 201907  

 

2020年2月15日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。